FC2ブログ
2010年 10月 29日
本日放送は「子犬イチの国~キボウ編~」でした。
とりあえず無性に「ワンニャン時空伝」観たくなった。
観て号泣したったりたい。

ということで前回の続き。
ワンニャン国家を作り上げたイチに地球の地殻変動を教えようと大統領官邸に潜入するのび太とドラえもん。人間への憎しみだけは消えていないワンニャン国民たちのおかげで投獄されたりもしましたが、イチはのび太のコトを思い出してくれました。そしてお話は地球脱出作戦へと邁進。

脱出スペクタクルの要素も盛り込んでいる為、前回以上に「ワンニャン時空伝」ぽさを孕んでいるお話になっていました。しかし比較してどうこうじゃなしに、こちらはこちらで普通に楽しめたかと思います。あぁーやっぱりイチが思い出すくだりはグッとくるよねー…尺的に思い出す展開が早いのはちょっと勿体無くもありましたけど。

お話としてはのび太とのキズナを思い出すことよりも、イチが国民を説得することの方がクライマックス。
人間への憎しみを捨てて、新たな新天地で生きていこうという、まさに「キボウ編」。
哀しみの連鎖は誰かが歯を喰いしばって止めないといけないって、辛気臭い誰かも仰っていましたっけな。

その後ののび太達を助けるイチって展開がよく分からないのですが…助けてくれたのび太への恩返し的な意味合いなんでしょうかね。うむぅ…まぁ、無くても成立していたような気もするんですが…うん。

気負わずに前編後編楽しめたと思います。
ただどうしても「ワンニャン時空伝」のフラッシュバックが起きてしまって、観返したい衝動に駆られてしまう。
借りてこようかなぁ…でも台風が(うわ)。

次回は再来週の放送になるそうです。
ザンダクロスのひっくり返していた家が鏡面世界のモノでは無かったんですが、それはヤバイんじゃなイカ…?
≪メッセージもどうぞ。