FC2ブログ
2012年 05月 18日
本日放送は「日食を見よう」と「まんが家ジャイ子先生」でした。

「日食を~」は金環日食に合わせてのエピソード。日食についての説明をする前半部分は原作に、実際に日食を観測する後半はオリジナルでした。
日食の説明はアニメーションになると非常に分かり易くて勉強になる。月と太陽は大きさがまるで違うはずなのに、どうして同じ大きさに見えているのか? という疑問を思いつくのが何気に凄い。のび太のくせに。
実際、月と太陽がほぼ同じ大きさに見える位置にあるのはただの偶然なのか、あるいはバランスの均衡がとれているからなのか教えて欲しい…。
曇りで見えないと思われていた日食が、雲間から覗くことで観察できたというのはなかなかに感動的。こういう天体ショーって、どうも天気に恵まれないイメージが強いのと、実際の21日の天気予報を見ると雲もあるみたいだしなあ…。
最後のオチは予想のナナメ上を行っていて驚きでした。ビッグライトを持ち出した時は月を大きくして影を作るのかと思いましたが…まさかそんな方法が…。
まさにSFギャグ漫画の真髄を見た!という気がしました。
ランドセル背負いながら「明日(月曜日)は日食だね」と言っていたのは気にかかったけど。

「まんが家~」は、本に好きな原稿を挿し込める“すりこみ製本機”で、ジャイ子の漫画を雑誌に掲載して喜ばそうとするジャイアンのお話。
後半のジャイ子の動きが丁寧に映像で表現されていて、誌村演出の力を感じる。
原作と同じ構図も入れつつ、天気や小物の独自演出で感情表現を見せているのがとても上手い。
原作のリスペクトも感じつつ、さらにブラッシュアップしたアニメーションになっていてありがたい。
その後半の丁寧な描写のおかげで、かなりキレイな話になったなぁという印象でした。いいもの見た。

次回はしずちゃんが南くんの恋人みたいになってる…。
≪メッセージもどうぞ。