2012年02月
2012年 02月 26日

サッカー部に弟妹の世話、さらにプリキュアさんとしての活動も加わるとなると緑川さんが死んじゃうンじゃないかと思うんですけど…。
ううむ、ちゃんとシフトは組んでもらえるのでしょうか…。

[スマイルプリキュア! #04「直球勝負!風のキュアマーチ!!」]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 24日
本日放送は「テレビ局をはじめたよ」と「あいつを固めちゃえ」でした。

「テレビ局を~」はインスタントテレビ局という道具によって近所のテレビに放送を介入し、好きな番組を作っちゃおうというお話。どう考えても電波法違反d げふんげふん。
ただの映像発信というだけならばネットでは今や誰もが簡単に出来るコトだけれど、「テレビ」というメディアの圧倒的な威力にはまだまだ敵わないから、そこへの憧れはいつの世もあるものじゃろうなぁ。まぁ自分が出演したいかどうかは別にして。
原作では「テレビに出てみたい!」というシンプルな欲求を満たそうとする出演者達の欲望が渦巻くお話でしたが、アニメではそれにプラスして、のび太テレビ局に対抗するTDS局との視聴率対決という柱が増えていて楽しめました。
視聴率を求めるあまり、より過激になっていく表現と、それに辟易とする視聴者。なんという風刺よ。

「あいつを~」は、シャッターを押すと対象を停止させてしまう瞬間固定カメラのお話。
タンマウォッチとは違い、フレームに写った対象のみを固定させるのが特徴なのかな。
これで生きたまま新鮮に食べ物を搬送する事も出来るんじゃなイカ? ふむふむ。
バットでボールを打ったり、木から飛び降りたり、なかなかダイナミックなギャグが多くて笑ってしまう。
「バカだなぁ、ほんとうにバカだなぁ」とドラえもんは言うけど、部屋の中でボールを打つ方も十分バカだと思うンだよ。そもそも家の中でボウリングしようとしたヤツじゃないか、キミは。

今週の絶滅動物はグリプトドン。
カメのような…巨大アルマジロかな?
これだけの体躯を維持できるだけの食料が周りにあったということなんだよなぁ。
やっぱり地球はもっと温暖化すべきなんじゃないかと思う(え)。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 24日
…ふむ。
え、終わった? 2幕、今週で終わったの?
森・アーティが出たから最終回なのかな? そうなのかな?
次回からは予告で察するに、「長谷川平乃 五十段の道」みたいな番組が始まるんでしょうか。
やったね小泉ちゃん、2幕になってから出番が増えたよ。

アンリエットが去ったホームズ探偵学院。
そこは瓦礫だけが残された見るも無残な焼け(?)野原。
現実逃避しても生徒会長は戻って来ず、生徒たちは他の探偵学校へ離散。
それでもミルキィホームズ、スリーカードは這い上がる。
人が落ちるのは這い上がるためだから。
低く屈めば屈むほど、人はより高く飛べる…はずなのだ。

前回からさほど動きがあるお話ではありませんでしたが、相変わらず意味が分からないよ…。
てっきり今週で決着つけて、中盤の盛り上がりにするのだと思っていたのに…まだこの展開が続くなんて。
逆にここで終わらないと最後まで続くんじゃないですか? 尚更、展開が読めない…どうなるの?

しかし、何故にこの展開か…。
こんなコトは考えたくない…ギャグアニメのミルキィホームズでこんなコトは一欠けらも考えたくないのではあるけれど、もしかしたらコレは震災の被害に立ち向かう人々の姿をトレースしているのかもしれない(え)。
夢も希望も無くなった瓦礫だけの野原で絶望に打ちひしがれながら、しかし諦めずに這い上がる。
そんなしぶとくて不屈の魂を持った人々、それがミルキィホームズの姿に重ねられているのかもしれない。

やめて下さい!! ミルキィホームズにそんなヒューマニズムなんて…や、やめて下さい!!!(ぉぃ)
いや、実際どうかなぁ…ミルキィにそんな社会性を求めている人なんて居るとも思えないけれど…。
まぁ、とりあえずそんな風に見えなくも無いってハナシですね。

