2017年 06月 26日
クロノスに対抗する為、檀黎斗が新たに開発したのはハイパームテキガシャット。無敵の主人公を操作して敵をばったばったとなぎ倒す無双ゲーだそうです。
実際の無双シリーズは別に無敵ってわけでもないだけに、凄いクソゲー臭がしてしまいますが、相手がチートなだけに、こっちもクソゲーで対抗するしかない。
ゲームにおける戦争はいつも醜いのだ…。

ムテキガシャットを使えない永夢に代わり、ゲンムが無敵に。
無敵状態の際はポーズすらも超越するが、10秒しか持たないという。
そしてあっさりとガシャットを奪われてしまう様は、あまりにしょうもなくて笑ってしまった。

永夢がムテキガシャットを使えなかったのは、パラドと分離して天才ゲーマーMの力を失ったからであろうと黎斗。
それではと、パラドを騙して自分の中に注入、ハイパームテキゲーマーになることに成功する。

たぶんおそらく、このハイパームテキがエグゼイドの最強フォームかと思われますが、思っていたより簡単になれたなーというのが率直な印象。

パラドが必要というリスクの高さはありますが、永夢の精神的変化(成長)と強化フォーム登場にあまり因果関係がないので、ドラマ的にはあっさりと登場した印象なのかなと。
これが、このままパラドと毎度融合して使うコトに終わるのか、そのリスクを乗り越える事が真の目標なのか。たぶん後者であると思うけれど。

つまり、パラドが必要不可欠というリスキーさがあるだけに、最強フォームと言えど万歳三唱で受け入れられるモノではないのが現状。オーズのプトティラや、ブレイドのキングフォームのように、副作用が強そうだなと感じられる。
医療ドラマである事を見ても、“副作用”は可能性高そうだなあ。

今回、最強フォームは登場したけれど、永夢自身は精神的成長をした話ではなかった。
だので、今後はムテキを使う事における何らかの壁が出てきて、それを乗り越えるのがドラマ的にはより重要な部分になるのではと。
パラドを許して受け入れるのか、あるいは自分の中だけで再び天才ゲーマーの才能を復活させるか、それとも無敵はゲーマーとして邪道だと捨てるのか…。

どうにせよ、現状のままで良しとはならないのだろうなあ。

あ、そしてやはり九条は檀正宗を騙していたというコトに。
となると、新社長は九条にプログラム改変なども行わず、彼の言う事を信じて自分の味方になってくれたと思っていたわけです。
つまりあれか、檀正宗は九条が嘘つきだというキャラクターを知らなかったということですね。
自分が刑務所に収監されている間に息子がクロニクルを完成させると特に根拠なく信じていたりもあったけど、絶妙に脇が甘い。
やはり親子か…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 06月 18日


消しても消しても終わらないパズルゲームの運命を、天才ゲーマーは変えられるのか…?

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 06月 12日
檀正宗によって運営されている仮面ライダークロニクル。
さらに幅広く遊んでもらえるようにと社内でも意見が交わされている。これで一応社内の人間は操られているわけでもない(らしい)というから、社長はよほど弁が立つのだろうなぁ。

現社長曰く、これからは医療が人の命を担う時代は終わり、ゲームによって人の命が管理されるのだとの事。
「死」が存在しないゲーム(ただし絶版はある)のシステムを利用し、人間の命をより安全に管理することが出来るのだと。
当初はかなり謎だった「医療」と「ゲーム」の要素が、同じテーマの中で対決し合うまでになったのがよく分かります。
誰も死なない世界という、捉えようによっては人類の悲願であり、善意によってそれが成されようとしているとも取れる。
まぁ、それを実際にやったのが「ゴースト」の眼魔世界なんですよね。
しかして、その代わりに人間は「自由」を失う。

壇正宗によって復活した九条貴利矢。
しかし、クロノスに協力する姿勢は本物とは思えず、リプログラミングで正気に戻そうとするも効果なし。復活した九条の人格は元と同じであるとはクロノス談。

