FC2ブログ
2008年 09月 12日
本日放送は「アドベン茶」と「ベロ相うらないで大当たり!」でした。

「アドベン茶」は珍しくパパが主役のお話。ま、基本的には「苦労ミソ」とあまり変わりませんが(ちょ)。
アドベン茶を飲む事で次々に降りかかる災難から切り抜けてボウケンするパパ。
てゆか、序盤から虎と一緒のオリの中に閉じ込められるとか冒険の域を脱している気がします。既にその時点でクライマックスだろ!
…と思いきやさらにその後降りかかる冒険の数々はそれ以上だというのが凄いですね。
これはもう純粋にアニメ的なアクションの楽しさを感じる話として出来上がっていたと思います。
その中でも先生とパパのやり取りとかが可笑しかったりもしましたけど。
つか、先生はそんなボケ役だったか…? 中の人に吊られているのではと勘ぐってしまうなぁ…どうなんやろうなぁ。

「ベロ相占い~」は絵コンテに渡辺歩のお名前があって「うほっ」と興奮。
実際、期待に違わぬ、ちょっと渋いけれどイイ~話になっていましたねぇ…。正直チビッコが見て楽しいと感じるかどうかも超越した渋さがイイな(え)。
演出の佐藤真人さんはコナンの監督やっていた人か…豪華だなぁ。

てゆか、この話のシナリオ担当のお名前が無かったんですけど…。
もしかしてコレって、渡辺監督がコンテを切りながら、同時進行的に台詞及び事実上のシナリオを考えたとゆーパターンなのでしょうか?
そう考えると、画と密接に結びついている自然な台詞や丁寧な描写の数々などが成されていたワケも納得できますね。ほぅ。

演出こそやっていないとはいえ、なるほど節々に渡辺監督っぽさが出ています。
季節感とか夕景、町のリアルな描写(しかも何故か昭和)、あと坂道を描く事もやけに多い気がするよ、この人は。
その所為か、まるで劇場版の感動名作シリーズかのような雰囲気を感じ取れるのがステキなのですにょ~。

画だけではなく話についても、エエ話やった…!
夢叶わぬ未来の自分の姿を伝えられた元高は夢を諦める。そして未来が変わったかと再びドラ達は未来へ行くが…元高は夢を捨てられず、やはり貧しいままだった。

一見変わっていない未来。

原作では“諦めずに自分を信じる”コトが活路を開くのだというメッセージと受け取れるのですが、このアニメ版では、一度夢破れたからこそ自分の大切な物だと寄り強く理解し、さらに広い世界へ飛び出せた事こそが活路になったのだと受け取れます。
凄く大雑把に言えば、原作は“変わらない大事な事”なんだけど、コッチのアニメではドラのびが未来を教えた事で確実に“変わっている”ンですよね。
その変わった事、成長があるからこそ小説も進化し、文学賞を得る事が出来たのだと。
この辺が原作にあった「ちょっと御都合ちょうのん?」な部分を昇華して、より「エエ話」にしてくれていると思います。

貧しい家だけど、町に沈む夕陽を望める景色は元高さんの宝物。
自分の中の信じて誇れる部分こそが、あの夕陽のキレイさなのか…。
あ、この景色を見せるが為に坂の上の家にしたのね…。


前回もそうでしたけど、力のある演出家さんが入るだけでホント凄いんだなぁ…なんて演出の事が良く分からない人間でも漠然と思ってしまいます…。

で、来週まだあるんですね。てっきりそろそろお休みなのかと思っていたのに…アニメ誌をチェックしない人間はコレだから困るぜ(え)。
しかもあの話ですか…いやぁ~あの話は正直変な話だと思うんだよなぁ。
終わった後、絶対モヤモヤが残ると思うんだけど…どうなるのかねぇ、うん。
≪メッセージもどうぞ。