FC2ブログ
2012年 12月 10日
半年前に行方不明となっていた自主映画の監督・石井がメデューサさんに襲われていた。
そんな石井を守ろうとしていた晴人でしたが、実は石井は既にファントムと化していた…。

以前、回想シーンで登場したファントムさんの再登場。
せっかくファントムスーツ作ったのにあれだけで終わらせるのかなーと思っていただけに、良かったじゃないですか。いかにもザコっぽい見た目ではありますが(ぉぃ)。

前回はゲートだと思われた人がゲートじゃなかったという話でしたが、今回はゲートだと思われた人が実はファントムだったというお話。
なるほど、こういうパターンもあったかとちょっと感心。
ファントムを見抜く能力を持つコヨミがいなければ、こういうコトもありえるのだと。
お互いの陣営でコヨミとメデューサさん縛りにすれば、誰がファントムで誰がゲートなのか、お互いに分からなくっててんやわんやになったりするのだろうか。
ワーム探ししていたカブトよりもライトな作風なので、そういうギャグも見てみたい気もしますが…浦沢さん、テレビにも来ないかなー…。

あと今週分かった事というと、魔宝石を作ってるのはワイズマンさんだったということか。あっさりコヨミに盗まれたのは狙いなのかギャグなのか見えませんな…。
ワイズマンさんがベッドに戻ってきたら「無い!?」と思ったりするのだろうか。
その在り処を知らせた白い魔法使いさんとの関連や、コヨミが気付いてはいないけどあっさり敵のアジトの場所分かっちゃったとか、気になるポイント多々。

とりあえず、コヨミの足で行けるような場所にファントムのアジトがあるのは分かりました。
東京さえ出て行けば狙われなくなるという理屈も納得の、ファントムさん達の行動範囲の狭さよ。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2012年 12月 10日
今回のメサイアさんはメガゾードに寄生してメガゾードロイドとなる。
空間を飛び越えながら気弱な人間を回収して、そのデータを集めているとのコト。
ヨーコもメサイアさんの車内に乗り込み、その人たちを励ましながら戦う事に。

いつもとちょっと違った巨大戦というか巨大敵ロボの扱いが面白いですね。ウルトラQの「あけてくれ!」を思い返すんですが、さすがに思考が古すぎる…。

今回は人間の弱気のデータを集めると同時に、そこから立ち上がる希望のデータも入手したとのコト。
これまでメサイアさんが集めていたデータというと、人間の構造、さらに愛や戦闘本能、欲望、希望etc… 人間に必要不可欠なモノを集めているというコトだろうか。
それによって今回はメガゾードが新しいタイプに進化していたけれど、やっぱり最終的には人間になるってコトなんだろうかなぁ…。
愛とか希望とか、プラスイメージのデータまで集めてるのが気になっちゃうよねぇ。

人間に近づくメサイアさんと、陣さんや消えたと思われている他の研究員の人たちの処遇とか…最終的にどう落ち着けるのか。
データ化した人たちは本当に消えてしまったのかという疑問はやっぱりあるもんなぁ。

今のところ、メサイアさんが人格者になってエンターさんがラスボス化って流れが見えるような。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。