FC2ブログ
2008年 05月 23日
オレ、このお使いが終わったら結婚しようと思うんだ――

え? あ、伝わってないですね。
分かりました。ハッキリ言いましょう。
今回のドラえもんは――

最高です!!!

もう何もかにもが素晴らしいです!
こんなに面白いテレビのドラえもんは数年来見たことがありません!
楠葉ドラに限らず芝山ドラも含めて!!

普段毒しか吐いていないレビューを書いておいて何を…という感じもしますが、正直クオリティが違いすぎる!
悔しいぐらい全てが面白いし、文句一つないのです!チクショー!

ハァ…ハァ…
と、とりあえず…普段見ていない人も今回のモノは観ても損をしないと思いますよ。
テレビのドラえもんを素直にオススメ出来る幸せ、こんな幸せがあったなんてな(え)。


ということで、前振りが長いですが本日放送は「ドラマチックガス」と「のび太はスゴイ!をもう一度」でした。
ともに絵コンテ・演出は寺本幸代さん。
コンテと演出の人が違うだけでこうも面白いのかとまざまざと見せ付けられる回でしたね。
てゆか、作画の方もすこぶるイイんだよねぇ、今回は…。

「ドラマチックガス」はそもそも原作がとてもとても面白い話なのですが、その漫画上の面白さをキッチリとアニメーションとして見せているし、その上アニメとしての面白さもプラスされていて、もうこれぞ理想的なアニメ化なのではと思ってしまいました。うむうむ。

普段は割とシンプルで奇をてらわない演出である事が多い「ドラえもん」ですが、原作がアレだからなのか寺本さんのお力だからなのか…たぶん両方なのですが、今回はキメ!てくれる画がとても多い気がしました。
あおりや俯瞰の多様、手前と奥という立体感ある構図、濃い陰影…。
ちょっとした事だけど、画に迫力が出て引き締まります。
そしてガスの効果が切れた途端にいつもの「ドラえもん」ぽいサックリした立体感の薄い画になるのがとてもグッと来ますね。うひゃほ。

そんな大げさな画の迫力も手伝って、どんな些細な事もドラマチックにしてしまうというドラマチックガスの面白さが爆発していたと思います。

タバコ屋のおばあさんの死亡フラグとか爆笑です!!
ばあさん、あんたカッコ良すぎる!!
そして辿り着いたお花の先生の自宅…しかしその前に水たまりが! ここまで来て…あきらめるしかないのか!
ええーそこで!?
そして太陽が…マンガの通りあっさりと凄い事が成されているのが爆笑としか言えません。

いや、ホント冴え渡っていると思います。
ドラマチック描写と冷静な日常に戻る間とかサイコーですね!
パッと正気に戻るのび太とか、先生の後ろから出てくるスクーターとか!
てゆか、この記事何回エクスクラメーションマーク使ってるんだって感じですね。
ふん、数えたくも無いや!!!!!!!!!(無駄使い)


「のび太はスゴイ!をもう一度」は本人ビデオのお話。
先生がのび太を褒めるシーンがバンクシーンでありながら徐々に劣化しているのが面白いなぁ…。
流石に高木さんがはじけたりはしませんでしたが、大活躍というコトで。
基本的に上記「ドラマチックガス」と同じようにクオリティ高かったわけですが、非常に細かい部分にまで気を使っているのが目に取れた話でもありました。

Aパートほど“はじける”演出では無いにせよ、表情とか動きとか構図とか、やっぱりいつもより気合が入っているというか、丁寧ですよね。ノラ犬の動きとかもやけに細かいですワン。
オリジナル部分の方がむしろ原作部分よりも面白く感じられるだなんて、とても素晴らしい事ですよねぇ。


話も演出も作画も、何処を切ってもスンバラシイんだよなぁ~。
テレビシリーズの「ドラえもん」ではそうそうお目にかかる事は出来ないレベルですよねぇ…まぁ、普段どんだけなんだって話ですが(うわ)。
演出って…やっぱスゴイんですね…。

OPも寺本演出だそうですからして、今回は頭から尻尾の先まで寺本タイムの30分ですな、うむ。
いやぁ~若いって素晴らしいにぇー。

そういえば秘密道具クイズもこれまでのような過去作流用では無い新作のようだったのですが、あれは誰だったのかしら…ねえ。

で、来週はしずかちゃんの誕生日SPですか。
ちなみにボクの誕生日も来週の水yうわちょなにするんだおまえらは
≪メッセージもどうぞ。