FC2ブログ
2012年 12月 04日
大量注文はファントムの罠で、もう店を畳むしかないと決意した松木庵店主の松木。
しかし、それでも絶望しない松木に残された最後の希望は、弟子の徹也の存在だった。
徹夜が松木庵の味を継承して職人として頑張ってくれることが松木の希望。

てっきり百貨店の本当の和菓子マネージャーが「この饅頭は絶品だ! 是非ウチに卸してくれ!!」と、今度は本当の注文を貰ってめでたしめでたしといった展開になるのかと思いましたが、店は本当にファントムのせいで畳んでしまうのか…。
金銭的ダメージの痛さは分かるんですが、もう怪人である必要すらなくただの詐欺事件だもんなぁ。
その辺に何ともおかしな笑いをかもしてくれる。

松木が自分の夢を弟子に託したように、晴人は瞬平の魔法使いになるという夢を継いでいる。
立ち居地としては晴人が師匠で瞬平が弟子なのだけれど、夢を継いで希望となっているのは晴人の方。
瞬平が自分の存在意義について悩むお話だったけど、終わってみると晴人が自分の存在意義を見つけるお話になってる? …とも思うのですが、これはこれで晴人にとって瞬平が大切な存在だということなのかもしれない。
具体的に瞬平が晴人の為に何が出来るのかは分からないままですが、晴人を支えようという決意は再確認。
「きぼう」の饅頭を守ったように、瞬平の方が晴人の希望を守るという事もあるのやもしれない…。

あとハリケーンドラゴンはカッコイイね(え)。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2012年 12月 04日
手に入れたメサイアカードを一千万で引き渡すと管理局に言っていた美術収集家のもとからカードが盗まれた。
盗んだのは巷を騒がす怪盗ピンクバスター。さらに出現したメタロイドは、人々から欲望を吸い取って街を混乱させる…。

戦隊でもライダーでも怪盗の話はちょくちょくあって、最近のお馴染みのようでもある。
ゴーバスターズにはピンクがいないから登場させようか→ピンクバスターとピンクパンサーって似てる→じゃあ怪盗の話にしようか …そんな打ち合わせがされたのかなぁと思えてまう。
いや、盗む描写や怪盗の出自が描かれていないので、怪盗モノ作りたいなーというこだわりから発生した話では無さそうだなーと思って(え)。
なんでお嬢様が泥棒なんぞやってるのかぐらいは説明してくれても良かろうにと思うのですがね。
まさか後でもう一回登場させて、その時に説明する魂胆ってコトもなかろうに。

バックグラウンドが無いので、なーんか勝手なこと言ってンなーという印象しかピンクさんに抱けないのです。
危険なモノでも価値があれば盗むって、盗むモノに対してはポリシーが無いに等しいポリシーだもんなぁ。
自分の価値観で選んでないんだもの…。そんなわけで、ピンクバスターさんもそっと頑張ろうやと思ってしまう。

メタロイドさんは人間の欲望のデータを吸収するという事で、「オーズ」の裏返しのようにも感じられますね。
しかし、そのせいで混乱はするけど特にケガ人が出るような事象でもないので、ちょっとほんわかする。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。