FC2ブログ
2012年 03月 12日
ライダーガールズがやっと有用的な使われ方を…!(ちょ)
ちくしょう…「咲いて」が流れてからの一連のくだりで始終ウルウルしてしまった。
大文字のくせに…大文字のくせにカッコイイだなんて…。

髪の毛座ことコーマ・ゾディアーツの正体は新聞部3年の弥生さんでした。
学園を愛しているから卒業したくない。だから卒業式もプロムも壊してやろうと思った。
この方もスイッチによって本来は真っ直ぐだった想いがひん曲げられてしまったようで。
学園を愛しているから卒業したくないという想いは美羽も同じモノを抱えていたけれど、ダチがいたおかげで乗り越えたという感じかなぁ。かたやコーマさんは同窓生を陥れる方法を使ってしまったが。

現3年生が卒業した後の新生ライダー部には足らないモノがある…と、美羽や大文字に忠告する流星。
なんかいつの間にかちょってデレて来ている気が…! それとも、ライダー部が健全であった方がメテオ的にもやり易いってコトなのかな? しかし、徐々に落ちるフラグは立てられているわけだ…。次回はメテオ回っぽいしな。

美羽と大文字の卒業は番組的にありえないんじゃないかなーと思いながら見ていたんですけど、最後のダンスシーンで走馬灯のように今までのシーンが流れ、大文字の背中が寂しくて、こっちは涙腺ウルウルで、「あー、これは本当に番組も卒業してしまうんだなぁ…」と思った十秒後ぐらいに部室に居て、「くそぅ!」となってしまいました。居る、普通に居る…!
いや、まあ嬉しかったんだけど。こうしてまんまと騙されてるのが悔しいよね。

卒業後も頻繁に顔を出す先輩なんて在校生からしたらウザイだけなんだけど…と思いつつ、まぁいいかと思えるそんな今日この頃なのであった。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : フォーゼ
≪メッセージもどうぞ。
2012年 03月 12日
自家発電用のエネトロンをヴァグラスに奪われた病院にエネトロンを届けるべく、リュウジとゴリサキはタンクに、ヒロムとヨーコは病院内のヴァグラス殲滅にかかる。

お約束として毎週一体しか敵が出てこない理由付けとして、ヴァグラスの中枢であるメサイアさんがせっかちさんだからというコトになっていました。これ、メサイアさんアホ過ぎないかな…。
エネトロンというエネルギー物質(?)が未だ具体的にはどういう存在なのか分かりかねますが、バイクに入れてみたり、タンクから病院にゴリサキ経由で受け渡す事が出来たりと、物理的なモノであることは分かりました。ま、描写からするとどう見てもガソリンなんだけど。そもそも発電所みたいにお湯を沸かしてエネルギーにするシステムなのかどうかも微妙なのだよなぁ。
いや、エネトロンを電気化するのであればヴァグラス的にはわざわざスタンドや病院から盗む必要は無いのか…いや、電気的なエネルギーそれ自体をエネトロンと称しているのか? くそ、分からん。

某雑誌の靖子にゃんインタビューによれば、今までのスーパー戦隊ではロボット戦になるとドラマが急にストップしてしまうので、「ゴーバス」ではそれを回避する仕様にしているとのこと。
これまでの場合だと、等身大の敵怪人を倒した時点でお話としては終着しているので、その後でわざわざ巨大化して戦う事は消化試合的になってしまっていた。だから巨大戦と怪人戦を分離して、どちらにも存在意義を与える作りにするのだと。
ふむふむ、だから今まで二班体制でのバトルが多かったのですね。

わざわざ事前に「あと×分×秒で転送」と巨大ロボの出現を示唆するのは、話の中で巨大戦がオマケパートにならないようにという工夫だったんですね。事前に出現を提示しておけば、怪人戦をやりつつも話は巨大戦へと向かう事が出来る。しかし、提示せずにいきなり現れちゃうと、いかにも取って付けた様にロボバトルしました、という印象にしかならない。
巨大戦の存在意義を高める為のアイディアなのだなぁ。

逆にここまで怪人自体のキャラクターがあまり前面に出ていないのは仕様なのか、単に描く余裕が無いからなのか…。毎回エンターという敵キャラが現場に出向いてくるから、各ゲスト怪人とコミュニケーションする必然性があまり無いのかな? 何か聞きたいことがあればエンターの方に聞けばいいしなぁ。

あと、どうでもいいかしれないけど、なんで毎回サングラス捨てるの?

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。