予告を見ると、探偵だけでなく、警察まで落ちぶれているようなシーンにも見える。
探偵の権威が下がることで警察まで落ちぶれる、それが偵都ヨコハマなのだろうか…。

森・アーティの存在も相変わらず謎。
黒幕かのように現れながら、今のところ何もしていないようにも見える。
まぁ最終回で「どっひゃ~ん!」する為だけの人かもしれないけれど。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 20日
宇宙最大の宝の力を借りず、宇宙帝国ザンギャックの大艦隊へと立ち向かうコトを決意した宇宙海賊。
「海賊戦隊ゴーカイジャー」35作のスーパー戦隊シリーズの集大成としての最終話。

[海賊戦隊ゴーカイジャー 最終話「さよなら宇宙海賊」]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 20日
学園に現れた白いヒーローにして白鳥座のゾディアーツであるキッグナス。
弱きを助けるヒーローかと思いきや、自分に批判的な人間を粛清する強権的な一面も持っている。

学園を守る白いヒーローとして類似するフォーゼとキッグナス。
キッグナス自身、自分がフォーゼの模倣であるとも認めている。
しかし、ヒーローは孤独だから友達は要らないとか、自分に批判的な人間を受け入れなかったりだとか、そのやり方はフォーゼとは全く逆のベクトル。では何をもってヒーロー足らしめる要素なのかというのが後編で語られるのでありましょうよ。
どう見ても鳴海探偵事務所にしか見えない場所で開かれていた「醜いアヒルの子の会」で会長がバレエを踊っていたのが初見で謎だったんですが、あれはキッグナスのように自分を崇め奉らせているというコトみたいですね。強権的な会長のその姿はキッグナスさんと被りますが…まぁ誰がキッグナスさんなんでしょね。
どうでもいいけど会長さんが性格の悪い言葉を浴びせてくるたびにゾクゾクするこの気持ちはなんだろう…(え)。

今回ロールアウトしたスイッチはジャイアントフット。
大門寺先輩の台詞がムリヤリ詰め込んだ感満載なんだが、実は後編で伏線になっていたりするのだろうか(え)。
キッグナスの落としていった大きな靴が足にピッタリとはまる人物がスイッチャーだ!みたいな(えー)。

ホロスコープス新幹部のキャンサーさんが「はしらにゃ ならん」と言って去っていきましたけど、リブラやスコーピオンはドロン出来ていましたよね…たぶん。あれは何気に高度な技術だったのかな。
まぁキャンサーは正体が分かっているのでドロン出来ようがどうしようが、さほど関係ないのだけれど。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : フォーゼ
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 19日
2012年 02月 17日
本日放送は「あったか~い雪合戦」と「スネ夫が剛田商店でアルバイト」でした。

「あったか~い~」は気象シートと雪アダプターで色んな雪を降らせて遊ぶお話。
たしかに東京に住んでいると雪は珍しいので、こういった風に雪を自在に操って遊べたら楽しそうだなぁーなどと思うのですが、F先生の地元・富山では雪は日常どころか、憎しみの対象にすらなるのではと思うのだけど、どうなのかしら。それでもやっぱり雪は楽しいなぁと思えるもんなのか、はたまた鬱陶しい存在だからこそ操ってやろうという欲求が生まれてしまうのか…。え、なんでこんな歪んだ見方をしなきゃいけないの?(え)
それにしても、子ども部屋にあの石油ストーブはイカツ過ぎるような気もする…。

「スネ夫が~」は、お仕事マップでファッションデザイナーのお店で働きたかったスネ夫が、誤って剛田商店で働く事になるお話。
店をオサレにしたり暴利で売りつけようとしたり、あれやこれやと商売を試みますが上手くいかず、結局は真心込めて対応するコトこそが商いの基本だというトコロに落ち着きます。始めに出てきた有名デザイナーショップ店員さんの対応があまり良くないというのも一つの対比として用意されていたのかな。ふむ。

