FC2ブログ
2012年 02月 03日
本日放送は「鬼は外ビーンズ」と「しずかちゃんさようなら」でした。

「鬼は外~」は、内にあるモノを外に出してしまうアイテム。同じような効果のフリカケみたいなアイテムもあったよなぁと調べたら「中身ポン」てのもありますね。あ、でもフリカケじゃネズミやジャイアンには使いづらいコトを思うと用途は全く別なのかな…。メーカーは同じかもしれないけど(え)。
実際、ビーンズの方はどのように使うのだろうと見ていくと、スネ夫の家へ歌いにやって来たジャイアンを気付かれないように外へ追い出すという使い方。いや、それならどう考えても別の道具を使った方がいいのに…。
外へ出してもすぐに戻ってくるので問題解決にはならず、臭い物にフタ状態。しかも確実にバレるオマケ付き。
そう考えると実用性が低いので、ネーミングからしてもきっと節分の豆まき遊びの時だけに使う季節商品なんだろうなぁと思ったりするのでした。

「しずかちゃん~」は、自分の不甲斐無さにとことん凹んだのび太が、しずかちゃんと結婚する未来を諦めて嫌われようとするお話。
てか、これって再アニメ化なのかしら? 液体状の虫スカンにやたら既視感があるけど…と思って調べると05年7月にもやっていたんですね。割と最初期だからウチの記事にも無かったはずだ。
原作では虫スカンの錠剤を服用して気分が悪くなったのび太をしずかちゃんが介抱して、トイレで戻させるというくだりが最後にあるのですが、アニメでは錠剤はアウトなのでシャワーシーンになっています。しずかちゃんの親身さを訴えるシーンなので、どうしても原作にあるトイレシーンの方が難易度の高さから親身さは勝ってしまうと思うけれど、スカートめくりのシーンでは原作よりも感情の詰まった描写が成されていて一勝もぎ取っている感じ。
「嫌い!」と殴られるだけだと思っていたのに、真っ赤になって逃げるだなんて…はぁはぁ(え)。
改めて見ると、世界中から嫌われた少年を少女が救うという…そこだけで一冊ラノベが出来上がりそうな要素を持ち合わせているお話だったのだなぁと思い至る。のび太が世界の命運を握る少年とかだったらセカイ系だったのだが(え)。

映画公開まであと4週。毎年「え、もう!?」と思うのも、もはや恒例…。
映画の主題歌を期間限定でテレビの主題歌にもしてしまうというのは、なるほどのアイディア。
なるほど、そういう手が許されるのか…(えー)。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 03日
今週のミルキィホームズも安定してワケが分からないよ(え)。
いや、もうこれは逆に、全て理解できる域に達してしまったらヒトとして終わってしまうのかもしれない…。
よかった、今週もミルキィのことを「普通のアニメ」だと思わずに済んだ。っほ。

ヨコハマを騒がす変質者。
大阪からやってきたという少女探偵コロンちゃんは、ミルキィホームズを助手に従え変質者を追う。
二度付け禁止。キャベツは食べ放題。

ナメクジ美味しそうとか、乳首ソースとか、精神が異常を来たしそうになる狂気的シーンの連続。
犯人が変質者というだけあって今回はエリーさんが(え)変質者扱いされたり、コート一枚で夜のヨコハマを走り回る変態的な御当番回でもありました。なんか2幕になってからエリーさんの出番が多いな。石流さんと何故か因縁めいた要素まで付随しちゃって。

さらに新キャラクターとしてはポポロちゃん2号が登場。
今後の展開に必要なキャラクターなのかもしれないけど、今のところ全く意味が分からない(ぎゃ)。
そのうち小衣ちゃんVSポポロちゃん2号のバトル展開とかがあるんでしょうか。いや、それも意味が分からんけども。

今回も物凄く頑張ってテーマを掘り出してみると、まず「裸になりたい」というのが「夢」としてあって(えー)。
一人で居た時には叶えられなかったその夢も、仲間がいれば健全に、しかも法の範囲内で叶える事が出来たってお話でしょうか。
割と毎回、「テーマなんてあったのか…?」と思いながら当たりをつける日々だね…。

2幕では毎度毎度、ミルキィホームズの探偵としてのアイデンティティが崩壊していく様が描かれていますが、逆にG4の方は警察としての職務を真っ当(?)して成果を上げる結果になっています。この辺のコトと万国博覧会なんかがラストへの布石となっていくのでしょうか…?

でも万博はゲームの方で使うのかもしれないなぁ…8月発売だと言うし。
≪メッセージもどうぞ。