FC2ブログ
2013年 03月 25日
ビーストの指輪やベルトとよく似た装飾のモノが遺跡から発掘され仁藤は目をつける。
それらを発掘した考古学者でありゲートでもある中本と一緒に行動することに。

CMの方で既にバレていますが、ビーストさんも強化フォームになるご様子。
発掘品はそれに必要なアイテムなのか。
ウィザードが希望や絆の力でパワーアップしてきたコトを思うと、ビーストさんもやはりテーマに合わせた成長が描かれるというコトなのだと期待しますが。
晴人のようなサポートメンバーの仲間が居るというわけでもないので、“絆”よりは、いつも言っている「ピンチはチャンス」の方が使い易いのかなという気もする。
晴人同様に、絶望も希望に換えてパワーアップ…ということになるのではと思いますが…どやろな。

今考えると仁藤自身に迫る話はこの前のおばあちゃんの話でやっているという気もするのですが、いや…でもあれはどちらかといえば絆サイドのお話か…。
仁藤自身が持っている希望についてはまだ語られていないよね…?
何故キマイラに取り憑かれて明日をも知れぬ命となりながら、絶望せずに生きていられるのか。
その希望とは何か。それが考古学と絡んでくるってコトなのかしら…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2013年 03月 25日
前回、パティシエさんを凶暴化させ、アンキドンを苦しめていたのは、かつてラミレスとアンキドンが倒し、その後アンキドンの獣電地に入り込んで再生したというデーボ・ウイルスンでした。
キャンデリラさんの歌でモンスターの力は活性化するとのことで、キャンデリアさんのワンマンショーがスタート。

キャンデリラさんの歌を聞くと、人々は恍惚の表情で眠りについてしまうという。6話にしてキャラソン回…しかも敵さんの。
喜び楽しみで悪役としての体を成すってのは難しそうだなぁと思っていたんですが、なるほどこんな方法があったかと感心いたしました。
喜びと同時に人々を眠らせれば、喜びの感情も集められるし悪役としての体裁も整うというわけですか。うわー、なるほどなぁ。
今のところキャンデリラさんの歌の効果だけなのかもですが、とりあえず納得しました。
今回のように、キャンデリラが唄ってモンスターを暴れさせつつ、喜びも回収といったフォーマットも可能なわけね。

ラミレスと交流してアンキドンとも仲間となるお話なワケですが、過去のキョウリュウジャー・キョウリュウシアンということで、ちょっとゴーカイジャーっぽい話にも感じる。
今回はスティメロとトペランダの獣電地が活躍。
物をペラペラにするトペランダは、てっきり前回パティシエの頑丈な歯を壊す時に使うのかと思ってんですけどね。
あと何気にスティメロの使い方が鬼畜。メロメロにした挙句ボコボコにするとか…やだ怖い…。

しかしアンキドンからウイルスンを引き剥がす手がメロメロにしちゃうっていう、その下らない感じは結構好き。
そういうバカバカしいの…いいんだよね…。
毎年思ってるけど浦沢さん参加してくれんかな…アバレンジャー書いてたし…恐竜つながりで…。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。