今週の絶滅動物はエラスモテリウムという巨大なツノを持ったサイの仲間。またサイかよ。
サイとかナマケモノが幅を効かせていた不思議な時代だな…いや、あと数千万年も経てばこの時代だってサルとネコが肩で風を切っていた時代と言われるのかもしれない…。
そしてあの無駄に巨大そうなツノ…。絶滅動物は「え、なんでこんな進化しちゃったの?」というのが多すぎてロマンですね。まぁ、だからこそ滅びたとも言えるが…。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 17日
第2幕が始まってからのミルキィホームズは、探偵のコトを忘れて百姓となり、学園存亡の危機が来ても間違ったベクトルに奮起し、囚人を脱獄させ、寝相はひどく、探偵の助手に成り下がり、偵都ヨコハマのシンボル・大探偵を破壊して…と、およそ探偵にあるまじき行為の連続でした。(いや、むしろ人間として…)
そんなミルキィホームズにとうとう堪忍袋の緒が切れたのか、匙を投げたのか、怪盗アルセーヌは探偵学園を破壊すると予告する。
怪盗帝国と探偵、警察の戦いが、今、始まる…!
そして誰もいなくなった…。

第2幕になって遂に初めてまともなアニメを見た気がする(え)。
と思いきや来週で最終回のような展開です。え、どういうこと?
再来週からは第3幕が始まるんでしょうか。それとも小泉ちゃんのスピンオフですか?

1幕では終盤以外は1話完結のエピソードを積み重ねるというシリーズ構成だったので、2幕でもそんな感じなんだろうなーと思っていたのですが、まさか中盤でメインストーリーが動くとは…。そんな意外な動きに対して普通に来週どうなるんだろうと思っている自分が悔しいです。くそぅ、「ミルキィホームズ」なんて××××アニメのくせに次回が気になるストーリーだなんて…うぬぅ(本文一部自粛)。
まぁ1幕終盤でもそうでしたが、この物語が動く時はアルセーヌ様が動く時(主にミルキィホームズを見限る時)なんですよね。ミルキィホームズが何かするわけじゃない。いや、むしろ何もしないからそういう事態に陥る…。

「希望」の花を捨てられ、探偵学園という「夢」も破壊され、夢も希望も無くなったミルキィホームズ。
一番大切な夢を取り戻すことは出来るのか…はたまた再び百姓となるのか…。
次回、風雲急を告げた探偵学園に未来はあるのでしょうか…。

しかし、学園を壊していたのは半分ぐらい警察というか、咲だったような気がする…。
2幕ではミルキィだけでなくG4も劣化しているのかしら。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 14日




ありがとうございます。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 13日
なんやかんやとレギュラーキャラが増える事になったペガサス後編。
ペガサスの正体かと思われた宇津木先生はシロ。本物のペガサスは落研部長の鬼島でした。
しかもペガサスは蟹座のゾディアーツに進化し、新たにホロスコープスの一員となる…。

鬼島だと正体が分かっているのに幹部ゾディアーツとしてレギュラー入りというのが意外というか…今後どう接していくのか気にかかります。ライダー部的には変身前に殴りかかるわけにもいかないから、鬼島は普通に学校へ通うってコトなのかしら…まぁ、それはそれで今までに無い話を作れるのかもしれないなぁ、うむ。
とりあえずこれで幹部=教師という図は崩れたので、ヴァルゴもまた生徒の誰かという可能性もあるのね。
理恵さんが制服を着るのかなぁ…犯罪的だな(え)。

キックボクシングと教師の二重生活に悩んでいる宇津木先生に、二つの道を進めばいつか一つになって見えてくるはずだと言う弦太朗。学園の連中全員と友達になることと、生徒が変身したゾディアーツを倒すことは矛盾しているコトなのかもしれない。けれど、その二つの道も突き詰めれば一つになる…はず。
これは、たとえケンカをして二つに分かれても仲直り出来るというスイート的文法でしょうか(え)。
以前、言っていた「無駄なものなんかねえ!」というコトでもあるんだろうなぁ。弦太朗は全て受け入れながら進化する男。可能性は狭めるよりも広げていけ。やりたいコトは何でもやれ。その上でいつか道は一つに繋がる。
ロケットというのは全く関係のない技術者や研究者が集まって、一つの目標に向かって進むプロジェクトだもんなぁ。
「フォーゼ」は仮面ライダー版「大江戸ロケット」なんじゃないかと思えてくるのである。

鬼島の落語が好きだったと言うJKが印象に残るため、今後鬼島の話に関してはJKが鍵を握るのかもしれないですね。
口八丁手八丁という共通項を持った二人、でもあるのかしら。てゆかJKはライダー部に入ってから普通に更生しているような気もする…いけない、もっとJKが「信用できない…」的なエピソードを入れてくれないと!(え)
TAGS : フォーゼ
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 13日
地球を滅ぼすためにやってきたザンギャックの超大艦隊。
さしもの宇宙海賊も圧倒的物量に倒れ、散り散りに。
ザンギャックを倒す最後の手段は、宇宙最大のお宝を使うしかないのか否か…。

