FC2ブログ
2009年 07月 01日

とゆーことで(え)。
ディケイドのレビューも簡単に流します。

なんてゆーか…あれですね、「ネガの世界」「ディエンドの世界」と来ていますけど、正直この世界に何の意味があるのかが全然分かりません(ちょ)。
いえね、九つの世界を巡っている時は“世界を救う為”だとか、“オリジナルとは別のパラレルライダー世界が存在する意味は何か”とか、最終的な目標に対して九つのピースがハマッていくのであろう…などと思われていたのですよ。

だけど、結局世界が九つでは無かったとか、オリジナルとは何ら関連性の無いライダー世界があるとか…。風呂敷の裾が見えた途端にもっと風呂敷を広げるこの手法、凄く見慣れた手法です。平成ライダーにおいて。

正直、結局終わってみると「ネガ」も「ディエンド」も必要無い世界だったんじゃねーの?みたいな気がしてならないです。その上、この後は別番組とのコラボやるっていうし…いやまぁ、面白い試みであるとは思いますけど、どんどん「ディケイド」という物語の本筋が破壊されてるような、そんな気もしてしまうのよ、うん。

正味のハナシ、九つの世界を巡る→ディケイドの世界で謎を解いておわり、が一番キレイですからね。

そんなこんなで、九つの世界を巡る第一部はすこぶる楽しませて頂きましたが、「ネガ」から始まる第二部に関してはキッパリと気持ちを入れ替えて、自分の中のハードルを低めに低めに抑えようかと思います!(ちょ)
とりあえず最終編まではただの「祭り」っていうか…深く考えません。

何だか結構哀しい事を書いている気がしますが、仕方ありません。
今までと同じモチベーションで見ると苦虫噛み潰した様な顔になりそうなので(うわ)。

仮面ライダーディケイド 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2009年 07月 01日

流ノ介と寿司屋が、摩擦が起きてぶつかるというお話。
対して敵さんは“摩擦を無くす”アブラを武器にしているという対比ですね。
つまり一見すると摩擦は良くない事のように見受けられがちだけど、摩擦があるから人は熱くなって、だからこそ分かり合えるのだという、そんなお話。

とゆーことで、諸々の事情により今回はカンタンレビューにてお送り致しました。おわり。

あ、もう毎週コレでいんじゃねーかな…。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。