FC2ブログ
2012年 01月 16日
映画に続いてテレビでもバルゴさんご登場。
わーい、田中理恵さんの声だー、踏んでくれー!(え)
安心の悪役ボイスで俺得ですね、どうも。
代わりに園田先生は消えてしまいました…貴重な4人しかいない幹部が…。

フォーゼとメテオ。同じ仮面ライダーであっても、その目指す正義までが同じとは限らない。
確かに「ライダーは助け合いでしょ」とはいえど、ライダー同士というだけで仲間になったり助け合うという道理はない。さすがの映司とて、王蛇と仲間になりたいとは思うまいて…。
13人いれば13個の正義があるという現代的な正義観を描いてきた物語こそ、平成ライダーなのだから。
前回のレビューではメテオの孤高さは昭和的と書いたけど、その正義観に関しては現代的であったのであるな。

ライダー部に潜入する為、入部を申し込む流星だが弦太朗はそれを突っぱねる。
弦太朗だけが流星が本当の顔をさらしていない事に気付いていたから。本当の顔を知らなくては、命を預けあう仲間にはなれない。ライダー部の面々はどちらかというとお友達には向かない人種が集まってるけれど、たとえ人格に問題があろうと本当の顔を見せていれば受け入れられるというのが弦太朗流の友達条件らしい。
短い間に真実の顔か否かを見極める主人公っぽいスキル…。

弦太朗にとっては、人当たり良く徹して本音を出さない流星よりも、敵対しあうかもしれないが本音を晒しているメテオの方が友達条件に合っているという。せっかく流星が優等生を演じてあげているのに、弦太朗はメテオの方が好きだなんて…スーパーマンとクラーク・ケントみたいになってるぞぃ。自分に嫉妬しちゃう(え)。

流星の戦う理由は友達のため。
ライダー部はバカにしつつ、しかしフォーゼ同様、メテオも友情のために戦っているライダーである。
となると、単純に「仲間×孤高」で劇中善である「仲間」を浮き彫りにするというワケにはいかないのだな。
メテオはメテオで友達の為に戦っているから、この物語のテーマに何も逆らっていないことになる。
フォーゼも善であり、メテオも善である。友情には色んなタイプがあるよと言いたいのか、はたまたここから「フォーゼのほうが凄いんだぜ…」という論法が展開されるのか。
弦太朗の何でも受け入れる懐の広さがアドバンテージになる…のかな。

流星の加入でライダー部は8人に。
太陽系惑星の数と同じだな…合わせているのかは分からんが。
どうでもいいけど、もう18話なのか…早ぇ。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : フォーゼ
≪メッセージもどうぞ。
2012年 01月 16日
海賊たちが最後の大いなる力を手に入れるに相応しいか見極める為、ガレオンに居候するニンジャマン。
慌てっぽい性格のために失敗してきた自身の行動を反省して、そう簡単に人を信じないようにする!(キリッ)と言う。それに対しザンギャックは人間の猜疑心を増徴させる作戦を始め、ハカセと鎧は大乱闘。
普通ならスタントで演じるようなところを見事にこなしてしまうあの二人は…何者なのだ。あ、海賊ですか。そうですか。

前回はただの総集編ぐらいに思ってましたけど、前回と今回を合わせてニンジャマンが人を信じるようになるまでの前後編になってもいたのですね。ほぅ、なるほど。
パターンとしては今までのレジェンド回と同様に、「海賊はやっぱりヒーローとは言えないな」からの「と思いきや結構ヒーローしてるじゃん」という流れ。海賊版とうそぶきつつ、実は本物というフォーマットを最後までやり通したか。

逆に言えばだよ、一番最初のマジレンジャー回から今回まで、ゴーカイジャー自身の変化はあまり無いってコトなんじゃないかと思う。当初から宝にしか興味が無いと言いつつ、割と毎回律儀に地球人をザンギャックから守ってもいるし、がらは悪いけど中身はイイヤツという事実にぶれが無い。

もう番組も終盤ですが、思い返すと「ゴーカイジャー」に大きな縦軸の話ってのはないんですよね。ジョーやアイムの因縁はあったりもしたけど、海賊たちの関係が変化したり、考え方が変わったりといった動きは今まで起きていないように見える。
レジェンド回で「海賊って実はイイヤツじゃん」と言っている話や、そうでないレギュラー回でキャラクターを深めたりする話を積み重ねて来てはいるけど、積み重ねによって大きな変化が起きたという大河ドラマ的要素は無いのだなー。
まぁ、シリーズの半分ぐらいがレジェンド回に割かれるから、そもそもそういう話はやり辛いんだけど。

海賊版のヒーローが本物のヒーローになるという変化はあるけれど、それはゴーカイジャー自身が成長や変化をしたのではなくて、周りの人たちが本物だと認めたってコトなんですわなぁ。つまり、この物語はゴーカイジャーが変化するのではなく、ゴーカイジャーによって周りの人たちの方が変化していく物語…ではという気がする。主に海賊に対する猜疑心が信用に変わる変化。
フォーゼの弦太朗と同じようなもの…なのかな。

そういう物語としては最後にどういうトコロに落ち着くべきかだけど…うぅむ、やっぱりその手に入れた信用でもって35戦隊全員集合ってコトになるのかしら。第二次レジェンド大戦が一番落ち着くべきトコロって気がするけど…物理的にどうなのかという問題もあるしな(え)。
よもや「本当の最終回は『オールライダー対スーパー戦隊』で!」とはならんと思うが(おい)。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。