大艦隊に対してこれまで手に入れてきた大いなる力を大放出しての戦いが目に喜ばしい。
マッハルコンやガオライオンだけでなく、もう二度と拝めないと思っていたゲキレンやゴセイの大いなる力まで使っての総力戦。
本来ならこの総力戦でザンギャック艦隊を蹴散らして終幕でもイイぐらいのボリューム感です。
むしろ、ここでこのバトルをやっちゃったら次回は何するの?と思うほど。
ルカの「バァーカ!」から始まる5人の台詞が1話との対比になっていて、ホント、今回が最終回で良いというぐらいのテンションでもありますです。
しかしながら、その総力戦でも焼け石に水。まぁ、幾ら大いなる力が全て揃っていても、ゴーカイジャーだけで勝てたらレジェンド大戦の立つ瀬も無いのでしゃーないねん。

[海賊戦隊ゴーカイジャー 第50話「決戦の日」]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 12日

今回はがに股の描写が多い…。がに…蟹…?
エビ頭やタコ頭、しかも肩にイクラを乗せたヒロインまで登場…。
ここまで海産物を猛烈プッシュするのはきっと何か理由があるからに違いありません。
えーと、うーんと…漁協をスポンサーに取り込もうとしている…とか(え)。

[スマイルプリキュア! #02「燃えろ!熱血キュアサニーやで!!」]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 10日
本日放送は「ジャイアンシチュー」と「開店!動物くんれん屋」でした。
ジャイ子の声はバニラさんから交代してしまったのかしら…あるいは一時的なのか…。

「ジャイアンシチュー」は料理に目覚めたジャイアンがみんなにオリジナル創作料理を振舞うお話。
これで何回目のアニメ化なのかサブタイに数字でも書いておいてくれないかなー(え)。
セミの抜け殻を食品として扱うという驚異の一品として名高いジャイアンシチュー。ぬけがらがシチュー表面に浮かんでいて見事な不気味さを醸している。笑いが止まらん。
今回のアニメではスーパーグルメスパイス(原作:味の素の素)をドラえもんから借り受けながら、次の瞬間には自室に忘れているという驚愕のドジッ子スキルによるサスペンスが魅力。あまりにもナチュラルに机の上へ忘れていったから一瞬目を疑いました。え…うそ?
原作では道具を持っているコトで、ひとり安全圏に居ながらジャイアンシチューに臨んでいたのび太でしたが、今回はどうなるのか分からないスリリングな展開が成されていて、なるほど上手いアレンジ。
恐怖演出も冴えていたし、「新魔界」のBGMがやたらおどろおどろしくってシックリくる。
最後のトチ狂ったオチでも、笑いながらも妙な寒気を感じる見事なホラーギャグになっていたと思う。
SF短編集の気狂った雰囲気を感じさせる何かがあったよ…怖いのぅ。

「開店!~」では、桃太郎印のきびだんごで動物に言うことを聞かせて商売をしようというお話。
きびだんごは動物が出てくる短編・大長編ではお馴染みのメジャーアイテムという感じですが、何故か甘くて美味しそうという個人的なイメージがあるなぁ…作中、美味いと言っていても甘いとは言われていないんだけど。一回食してみたい。ミュージアムで売ればいいのに(ぉ)。
そういえば、しずちゃんの買っている小鳥って割とちょくちょく種類が違いますね。カナリアだったりインコだったりするような気がする。しょっちゅう逃げているので、その度に買い換えているのかもしれない。一回、近所のネコに食べられるという衝撃の展開もあったけどな…。

今週はAパートもBパートも共に演出・作画がとても好かったです。ヌルヌルしてたなぁー。
そして今回の絶滅動物はインドリコトリウム。デカイという事しか説明してくれなかったのですが、サイの仲間…なのかな。
巨大哺乳類って今から考えると無駄にデカイのがいっぱいという感じがしてしまうんだが…それは現在が氷河期だから小さい方が有利ってだけなのかな。温暖化が進めば今の生態系は破壊されるけど、新たにああいうデッカイのが登場してくるのかもと思うと夢が膨らむなー(え)。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 10日
NHK-BSでまさに元ネタである「オリエント急行の殺人」をやっていたので、そちらを見終わった直後にミルキィホームズを鑑賞するという、とても豪華な視聴を試みました。そうするコトによって、より深くミルキィを理解できるであろうという希望を込めて。
そして結果から言うと、全く意味が無かったよ(え)。

