FC2ブログ
2010年03月26日
2010年 03月 26日
本日放送は「僕の生まれた日(再放送)」でした。
生まれたばかりの子がハニワに見えるってのは誰かの実体験なんですかね。
なんか妙なリアリティがあるんですが…。

本放送は二年前か…緑の巨人伝に合わせての放送って感じだったもんなぁ。
前はどうしても渡辺歩版との比較だったり作画が微妙だったりの事実に気がいってたりしてたのですが、今回はもそっと素直に楽しめました。この話は全ての子どもたちに対する大人からのメッセージになっていたのですね。子どもはみんな、こうやって生まれてきたんだよ…という。
ある意味、国民的番組だからこそ出来る、壮大な仕掛けの一つであると言えますね。

だから、「カメラ壊れたならコンビニでインスタントカメラ買ってくればいいじゃん」みたいな野暮なコトは言いっこなしだよ(え)。
11年前の練馬区にはコンビニなんて無かったのさ、きっと(まて)。

あと静香ちゃんのママが話す静香の生まれた日のくだりは、「のび太の結婚前夜」からの抽出なんですね。
こういう、原作をよく読みこんでディティールに気を使っているのは如何にも楠葉ドラ的だなぁと感じます。細かい。

次回はひと月後か…寂しい。

ところで「人魚大海戦」は結構な数字を叩きだしているそうですね。めでたい。
30周年と銘打って、あんだけテレビでスポットを撃っただけの甲斐はあったのですね。
やっぱり記念作とか言うと強いんだな、うん。しかも春休み本番はこれからという…やったれ。

ちなみにプリキュアさんの方も「DX1」よりも良い成績が出ているというコトでこれまためでたいです。
ただま、東宝と東映の「大ヒット」って基準の額があまりに違い過ぎるんで、単純比較すると何とも切な~い気持ちになるんですけどね。
だからプリキュアの興行とドラえもん・ポケモン・コナンとは絶対に比べちゃダメ!ゼッタイ!約束だよ!!

そもそもバジェットが違うんだよ…ふぅ。
≪メッセージもどうぞ。