FC2ブログ
2008年 03月 07日
「新魔界」が「ドラ映画史上最大のヒット作!」てのは分かるけど、「動画枚数10万枚!」てのは素人には凄いのかどうか分かりません。フツーのアニメ映画は何万枚なんでしょ。
テレビ用の尺20分強で単純計算すると2万枚ぐらいですか。プリキュアは東映アニメなので3500枚内規定として…えと~6倍とか? いやまぁ、テレビシリーズものと映画を比較しても仕方ないんですけどね。てか、東映アニメと比べちゃダメだよね(え)。

とゆーことで本日放送は「ぼく、桃太郎のなんなのさ2008」でした。
あ、そうだ、本編の前に一言イイですか?

10分も映画のネタバレ映像流してんじゃねーぞ、こらぁッ!!!

ふー…。
さーて、じゃあ本編について書いたろか(ちょ)。

「ぼく、桃太郎のなんなのさ」といえば、綿々と続いてきたドラ映画史上において唯一夏休みに公開された映画として有名です。そして、ドラ映画史上において軽く忘れられたマイナー作品として有名です(え、どっち?)。

原作はてんコミ9巻の巻末に収録されていますが、これって「ドラとバケルともうひとつ」というF先生の「ドラえもん」&「バケルくん」の合体企画の一つなんですよね。この「ぼく、桃」の漫画以外にも企画があったそうですが…まぁリアルタイムではない人間にとっては知りえない事ですよ、ええ。
え、国会図書館ですか? …ん~メンドくさいなぁ~(おい)。

だもんで、ボクはこの作品の初見時、「バケルくん」なる全く未知のキャラクターがさも当然のようにドラえもんと絡んでいる事が激しく違和感でした。誰、これ!? って。

今回のアニメ化に際しては当時の映画版と同様にバケルくんの要素は削られ、いつものメンバーで繰り広げるカタチとなっております。
てか、ボクは映画版の内容をもう殆ど覚えていませんで…。同時上映の「21エモン」とのコラボが面白い仕掛けだなーとか、その程度の印象だったり…。なかなか「ぼく、桃」映画は正規の映画シリーズと比べると、もっかいレンタルしようと思わせる力に欠けるんだよねぇ…
そんなデフォルトだったもので、オランダ人が差し出した桃太郎の写真とか出てくると「うわ、懐かしっ!」とか素直なリアクションを取ってしまいました。

桃太郎の正体を突き止める為に637年前に行ったのに、結局は自分達が桃太郎として歴史に刻まれる事になるとか、初めのタイムカメラの故障が最後の逆転への伏線になっているとか、「ドラえもん」らしい面白さが詰まった作品ですよね。てか、「パラレル西遊記」と似ています。♪ゴ~トゥ~ザウェ~スト…

鬼の正体が実はオランダ人で、自分たちとは違う姿を持った彼を異形の鬼と呼んで忌み嫌う人々…というのも、とてもF作品的SFを感じます。外見や文化の違いから来る互いの非相互理解というコトもそうですが、ファンタジーをSF的解釈で切るというのが、なんともF的SFです。
鬼とか吸血鬼とか、はたまた浦島太郎や西遊記だったりのファンタジーをファンタジーのまま捉えるのではなく、科学的考証をこじつける事によって(え)サイエンスフィクションの世界に引き込んでしまう面白さとゆーか。
もうね、どんだけ巧みなストーリーテーリングなんだと、うむ。

最後の伏線の収束だとか、イイ話で終わるトコだとか、映画向きの原作ではあるんですよねぇ。もそっとスケール感があれば春の映画で何とか出来ない事も無い…のかもしれません。


そして映画は明日公開ですよー。
今日のネタバレ映像を目にも耳にも入れないように頑張った分を楽しみたいです。
どんだけ動画枚数頑張ってるか(え)。
≪メッセージもどうぞ。