エノ電急行で起きた謎の変人事件。
何者かによって殴打された小衣ちゃん、エイリアン顔パックされた小泉ちゃん、見るに耐えない次子、簀巻きにされたくず、いつも通りのお花畑とエロ…列車に乗り合わせた変人たちの中に果たして犯人はいるのか。
謎が謎を呼ぶという言い回しは今日この日のために作られた言葉なのだと深く納得する、そんなミステリー。

今週もまた出だしから意味が分からなくって敗北を結しました…。
どうしてこんなコンスタントに毎週毎週、頭のおかしい内容のアニメを放送できるのだろう。
そもそも1クールの放送というのが分からんよ。なんで40クールぐらいやらないんだよ。ふざけんな。

小衣ちゃんが殴打され気を失うというところから始まる展開のため、残されたミルキィホームズとG4、その他変人達の空間にツッコミはほぼ皆無。背筋が凍るようなカオスという無限地獄が始まります。
本来なら(ミルキィと比較すれば)常識人であるG4の面々がツッコミ担当でも良い筈なのに、小泉ちゃんはエイリアン顔パックだし、次子は筆舌しがたい姿になるし、なうーは最初からやる気無いしで、ひたすらに狂気の沙汰とすら思えない地獄絵図。いや、もうこれならむしろ地獄の方がマシだとすら思えるんじゃないかしら、マジで。

2幕になってから、「ツッコミはTwitterやニコ動で補完しろ!」といった姿勢がありありと感じられて、劇中でのツッコミが不在になる瞬間が多いです。1幕に輪をかけてヒドクなるだなんて誰が予想できたであろうか…。

なんやかんやと解決(え…?)した後、ミルキィホームズは探偵としての喜びを思い出す。
探偵学園を救う為には土地の代替地を探すのではなく、探偵としての輝きを取り戻すことにあったのです!
なるほどなー…。  いや、それ3話のラストで気付けYO!! あいだに3週挟んでるYO!!

あぁ、しまったツッコンだら負けのゲームなのに…思わず…ぐぬぬ。

珍しくG4の出番が多いお話でもありましたねー。今までに無い姿を見られて楽しかったです。
小泉ちゃんの「シュコー」は新たなるキャラ付けなのでしょうか。これから毎週アレで出るのかしら(え)。

「オリエント急行」ネタは何かあったかなぁと思うと…結局犯人は………でしたね、ってトコロかも。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 06日
もう21話、早い…。
ブラックホールに消えた園田先生に代わって新しく担任となった宇津木先生は、キックボクシングの使い手であるペガサス・ゾディアーツなのか…といったお話。

弦太朗が友達になるのは生徒だけかと思っていましたが、教師もターゲットの内に入っていたそうで、今回は新担任の宇津木先生と友達になろうという。しかしどちらかといえば、新しい先生となるとペガサスかどうかよりもヴァルゴなのか否かといった方が気になるんですけどね。そろそろヴァルゴの正体が分かってもイイ頃合です。ダディが追い詰められているのと引き換えに…。

新スイッチはクローとボードが登場。ボードの魅力を見せる、販促も兼ねた今までに無いアクションが見れて楽しい楽しい。「セイヤーッ」というパロディネタもライダーでは珍しい。ま、劇場版で会ってるからというコトなんでしょけど。それにしてもシリーズを超えて活躍するトラさんは流石だなー。
40個もスイッチがあっても登場し切れないでしょう…と思っていたけど、ちゃくちゃくと消化していってプラス10個ぐらいあっても問題なさそうな順調さ。

