FC2ブログ
2019年 12月 09日
仮面ライダーゼロワン 第10・11話/第12・13話/第14話
えらくサボっておりましたが、絶妙にタイミングが合わなかったり、怠け癖が付いていただけなので、怠けていただけではないのだ…。

この間に放送されたのは、役者のヒューマギアが登場する大和田伸也編と、大和田氏を撃った犯人を追う暗殺ちゃん追撃編でした。

飛電の話題作りとして制作される事となった役者ヒューマギアを主役とした特別ドラマ。しかし、想像性の高い仕事をが求められる役者業に、ヒューマギアは着いていけず、大和田氏の信用を失う。が、或人のヒューマギアに夢を見る姿に感化され、大和田氏はヒューマギアの成長のために一役買うと言ってくれる。

アドリブが利かない役者ヒューマギアに対し、自分で台詞を変更する暗殺ちゃんの対比で、暗殺ちゃんがシンギュラリティ獲得に向けて成長している様が描かれます。同時に、役者に必要な想像性は“心”が無ければいけないというコトでもある。

人間には“心”があるからこそ、美味い寿司が握れたり、心を打つ芝居が出来たりする。
ヒューマギアと人間の違いを認識させることで「人間(らしさ)とは何か」を描いている。

■ ■ ■

成長して自我が芽生えた暗殺ちゃんを追って、旧世代ヒューマギアの探偵ワズが登場する12・13話。

シャイニングホッパー登場編でもありますが、まず最初の使用時は失敗してから後半で成功させるという展開が三条さんっぽい書き味ですね。
シャイニングホッパーは或人のデータ不足によって本来の能力を活かせていなかったとの事。そのため、データを補完するためにワズが犠牲となってシャイニングホッパーを完成させる。

イズの兄とされる旧型のワズ。現在形ISに対して、過去形のWASです。
つまりシャイニングホッパーに必要だったのは“過去”の要素なのです。
過去のデータを手に入れる事で、最初の発動時よりもゼロワンの攻撃パターンの可能性がずっと増える事によって、暗殺ちゃんの予測が作用しなくなる。

“過去”の要素を手にするコトによって、“未来”の可能性が広がるわけです。

ヒューマギアは人類の夢・未来だと謳う或人にとって、ゼロワンは未来を守るための存在です。
そこに“過去”のデータが注入される事によって、未来の可能性は格段に広がる。
これまで、或人は“未来”、不破さんは“過去”、唯阿は“現在”のテーマを背負っていましたが、それらが融合することによって未来は良いモノへと補強されていくという描写になっている。

■ ■ ■

そして14話。
衛星ゼアを管理する宇宙技術士ヒューマギアの兄弟が登場。
医者、刑事(役の俳優)、探偵、宇宙飛行士…これは平成ライダーモチーフの狙いでもあるのかしら…?

シャイニングホッパーがプログライズキーの過去データによって補強されたのと同様、アークもキーの過去データによって復活を遂げる。あえて違うとすれば、アークにはワズのデータが存在しないコトでしょうかね…。これが後々聞いて来るのかしら。

そうして出来たのがアサルトウルフのキー。あっさりと不破さんに奪われ、ヒューマギアにしか使えない筈のキーを使って見せる不破さんです。どいつもこいつも実はヒューマギア説が出るような行動を…。

不破さんは元々復讐という“過去”をテーマに背負っている人なので、過去データを補強して誕生したアサルトウルフには、未来を向く力は殆ど無さそうです。

或人がいつも言っている「人の笑顔」は、人類の明るい夢・未来を意味しているので、不破さんの言う「笑いなんかいらねえ」は、未来を信じておらず、より復讐への想いを強固にしている状態だと言えます。そういう意味ではアサルトウルフはかなり闇落ちに近いフォームであるなぁ。

しかし…シザースですら2週は登場したのに、1週で倒されるライダーが出て来るなんて…。
TAGS : ゼロワン
≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 12月 09日
スター☆トゥインクルプリキュア 第43話「笑顔への想い☆テンジョウvsえれな!」
≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 12月 04日
スター☆トゥインクルプリキュア 第42話「笑顔の迷い、えれなの迷い。」
≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 12月 01日
『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』
春の映画やTVシリーズで幾度となく宇宙へと旅立っているスター☆トゥインクルプリキュアの皆様方ですが、秋の映画では沖縄を筆頭に世界各地のミステリースポットへと出向いてまいりました。
さすが劇場版、いつもより近場のようでいてロケ予算が潤沢です。

[『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』]の続きを読む

≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 11月 27日
スター☆トゥインクルプリキュア 第41話「月よ輝け☆まどかの一歩!」

ガルオウガさんが終始ドラゴンボールみたいな動きだったんですが、スーアクさんが同じだったのかな。

[スター☆トゥインクルプリキュア 第41話「月よ輝け☆まどかの一歩!」]の続きを読む

≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 11月 25日
スター☆トゥインクルプリキュア 第40話「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」

