2017年 09月 09日
難病の少女を主軸に、ゲームと現実の中で少女の笑顔を取り戻すべく戦う医者達の物語。

難病で余命幾ばくも無いとされる少女・まどかを救う為、父親は娘と大勢の人間をバグスターウイルスに感染させ、ゲームの世界で娘が生きられるようにしようとしていた。
そして、その計画を利用して復活する仮面ライダークロニクルのラスボス、ゲムデウス。

ゲーム世界に閉じこもろうとする少女と、現実世界で笑顔を手に入れさせようとする医者との闘い。
エグゼイドのテーマを突き詰めて考えていけば仕方ない事でもありますが、やはり春映画と状況が似ています…。まぁ飛彩視点か永夢視点かという違いや、大まかなゴチャゴチャ度はだいぶ違いますが。
いや、春映画すらもエグゼイド正史の中に取り込んだという大胆な仮説を取れば、今回の犯人が春映画の話を見て「使えるやんけ」と思ったのかもしれない。

ゲーム世界では永遠の命が得られる。だから父親は娘に永遠の命を与えようとしたものの、娘の願いは会った事のない父親に会う事。
ゲーム世界で生き永らえることは出来ても、願いは叶えられないので笑顔にはなれない。

「人は死ぬよ 必ず死ぬ いつか君も 俺も死ぬんだ」
とは歌の歌詞ですが、どんな天才医師によって死を先延ばしすることは出来ても、そこから逃れることは出来ない。であれば医者としての永夢は何を成したいのかという部分で「笑顔」となる。
笑顔を与える為に医者として奔走する。

「エグゼイド」のテーマ自体をこの映画でしっかり描こうという内容の映画。
「真の最終回」と銘打っていたので「龍騎FE」的なシリーズにおける謎解きや驚きを提示してくれるのかと思いきや、えらい真っ当に「エグゼイド」としての映画を作っていて、何が最終回なのかピンと来ないまま見終えてしまいました。最終回以降のお話であったと明かされ、時間軸的な意味で「真の最終回」であったのだと分かる。なるほど。
なので、内容的な意味で「最終回」的なモノを求めても仕方なかったのだなと分かるに至るのでした。ははあ。

永夢が話の中心というワケでもないので、ゲストエピソードの一つという認識になってしまうのですが、では何をもって「真の最終回」的な内容における意義があったのか。

映画は親子のお話でした。
最終的に父は娘の願いを叶える為、バグスターの力を借りず、娘に笑顔を与えようとして、ひとつの家族に戻る。
現実をゲーム世界に転換しようとした父親が、それを誤りと気付き、子どもと和解するのです。

そう、これは黎斗と正宗の関係の反転と言える内容です。
最後まで反省も和解も無く散った檀正宗。それは永夢達からすれば「出来なかったこと」の一つですから、そのテレビ最終回で出来なかった事を映画でリベンジしたという意味で、この映画が「真の最終回」足りえる位置付けなのではないでしょうか。

まぁ黎斗が反省も何もしていない時点で、正宗の和解とか反省とかの可能性は無かったと思うが…。

とか考えていくと、また「エグゼイド」の物語の主人公が檀黎斗になってしまう罠なのである…ううむ。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 09月 09日
巨大な彗星兵器ゲーススターの地球衝突を防ぐため、ケルベロスキュータマに必要な三つの欠片を宇宙で集めることとしたキュウレンジャー。
ゲーススターを操るゲース・インダベーは、ロンポーのかつての仲間だったという。

夏映画はレッドを主軸に描く事が多いながら、今回は敵キャラの設定を見てもショウ・ロンポーがやけに旨味の多い役として描かれている。
ロンポーが死んだとされたことで、残された短い時間の中でもミッションを遂行するキュウレンジャー。あんないい加減さんでもキュウレンジャーの支柱として重要であるのだなぁと。