美羽先輩と大文字先輩は既に進学先が決まっているので部活に支障無しということらしいけど、これって3月になったら2人が卒業してしまうというコトなんでしょうか…。てっきり秋入学の学校だと思っていたのに(え)。
卒業でサヨナラなのか、はたまた何か考えがあるのか…。
留年は流石にキツいと思うけど(ぉぃ)。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : フォーゼ
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 06日
遂に全てのスーパー戦隊の大いなる力を手中に収めた宇宙海賊。
とはいえ、バスコに奪われた五つの大いなる力を使って良いものかどうかと思案していた。相変わらず海賊のクセに人が良い…。
そんな折、バルイーグル、チェンジグリフォン、グリーンフラッシュ、ブルーマスク、ファイブイエローといった5戦隊の皆さんから大いなる力の仕様許可を貰う事となりました。劇場版の時と同様、実際に会っていなくても渡そうと思えば渡せるのね。だったらバスコが来る前に げふんげふん。まぁいいや。

とにもかくにも、これで本当に全ての大いなる力を手に入れたコトになる。
34戦隊の力で扉となったナビィの向こうに行くと、そこにあったのは黄金の三角錐…これは…えっと、たしかゼルダの伝説の(まて
関智ボイスの地球意思によれば、そのトライフォースは宇宙を好きなように作り変える事すら出来る万能装置だそうです。コレを使えばザンギャックのいない平和な宇宙の創生や、滅ぼされた星の復活、地球にやって来るサイヤ人を倒すコトも思いのままです。

ただし、願いを叶えてしまえばスーパー戦隊の大いなる力は消え、始めから34のスーパー戦隊は存在しなかった事になってしまうという。じゃあスーパー戦隊第1作が「ゴーカイジャー」になるってことか(え)。
気になるのはスーパー戦隊が存在しない世界なんて寂しいよね…ということではなくて、ザンギャックが消えても他の邪悪なモノは宇宙にも地球にも幾らでも居るんじゃあないのかなーという点。ザンギャックが消えてもウォースターが来たら意味ないし。となると願うべき事は別のコトになるのでしょうけど…それとなく想像は付きますね。
最終回で201人揃うかなー(え)。

屁理屈はともかくとして、本当に平和な宇宙に作り変え、スーパー戦隊が存在しなくなった世界になったらどうなるでしょう?
その世界の地球では宇宙から侵略者が来る事も無く、人々はそれなりに平和に暮らし、スーパー戦隊は実在せず、せいぜい毎年毎年テレビの中で新作のスーパー戦隊という虚構が描かれる…そんな世界です。
あれ…そんな悪い気はしない。凄く親近感のある世界だ、これ。
最終回で「そうして出来上がった世界が視聴者が居るその世界です」というメタなSFショートショートみたいなオチにならないコトを祈っておこう(え)。

今回はインサーンの最期でもありましたが、今まであまりバックボーンや思想が描かれていなかったインサーンさんの夢は、宇宙最強の科学者になることだったそうで。宇宙最大のお宝という夢を手に入れたゴーカイジャーとの違いは仲間の有無ってところでしょうか…赤スゴーミンさんが助っ人に来ても「ひとりで十分」と拒否していたからなぁ。

さらに上記のサンバルカン・チェンジマン・フラッシュマン・マスクマン・ファイブマンのレジェンド回とも言えるお話ということで各戦隊の主題歌が流れる流れる。ここまで来るとホントにゲキレンジャー回作り直せと思えて来るんだが…ぐぬぬ。
レジェンド戦士がキレイに色分けされていた事にここで気付く。なるほど。

ラスト2話を残して、まだまだゴーカイジャーらしいお祭りが残っているであろうという期待が膨らみます。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 05日

冒頭から早速「スマイルプリキュア!」と名乗り上げるプリキュアさん。
1話につき1人ずつ初変身するっぽいので、全員集合はちょっと先になるのかと思っていた矢先にねじ込んで来ましたな(ぇ)。

シリーズ9年目に突入したプリキュアさん。
気付けば最近では魔法少女モノの代名詞のように扱われるまでになっていて、海の物とも山の物とも分からぬモノがよぅここまで辿り着いたものだと感慨深げに思ったり思わなかったり…。
そこに至るまでには数え切れない努力があったコトでしょう。

そんなこんなのシリーズ9作目は努力・友情・勝利の物語…っぽい。

[スマイルプリキュア! #01「誕生!笑顔まんてんキュアハッピー!!」]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 03日
本日放送は「鬼は外ビーンズ」と「しずかちゃんさようなら」でした。

