FC2ブログ
2012年 09月 03日
新ライダーが始まって、「ゴーバスターズ」のOPも新しくなりました。
戦隊のOPが変わるってのはかなり珍しい印象でしたが、それに伴ってナレーションも無くなってしまわれた。
タイトルコールもナレーションも無くて、ちょっぴり寂しく感じるのはボクだけかしら。

何故かEDの歌は変わらず、しかしマサトとJも加わった新撮映像に変わりました。
ついに金色の腰が…と思ったけど、それほど腰重視の動きは無く、でもキレキレの動きは素晴らしい。
ま、一番に目が行くのはニコニコして踊ってる黒リンなんだけど。

今回現れたのは二代目スプレーロイドさん。
塗料で全く別人の姿にする事が出来るので、バスターズの皆さんも困惑しきり。
合わせて、スプレーロイドさんはヒロムのウィークポイントがニワトリであるとニックから聞きだす。
遂にバレたヒロムの弱点。てゆか、今まで気付いてなかったんだ…。

ヒロムの姿になったニックを利用して、スプレーさんを倒すバスターズ。
靖子にゃんは裏の裏をかくみたいな、どんでん返し的な作戦が好きだねぇ。

お話はヒロムとニックのバディの強さを見せてくれるお話でしたが、終盤にお姉ちゃんからゴクとマゴクの話をされて凍りつく。幼い頃、家にあった犬の置物がゴクとマゴクだったという。
さらにスプレーさんの作戦は陽動で、本当の狙いはマサトさんの持っていたエネトロンを頂く事だったという。
もうスプレーさんとのアレやコレやとかがどうでもよくなってしまうコトの連続。

以前、アバターもまた作った者の中にあるイメージの具現であるはずだとリュウさんが言っていただけに、エスケイプさんを作ったのはやはり…という話になってくるのか。もしかしたらエンターとエスケイプは、ヒロムとリカのイメージだったりするのかしら。ワイルドな姉弟のイメージだね…。

メサイアさんはエネトロンと有機物の情報を手に入れて変化を遂げている模様。
最後まであの3Dのままでいるのではなく、物理的に存在する形へと変貌してバスターズと戦うコトになるのかしら。
ま、その方が戦い易いですよね。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。