FC2ブログ
2013年 03月 18日
ミサの双子の妹・真由もまたゲートだった。
メデューサさんは姉の記憶を使うことで真由の絶望を誘う。
んが、真由は姉との記憶のおかげで希望を失わずにファントムを押さえ込む事に成功する…。

まさかの展開で結構驚きでした。
真由さんがヒビ割れてヤバそうだけど、ビーストさんが駆けつけて来てくれるんでしょ? そうなんでしょ? と信じて見ていただけに、そういう展開になるとは予想だにしておりませんで…。
もういっそ一人ぐらいファントムになる欝展開もありえるのかなぐらいには思いましたけどね。
井上センセやったら、バシバシやっとるだろうなぁと思うし。

メデューサが姉の記憶を使って絶望させようとしたのに対し、真由は姉の記憶があったおかげで希望を失わずにすんだ。
魔法使い達の言う「絶望も希望」「ピンチはチャンス」という事なんですね。絶望も希望も表裏一体なのだと。

今回、真由が絶望を乗り切った瞬間に待ってましたと白い魔法使いさんがやって来ましたが、何だかあれによってワイズマン同一人物説が濃くなってしまうかも…。
何らかの目的で魔法使いを生み出す為、希望を失わない人間を見つけ出す為に、人間からファントムを生み出させている…という感じがしてきますね。
で、副産物として出たファントムは魔法使いに始末させればいいやってコトなのかなぁ…。
ワイズマンの方は、何でファントム増やそうとしているのか教えていないですしなぁ…。

真由さんは最終回ぐらいに戻ってきて変身してくれるんでしょうか…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2013年 03月 18日
やっと前回、キョウリュウジャーの五人名乗りが完成したというのに、もうその名乗りのパターンに対して崩しにかかっているのが抜かりない。
王道的戦隊とは言いつつ、カウンターをこんなに早く持ち出してくるか。戦隊らしい何でもあり感をヒシヒシ感じる。
そして竹内先生はああいう芝居が楽しそうだなぁと見える。

今回はキャンデリラが前線に立って、人間から喜びの感情を吸い上げる為に美味しいケーキを振舞う作戦。
悪役なのに喜びとか楽しみを与えるって成立するん? という疑念は当初からあるわけですが、パティシエ怪人さんは人々を虫歯にして苦しめるまさかの行動を。
これなら悪役らしいねぇと思っていましたが、喜びの感情は集まらないし、キャンデリラさん達も予想外のイレギュラーな事態っぽい。
要するに喜びや楽しみで悪役を貫くフォーマットはよく分からないままなのですね。
どうやって今後も悪役として成立させるのか…気になるで。

また、かつて地球を守っていたという先輩キョウリュウジャー・ラミレスさんも登場。
本人は既に他界しているものの、地球を守りたいというスピリッツのみがああして姿を見せているとのこと。
やっぱり幽霊と大差ないじゃないですかー、やだー。

キュウリュウジャーはこれまでにも何人も存在していたが、そのいずれもが単独で戦っていた戦士達で、戦隊として揃うのは現キョウリュウジャーが初なのであるとのこと。
某誌の記事を読んだ際に、個人的に面白いなと感じたのがこの設定。

要するにキョウリュウジャーってこれまでは仮面ライダーみたいな単独ヒーローだったてことなんですよね。
それが現代においては、まさかの同時に5人も揃ったっていう…そりゃトリンさんも喜ぶはずなのです。

そしてこの単独ヒーローから複数ヒーローの流れが、仮面ライダーシリーズの派生で「ゴレンジャー」が誕生した事を表しているような、現実の疑似体験のような設定で面白い。
今後、過去のキョウリュウジャー達が続々と登場するらしいのですが、それもまた擬似「スーパーヒーロー大戦」的で楽しそうなんだなぁ。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。