「鬼は外~」は、内にあるモノを外に出してしまうアイテム。同じような効果のフリカケみたいなアイテムもあったよなぁと調べたら「中身ポン」てのもありますね。あ、でもフリカケじゃネズミやジャイアンには使いづらいコトを思うと用途は全く別なのかな…。メーカーは同じかもしれないけど(え)。
実際、ビーンズの方はどのように使うのだろうと見ていくと、スネ夫の家へ歌いにやって来たジャイアンを気付かれないように外へ追い出すという使い方。いや、それならどう考えても別の道具を使った方がいいのに…。
外へ出してもすぐに戻ってくるので問題解決にはならず、臭い物にフタ状態。しかも確実にバレるオマケ付き。
そう考えると実用性が低いので、ネーミングからしてもきっと節分の豆まき遊びの時だけに使う季節商品なんだろうなぁと思ったりするのでした。

「しずかちゃん~」は、自分の不甲斐無さにとことん凹んだのび太が、しずかちゃんと結婚する未来を諦めて嫌われようとするお話。
てか、これって再アニメ化なのかしら? 液体状の虫スカンにやたら既視感があるけど…と思って調べると05年7月にもやっていたんですね。割と最初期だからウチの記事にも無かったはずだ。
原作では虫スカンの錠剤を服用して気分が悪くなったのび太をしずかちゃんが介抱して、トイレで戻させるというくだりが最後にあるのですが、アニメでは錠剤はアウトなのでシャワーシーンになっています。しずかちゃんの親身さを訴えるシーンなので、どうしても原作にあるトイレシーンの方が難易度の高さから親身さは勝ってしまうと思うけれど、スカートめくりのシーンでは原作よりも感情の詰まった描写が成されていて一勝もぎ取っている感じ。
「嫌い!」と殴られるだけだと思っていたのに、真っ赤になって逃げるだなんて…はぁはぁ(え)。
改めて見ると、世界中から嫌われた少年を少女が救うという…そこだけで一冊ラノベが出来上がりそうな要素を持ち合わせているお話だったのだなぁと思い至る。のび太が世界の命運を握る少年とかだったらセカイ系だったのだが(え)。

映画公開まであと4週。毎年「え、もう!?」と思うのも、もはや恒例…。
映画の主題歌を期間限定でテレビの主題歌にもしてしまうというのは、なるほどのアイディア。
なるほど、そういう手が許されるのか…(えー)。
≪メッセージもどうぞ。
2012年 02月 03日
今週のミルキィホームズも安定してワケが分からないよ(え)。
いや、もうこれは逆に、全て理解できる域に達してしまったらヒトとして終わってしまうのかもしれない…。
よかった、今週もミルキィのことを「普通のアニメ」だと思わずに済んだ。っほ。

ヨコハマを騒がす変質者。
大阪からやってきたという少女探偵コロンちゃんは、ミルキィホームズを助手に従え変質者を追う。
二度付け禁止。キャベツは食べ放題。

ナメクジ美味しそうとか、乳首ソースとか、精神が異常を来たしそうになる狂気的シーンの連続。
犯人が変質者というだけあって今回はエリーさんが(え)変質者扱いされたり、コート一枚で夜のヨコハマを走り回る変態的な御当番回でもありました。なんか2幕になってからエリーさんの出番が多いな。石流さんと何故か因縁めいた要素まで付随しちゃって。

さらに新キャラクターとしてはポポロちゃん2号が登場。
今後の展開に必要なキャラクターなのかもしれないけど、今のところ全く意味が分からない(ぎゃ)。
そのうち小衣ちゃんVSポポロちゃん2号のバトル展開とかがあるんでしょうか。いや、それも意味が分からんけども。

今回も物凄く頑張ってテーマを掘り出してみると、まず「裸になりたい」というのが「夢」としてあって(えー)。
一人で居た時には叶えられなかったその夢も、仲間がいれば健全に、しかも法の範囲内で叶える事が出来たってお話でしょうか。
割と毎回、「テーマなんてあったのか…?」と思いながら当たりをつける日々だね…。

2幕では毎度毎度、ミルキィホームズの探偵としてのアイデンティティが崩壊していく様が描かれていますが、逆にG4の方は警察としての職務を真っ当(?)して成果を上げる結果になっています。この辺のコトと万国博覧会なんかがラストへの布石となっていくのでしょうか…?

でも万博はゲームの方で使うのかもしれないなぁ…8月発売だと言うし。
≪メッセージもどうぞ。