例年より多いメンバーを、例年通りの短い時間の中で全員に見せ場があるようにと作られている映画で、その条件と目標を鑑みる限りパーフェクトな出来なのではと感じる。
いつもの倍の人数ながら、ちゃんとみんな働いてますからねぇ。いやはやこれは大したもんと思います。

仲間を裏切り利用するホイ・コウローに対し、仲間を集めることで願いを叶えようとするショウ・ロンポーとキュウレンジャー。
仲間がいれば星に願いが届き叶えられるという「キュウレンジャー」自体のテーマもしっかと含まれていて、短いながらに「キュウレンジャー」という番組の旨味を詰め込んでいる内容であったと思います。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 06日
今回の舞台は「超スーパーヒーロー大戦」というゲームの世界。
ゲームから飛び出してきたゼビウスが世界中を襲うのです。
去年のタイランドに続いて、今年は韓国はソウルから始まる国際派です。てか冒頭から見たことある東映の偉い人がソウルに居て笑ってしまいます…。ちょっと前は警視庁の偉い人だったけど、休暇かな…?

[『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2017年 04月 29日
あまりに人数が多くなり過ぎたオールスターズは解体され、直近3世代のドリームスターズという新たな冠が付けられる事となりました。残念ながらプリキュア忠臣蔵は実現の運びとはならなかったのです。惜しい事です。
ついでに歌とレビューも無くなっていますが、すっきりとした中でレビュー路線とは別の新たな路線を開拓しようという意気込みが溢れています。

[『映画 プリキュアドリームスターズ!』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2017年 04月 28日
また公開から随分と時間が経っていますが、遅きを気にせずレビューです。いや、見たのは公開直後だけれど。

かき氷を食べに巨大流氷へとやって来た一同は、そこで氷のテーマパークを建設する。しかしその中で古代文明の手がかりを掴み、南極探検に出向くことに。

[『映画 ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2016年 12月 23日
別々の世界観を持ったライダーが劇場版において融合するMOVIE大戦の誕生から7年。
別々の世界観、別々の作品というメタ的な意味も込めた融合を表していたMOVIE大戦でしたが、融合が7年も続くと、もはやライダー世界は一つであると浸透する事となりました。ならば世界を分ける必要はない。
世界と世界がぶつかり合う「MOVIE大戦」は、世界が溶け合った「平成ジェネレーションズ」へと生まれ変わったのです。

まぁ「ジェネシス」の時点で既に1章立てだったのですが。

[『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2016年 11月 06日


「魔法つかいプリキュア!」、劇場版の舞台は魔法界。
いつも通りやんと言えばいつも通りですが、100年に1度目覚めて願いを叶えてくれる石を巡って、壮絶なクマの戦いが描かれる。

クマvsクマ。

スーパークマ大戦の勃発です。

[『映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2016年 05月 14日
これまた随分と日数が経っているのですが、記憶の限り書いてみようかと。

今年は例年のオールライダー路線では無く、キャラクターに的を絞っての春映画。
仮面ライダー生誕45周年と銘打っての「仮面ライダー1号」の物語。

[『仮面ライダー1号』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2016年 05月 07日
こちらもまた随分と時間が経ってしまったので簡単に…。

今回のプリキュアさん春映画は初のミュージカルと銘打っています。
歌を歌うコト自体は昨年もやっていますが、あれはミュージカル…ではなく、ほぼ歌番組であり…同時に劇映画でもあり、そんなジャンルが規定不可能な不思議な映画でした。

ですが、今年は誰がどう見ても間違いなくミュージカル。

[『映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。
2016年 05月 07日
書くタイミングが合わず、公開からえらく時間も経ってしまったのですが、簡単に書き記しておこうかなと思いたって「新・日本誕生」について。

基本的には原作の大長編に沿った流れで進んでいきます。
家出するために7万年前の日本へとやってきたのび太たちが、人のいない日本で自分たちの世界を作って行く。
しかし、当時の人々を連れ去って行く謎の預言者ギガゾンビと対決するコトになる…。

[『映画 ドラえもん 新・のび太の日本誕生』]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。