初代はでんきタイプとほのおタイプがお気に入りでよく使っていた。

[スター☆トゥインクルプリキュア 第40話「バレちゃった!?2年3組の宇宙人☆」]の続きを読む

≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 11月 11日
スター☆トゥインクルプリキュア 第39話「えれな大ピンチ!テンジョウ先生のワナ!」
≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 11月 02日
今日と前回のドラえもんは…ツバメとライオン
前回放送「変身レプリンター」「ツバメののび太」、本日放送は「落とし物つりぼり」「強いペットがほしい」でした。

「変身~」は他人のDNAから容姿や能力をコピー出来る道具です。なるほどSFらしいアイテムで、使いようによっては幾らでも悪用できてしまうので恐ろしいと直感的にも分かります。
色んな人間をコピーした結果、最後には自分でも他人でも無い者になってしまうというオチもこの手のSFらしい。短いながらもSFホラー的なお話としてのまとまりを感じました。

「ツバメ~」は、別の場所に居る動物を自在に観察できる“動物観察ケース”のお話。
ただケースに映しているのではなく、同時にケースの中にも実在するというのがミソなので、エサをケース外から与える事なども出来る。“断層ビジョン”の巨大版とも言える。映像ではなく空間自体を同期させているってコトなのかなあ。

「落とし物~」、四次元スクリーンを通して落とし物を吊り上げる事が出来る道具。
しかして、よくよく見れば自分の持ち物ではないモノでも拾い上げて来るので、これまた治安の悪化を加速させる道具です。
22世紀の道具はだいたい治安の悪い道具ばかり登場するのですが、ドラえもんが入手していないだけでちゃんとセキュリティ対策用の道具も売っているのだろうか…。

「強い~」は、スネ夫への対抗心から猛獣のライオンを飼おうと思い立つお話です。
サバンナで野生のライオンを捕まえて小型化し、屋根裏で飼いならそうとするのです。
見るだに、やはり人間が一番怖い…と思い知らされるお話ですね。うぅ、ライオンに人権など無いのだ…。
≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 10月 29日
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第32話「憎悪の雨が止む時」
お久しぶりの騎士竜記事。だいぶ怠けてしまった…。

怠けている間に先輩騎士のナダが現れてからガイソーグの浄化まで色んなことが起きておりますなぁ。

「リュウソウジャー」は縦軸となるお話がほぼ無いまま進んでいる、近年ではちょいと珍しい構成のシリーズですね。
その数少ない縦軸が婚活とガイソーグなのですが、今回はその一つに決着がついたのです。

ガイソーグの鎧は人の弱い心に付け入って装着者を支配する。そして、スーパー戦隊最強バトルでも言及されている通り、過去の装着者の記憶を見る事が出来るのです。
リュウソウジャーが死者(マスター他)のソウルを受け継いで行くのに対し、ガイソーグさんは人のソウルを消し去ってガワだけで生き続けている鎧という反転した存在です。

騎士に必要なのは強さ(外的要素)か、心か(内的要素)。

それはバンバに絡んだ話の中でも描かれていますが、いわば“闇落ちしたバンバ”という意味合いで登場したナダによって、そのテーマが如実に描かれる事となりました。

ナダさんがだいぶ描き回す存在になっていて結構好きになってしまったのだけれど、次回でもう死にそうな気もするのが怖い…。
≪ウザ可愛いときに押すのよ!
2019年 10月 29日
仮面ライダーゼロワン 第09話「ソノ生命、預かります!」
ネットから独立したサーバーを利用していた病院すらも滅亡迅雷.netの毒牙にかかってしまったコトから、ヒューマギアの暴走を食い止めるために事前に病院のヒューマギアを全停止する措置が取られるコトに。それは法的に可能なのだろうか…とか気にかかります。
まぁ物理的に病院のサーバーが破壊される事態なので、対抗策は病院のセキュリティや警察力の話になって来ますが。
ちなみに暴走したヒューマギアは目が赤くなるという豆知識も出てきました。わざわざそんな言及をしてしまうと、ゼロワンの目が赤い事に意味がありそうではないかと勘ぐってしまいます…。

或人はヒューマギアの善意の可能性を信じて、再び再起動する。
世界中が信じていなくても、自分だけはヒューマギアを信じるのだと。或人は変わらずにヒューマギアに未来を見ている。

ハッキングされた形跡があるのに通常業務をこなすDrオミゴト。
これはハッキングされてもオミゴト独自の制御によって、つまり善意によって悪意を跳ね返していた…のかもしれないと、唯阿はヒューマギアに善なる心の可能性を見る。
ヒューマギアに善や悪の可能性を感じる或人や唯阿、不破ですが、それはどちらにせよ、ヒューマギアの中に心の存在を見ているんですよね。ヒューマギアに心など無いと言っているのはイブぐらいで、人間はみんなヒューマギアに心があるのだと思っている…ように見える。

悪意を植え付けられても善意で跳ね返したと思われるDrオミゴトの件は、滅亡迅雷の力が初めて及ばなかったケースであり、ギルの笛の音に苦しみながらもキカイダーになるジローみたいなモノかもしれない。
シンギュラリティが人の心と同様のモノであるなら、良心回路のように善と悪で揺れ動く事によって進化するのかもしれない。

不破さんはヒューマギアに命を助けられて、もう揺らめいている。
令和でも2号ライダーはちょろいかもしれない。
TAGS : ゼロワン
≪ウザ可愛いときに押すのよ!