となると、愛想が尽きて檀正宗サイドについたという言葉が本当か、あるいはいつもの嘘で本音は別の所にあるのか…。
まぁキャラ的に嘘っぽいとは思いつつ、そこにどんな狙いがあるのか、もしそうだとして壇正宗はそこに気付いてないのかという気もする。
檀正宗からすれば、九条の人格を改変した方が安全なのではとも思うけど、なんか上手いこと口車に乗せられたのだろうか…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 06月 05日
クロノスの側に寝返る事となった飛彩。
その理由はおそらく消えた恋人を復活させる為ではないかと推察され、飛彩は恋人がストレスを抱えた原因は自分にあるのだと自分を責めていた。かたや大我は、その責任を自分にぶつけておけと思っていたらしい。ライダーとしての苦しみも憎しみも自分が全て請け負っておきたいという事の様子。
全然興味ないけど、男同士の薄い本が…と思ってしまった。なんということだ…。
そして今更ですが、ニコがいないと大我の内心を解説してくれる人がいないので助かりますね、ええ。

檀政宗は消えた人間のデータを復活させられるというものの、飛彩に働いてもらうために完全には復活させない。なるほど、まさしく命をモノとしか扱っていない悪役の鑑です。

患者に医者の私情は関係ない、飛彩からの教えを実践するために永夢は戦う。たとえその相手が飛彩であっても。
互いに、命大事にと思う医者だからこそ戦う羽目になっていて、そもそも“消えた人間の復活”が劇中善としてありなのか否かもまだ見極めきれない。死んでないならそれでよしなのか、あるいは命への冒涜なのか…。
眼魂を15個集めていればこんな面倒な事を考えずに済んだのに…。

パラド達が考えたクロノス攻略法もなかなか上手い手だったものの(あんなチート級キャラの攻略を週イチで提示できる永夢とパラド…)、監察医の能力を持つ仮面ライダーレーザーターボによって無効化されてしまう。
といったわけで、死んだはずの貴利矢が復活…? というところで次回。毎回毎回、反則という訳でもない時でも、何某かのサプライズを仕込んで来ますね。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 29日
ポーズの能力によって、ライダーもバグスターも超越する仮面ライダークロノス。今後はライダーもバグスターもクロノスの管理下に置かれるという。仮面ライダーの敵さんらしくなってきた。

檀政宗は仮面ライダークロニクルを管理し、さらに世界中に販売していく予定とのこと。夢は世界一のゲーム会社になることです。
じゃあ、そのうち課金要素で強くなれる要素とかも追加してくれるんでしょうかね。今の所、パッケージ販売分の利益しか無さそうですが。

そもそもクロノスは味方側のキャラクターなので、攻略しようがないと黎斗は語る。ま、味方側にしてもポーズを使えるキャラってのは反則だろうと思いますが。
そこで永夢と黎斗が考え付いた攻略法は、黎斗が一度やられた際にクロノスのバグバイザーに侵入し、黎斗もクロノス同様のプレイヤーとして認識させるという裏技。
つまり、勝手にポーズボタンを押してしまう奴に対して、ポーズボタンを押し返すという手です。

しかして結果は飛彩の裏切りにあり失敗。
強引な方法の割に結構上手く行きそうだっただけに残念です。
あえていうと、この手はゲンムが死ぬことが必要条件だっただけに、命を大事にしなければならない永夢達がその手で勝つことはテーマ的に不可能だったのだと見る事が出来る。

やはり変身前に殴り掛かるしかないか…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 22日
華丸院長がクロニクルのプレイヤーとして参戦していて、ゲーム病にかかってしまう。最近出番が少なかったのは、プレイヤー参戦していたかららしいです。
残るバグスターは3体。3体を倒すとラスボスとなるゲムデウスが登場するが、ゲムデウスは仮面ライダークロノスなるキャラクターでなければ倒せないと明かす黎斗。
しかしクロノスはバグスターウイルスに対する完全抗体を持っている人間しかなれない…というラスボスを倒すためには何重にも面倒な仕掛けが張ってある。自由度ねぇゲームだなぁ…。

遂に残り3体のバグスターとの決戦…となった時、現れたのは容疑が晴れて釈放された黎斗の父・壇正宗。
仮面ライダークロニクルというゲームを長年愛されるコンテンツとする為、ここで決着がついてはならないと言う正宗はクロノスに変身。
時間をポーズ出来る能力により、ライダーもバグスターも一掃し、ラブリカは完全に消滅させられる。

バグスターにすら死を与える存在のクロノス。
ライダーとバグスターの戦いにおいて始めの運営が黎斗でチートやんと思わせ、次にその黎斗を葬ったパラドがクロニクルの運営となり、今は更にライダーもバグスターをも超越するクロノスが運営となる。
常に運営と戦い続ける、まさにゲーム世界の仮面ライダーだ。

