FC2ブログ
2010年 09月 08日
今回は武レドランさんが膜インと筋グゴンに反旗を翻すお話…と思っていたら、あれよあれよという間にまさかあんなコトに…。あまりに予想外の展開に釘付けでした。

武レドランさんは敵組織が交代するこの番組において唯一の縦軸要素にして、ラスボスになるべく存在しているお方だとばかり思っていたのに…。まさかだよ…。本当にお亡くなりになってしまったのだろうか…。
第三の敵組織が登場した際、当たり前のようにそこにいて欲しいけどなぁ。
「幽魔獣など、利用するだけ利用して捨ててやったわ!」という台詞は是非ともあるべきなのだ(え)。

ウォースター・幽魔獣はそれぞれ、SF宇宙映画・モンスター映画というモチーフがありますので、第三の敵はロボットものではないかという予想もされていますよね。ゴセイジャー側の「生命」に対して、「非生命」というモチーフもあって、全然ありな方向性だと思いますし。
つまり、その新たに襲ってくるロボット帝国の科学技術をもってして、一度死んだはずの武レドランさんが再生されるって筋書きなんだよ!(えー)


アラタ「お前は…チュパカブラの武レドラン! 生きていたのか!?」

ブレ「その名は捨てた。私の名は、レプリカントのブレドランだ!」


…という妄想。
ほら、これなら「ブレードランナー」とも繋がるじゃないか。ヤッタ。
ブレさんはそう簡単に死なないって私信じてる!

ゴセイナイトが普通に民家に侵入しているコトについて劇中で誰もツッコまない。
それが「ゴセイジャー」。ホント、上級者向けの番組だなぁ…。
ナイトさん、土足で上がらないで下さい!
≪メッセージもどうぞ。