FC2ブログ

今日のドラえもんは…こえが おくれて きこえてくるよ

本日放送は「あなたにつくしん坊」と「おそだアメ」でした。

「あなたに~」は、相手を自分に尽くさせる事の出来るつくしん坊のお話。
これ原作にあったかもしれない…と思ってしまうオリジナルが最近多いのは、それだけ原作のカラーや空気を汲み取って作られているからなのか、はたまた単にボクの記憶がボロカスなのか…どちらなのだろうね。
相手を甲斐甲斐しく自分に世話させてしまうという薄い本にピッタリなアイテム(え)。
善意の押し付けは時に暴力にも匹敵するのかもしれない…。

「おそだアメ」は、一粒なめると声が10分遅れて聞こえてくるというアメ。
音が送れるせいで無音で会話している様は漫画でも妙なオカシさがあったけど、音があって当たり前のアニメになるとさらに妙で面白いです。ママが勘違いするくだりも相変わらず上品な喜劇だよなぁと感心。ただ三石さんの歌は若干ドキドキする。なぜ?(ぉぃ)
まだジャイアンリサイタルがお馴染みとなっていない中期頃の原作なので、ジャイアンの歌に対してわざわざ説明を付しているのが分かります。まだオンチの酷さがお馴染みではない分、観客達の恐怖を描く事によってリサイタルの恐ろしさを見せ付けているようです。半分、死を覚悟して出向かなくてはならないほどなのだと。
それにしても3時間もコンサートするって…SMAPじゃないんだから…。

映画も見てきたので早く記事に上げたいなぁと思いつつ、来週は「新・鉄人兵団」放送です。
みんな、ただのヒヨコだと思ってなめてかかるとヤラれるよ。むせび泣くよ。
いや、むしろ日本中むせび泣かしてやればいいと思うけど。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第10話「Y.H.混乱してらっしゃる?」

「Y.H.」って何?と思ったけど「ヨコハマ」ってコトなのかなぁ。
表記に納得出来ないとは思いながら「L.A.(ロサンゼルス)」に対しての都市名だからしゃーないのか。
いや、しかし今週もまたすごい超展開。

森・アーティの手に入れたパンドラの壷の欠片は、かつて名探偵シャーロック・ホームズが怪盗たちから奪った悪のトイズであった。アーティの目論見通り、パンドラの封印は解かれ、悪のトイズが解き放たれる。
悪のトイズはミルキィホームズへラードの恨みを連ねるブー太に取り込まれ、ヨコハマのありとあらゆる油分が吸収される。
油分を失い、さらにダメダメとなったヨコハマ。警察も怪盗すらも太刀打ち出来ない。
ヨコハマは終わった…。今年も最下位か… と絶望に暮れる中で立ち上がったのは僕らのミルキィホームズだった。

ブー太、2幕になって出番多いね…と思っていたらまさかこんなコトに!!
いや…まぁでも、あれだけされたらミルキィに憎しみを抱くのも無理ないようにも思う。
名探偵は何故かいつも事件に遭うというのはメタ的な推理小説の問題点だけれど、探偵が居るからこそ悪もまた生まれ出でてしまうのかもしれないと思ったりですなぁ。
といったわけで凄い超展開。てっきり森・アーティとの対決に向かっていくのかと思っていたのに、なんだこれ…な、なんだこれ…。

元々読めなかった先の展開がさらに読めなくなった…とは思いつつも、第三勢力的な敵が出てきたことでアルセーヌ様との共闘という展開もあるのではと思えてきました。
次回予告に出てきたボヨヨンがコーデリアさんのイメージでなければ…。

しかし、本場のバリツはチートだなぁ、おい。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事