そもそもクロノスはラスボスを倒すための助っ人キャラだったわけで、そいつが敵に回ってしまうわ、とんでもない能力だわでかなり絶望感があります。インパクトのあるボスやで…。
バグスターではないだけに得意のリプログラミングが効くのかという問題もあるわなぁ。

しかし、バグスターにも死の概念が出来上がったことで、テーマ的に善へ変化する可能性も出てくる。黎斗と同じように協力の可能性もある…のかも。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 15日
死んだと思われていた元社長はバグスターとして復活。
黎斗が言うには、これまでゲームオーバーで死んでいった者たちは、プロトガシャットの中にデータとして保存されているとか。しかし、黎斗の言う事だけに信用は置けない…。
もし事実ならば消えたはずの恋人も復活するかもしれない…と思ってしまう飛彩だが、一方で命の扱いが軽いゲーム世界の理論を医者としては信じるわけにはいかないとも思う。

パラドクスを倒すためには永夢と黎斗が協力プレーしなければならないものの、相変わらず生命に対しての認識がゲームに準拠する黎斗とは反発するばかりの永夢。
黎斗は余命少ない母親にバグスターウイルスを感染させ、そのデータを保存し、永遠の命を生み出したと自負する。医者も科学者も、何千年かけても到達しなかった「永遠の命」に、黎斗は一人で到達したのです。

命に関する考え方の違いから反発する永夢と黎斗。しかして捉えようによっては、黎斗もただ母親を生かしたいと思っただけなのかもしれない…。

黎斗の母親から誕生したバグスター、ポッピーには黎斗も他バグスターとは別の想いを持っているのか、パラドクスからポッピーを守る行動に出る。
これを見て、ひとまず共闘することとしたエグゼイドとゲンムが並び立つ。

二人のエグゼイド。
ダブルアクションゲーマーの二人は永夢と天才ゲーマーM(パラドのコピー)だったけれど、今回は永夢と黎斗。
「医療」と「ゲーム」という、相対する両者がここでも並び立つ。

「ゲームは命を軽く扱っている!」という訴えだけだと、テーマの一つである「ゲーム」がただの悪でしかないけれど、永夢という主人公自身が医療とゲームをどちらも愛している存在なのだから、その両輪兼ね備えた状態の方が強いというコトなのかな。
黎斗が邪悪なのは相変わらずながら、ウイルスは使いようで人を救う薬にもなるのだものなぁ…。

次回はクロノスさんが登場。
てっきり、そのデザインからして「どうせゲンムが裏切るんだろ」と思っていたものの、違う人…なの? と驚きを持って次回待つのだ。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 08日
パラドに身体を乗っ取られてしまっている永夢を助けたいものの、パラドの力があるうちはどうしようも出来ない。そこでポッピーは元社長が作っていたプロトマイティアクションのガシャットを使えば何とかなるのではと推測する。子どもの事の元社長が思いついていた、ウイルスを抑制する作用がこのガショットにあるのではと。

永夢とパラドの対決はパラドが優勢。
天才ゲーマーMのオリジナルはパラドなわけで、オリジナルがニセモノに負けるわけあるかと…。

前回の放送後に検索などして分かった事には、天才ゲーマーMとパラドは別に同一人物では無いのですね。
ダブルアクションゲーマーで分裂した際にパラドクスと戦闘していたこともあったそうですし、パラドが分離しても残っていた人格が天才ゲーマーMみたいなことなのだろうか。ウイルスは自分をコピーするのが仕事だし、コピーの方が幾らか永夢に残ったと思えばいいのかなぁ。

飛彩や大我が助けに入るものの、またも永夢の身体が乗っ取られてしまう…という時、現れたのはゲンムLv.0。ゲンム・レベル0のフィールド内ではバグスターの力は抑制される…とカードゲームのテキスト効果みたいな能力を持っている。

あんな壮絶に退場したので、まさかまた出てくるとは思っていなかったので驚きでした。どうやらバックアップデータのようですが、死んでもなお命が軽い、何度でも生き返っちゃうという、どこまでも劇中悪を貫く元社長なのですね。

バグスターとして復活したゲンム、これを利用してパラドに挑むらしい。
悪をもって悪を征すというか、医療的には弱体化したウイルスを使うワクチンみたいなもんか。あ、だからレベル0なのかな?
今週の前半でポッピーは目が青いので良性バグスターだと示し、復活したゲンムはしっかり目が赤いので悪性だと分かる。弱体化はしているけれど油断できないのだ。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 03日
パラドが永夢の身体の中に入り込むと、天才ゲーマーMの人格になってしまった。
パラドは永夢に感染していたバグスターウイルスの実体にして、天才ゲーマーMの人格そのものだったというのです。
パラドの解説によって、今までのあれやこれやの謎が解き明かされる。

永夢が一緒にゲームで遊びたくて作り出した友達がパラド。それがウイルスによって具現化した。ガシャットを作り出せる永夢なので、友達の一人や二人生み出すことなど造作もないのだろうて。
永夢がMの人格に乗っ取られた時にパラドは消えていたし、永夢とパラドは互いに精神が同期する時があった。
そもそも、エグゼイドとパラドクスは目のデザインが似ていたのだ。バレ画像を見た際にエグゼイドの新フォームかと思ったのだ(個人の感想です)。

確認してないですけど、マイティブラザーズXXの登場時はパラドは画面に映っていなかったってコトなのかな?

突如二人に増えたマイティブラザーズだったり、パラドクスが2面性のデザインであったり、「ぶっ飛んでるなー」と思われていたアイディアも、実は物語の設定を如実に表すものであったのです。なるほど。
マイティブラザーズXXの初見であった劇場版を見ていた時、「ここで2人に増えるとか意味不明過ぎるだろ!」と思ったものだったのですが、明かされた設定を鑑みてから思い返すと、なるほどなという流れになっているのだなー。

がっつりとした説明回で色々と腑に落ちてきます。かなり企画の肝の部分が明かされたって感じです。
次回は永夢とパラドの対決。人間とバグスターとの闘い、ウイルス感染を防ぐ方法の発見?など、最終回みたいな予告。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 04月 24日
衛生省の発表でプレイヤーが減ったライダークロニクルですが、ゲンムコーポレーションは全てのゲームがクリアされると死んだ人間が復活すると発表し、再びプレイヤーを増やそうとする。
どこまでもゲーム運営側は「命は軽い」という扱いなのだ。

クロニクルに参戦したニコは、プロゲーマーの実力もあってか、ライドプレイヤーながらバグスターを倒してしまう。1億円プレイヤーレベルの天才ゲーマーでやっとバグスターを倒せるという難易度のゲームです。恐ろしい…。

危険なゲームに参加し、ゲーム病にかかってしまったニコを叱る大我。その事でぶつかるものの、ニコは大我の負担を軽くしたいし、大我は主治医で居られることが嬉しいしで元サヤに。
運営主が「ときめきクライシス」という恋愛ゲームのバグスターだけに、甘い話が。

CRに居た頃のポッピーが残っているのではないかと期待する永夢とポッピーも人間を犠牲にしているバグスターであり、悪さをするなら切除するしか無いという飛彩。
大我とニコも容赦なくポッピーに襲い掛かりますが、永夢だけはポッピーを信じ、リプログラミングでポッピーの記憶を復活させる。
相変わらず能力が強すぎる。

ポッピーもバグスターとして人間を犠牲に誕生してはいるものの、プレイヤーと一緒に楽しむ音ゲーのキャラクターでもある為、人間を滅ぼすゲームには気乗りしない。バガモンもそうでしたが、バグスターであっても戦うキャラでないと穏健派になるようなのだ。

プレイヤーと一緒にゲームがしたいというポッピーの本音を聞き出し、笑顔にすることでゲームクリア。
これは「ドレミファビート」がポッピーを笑顔にすること(クリアすると笑顔になる?)が目標のゲームだからというコト…なのでしょうけれど、前回同様に恋愛ゲームによるクリア条件を満たしているとも言える。
女の子の本音を引き出して笑顔にさせるのは恋愛ゲームの目標なのだ。

異様に永夢に一緒にゲームをすることに拘っていたパラドでしたが、パラド曰く「俺はお前だ」と言って永夢の中に入ってしまう。
つまりパラド≒天才ゲーマーMの人格…だったという事になるのか…。
この争いは永夢vsゲーマーMという戦いそのものだったというコトに…。別人格だとしたら永夢とMは一緒にゲームは出来ないし、その反動なのだろうか。一緒に格ゲーでもしたらそれで解決する話だったのかもしれない…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。