FC2ブログ
2019年 01月 18日
本日放送は「ランプのけむりオバケ」「ジャイアンシチュー」でした。

「ランプ~」は、正月ぐらいダラダラと過ごしたいのび太とドラえもんの利害一致によって貸し出された“アラビンのランプ”のお話。ランプから出てきた煙形のロボットが願いを何でも叶えてくれる。
しかして、願いを叶えるとはいっても、それはランプの精が別の誰かに無理やりやらせることなのである。ストーブのスイッチONから宿題、お菓子や遊び道具の調達、全てランプの精が別の誰かを脅して得たもの。
ランプの精がやっている事は本当に酷い事です。だからこそ同時にランプの精に命令を与えているのび太も同様に酷いとなる。嫌な事を他人にやらせて、さらに頼まれた者が別の者へとやらせる。
例えば劣悪な環境下で労働者にレアメタルの採掘をさせているコトを「酷い」と言うのは簡単だけど、そうさせているのは安全な場所に居る自分たちだったりするわけで。社会の構造的問題を比喩したお話にも捉えられる。
果たして我々は「取り消しスイッチ」を押す勇気はあるのかと迫られる。

「ジャイアンシチュー」は、ジャイアンの作った料理を振舞われる迷惑な回に呼ばれるお話。
そこで、どんなに不味い料理でも美味しく感じる“スーパーグルメスパイス”なる調味料がドラえもんから貸し出される。
当たり前に「味のもとのもと」だと思っていたので、聞きなれない調味料が出てきて笑ってしまいました。もしかしたら前のアニメ化の際も同じ反応をしたかもしれません。味の素をスポンサーに付けていればなぁ…。
「味の素」が先駆的だった頃から、今やそれ系の調味料も和風ならコレ、中華ならコレといった風に増えに増えたので、未来になると更に進化しているのでしょなぁ。
尺調整のために適宜オリジナル要素が入っているのですが、「原作のあの面白いシーンを早く見たい」と思っている派の人間としては若干テンポのもっさり感を味わってしまいました。普通に原作要素だけだとすぐ終わってしまうしなぁ…こればかりはいつの世も大きな命題だ。

≪メッセージもどうぞ。
2018年 12月 31日
本日放送は「雪男のアルバイト」「かまいたちのクック」「ハロー宇宙人」でした。

「雪男~」は、2007年からの再放送。
ヤマゴンなるUMAを求めて山奥へとやって来た一同。しかし、ヤマゴンは過疎化に抵抗する村おこしの為に作られたものだと知りがっかり。気を取り直して今度はヒマラヤへ雪男を探しに行くことに。
本放送時も書いたと思いますが、ヤマゴンは現実には居ないと言っておきながら、雪男はいともあっさりと存在が証明されるのが楽しいです。パーマンでも雪男はいたように、F作品世界では雪男はもはや当たり前の存在なのです。この後の話では、妖怪は実在しない、火星人は我々が作ったと語られているのに、雪男だけはただあるがままに元からいるのです。圧倒的な信頼感を持っているとしか言えません。
雪男、ヤマゴン、過疎化した村…といった要素が繋がり、全員がハッピーになるオチへ。

「かまいたち~」は、劇場版のメインアイテム、異説メンバーズバッジを使って妖怪が見える世界を体験するお話。
妖怪世界に迷い込んで冒険を繰り広げる中、新たな相棒カマイタチが加わります。かわいい。
昔の人は理由の分からない現象に遭遇した際、妖怪の仕業ではないかと考えた。それは空想の産物かもしれないし、今の人類には認識できない世界の出来事なのかもしれない…。
のび太達と友情を育んだカマイタチはバッジを外した瞬間に消えるただの幻だったのか…それとも見えなくなっただけなのか…。
ちょっとした認識の差で別の世界を感じることが出来る。ドラえもん…というかF作品全般、霊や怪異のオカルト(あとサンタクロース)に対しては物凄く冷静な視点なのですが、SF的な視点から妖怪も否定せず終わるという終わり方にもなっていて、なるほどなぁと感じるラストでした。

「ハロー~」、こちらは2005年作の再放送。声を聞くとかなり初期の頃なのが分かります。
宇宙人大好きおじさんから豪褒美を貰うため、火星に人類を誕生させて本物の宇宙人の写真を撮ろうというのです。
割と気軽に人類を誕生させてしまうシリーズです。物語においては神的存在のラスボスはよく登場するものですが、意外とこの程度の、アリの観察日記ぐらいの感覚で人類を作っているのかもしれないと感じさせてくれます。
火星人が地球人の社会を観察して絶望するオチは実にSFしているし、F作品らしくて良きですね。
また、本物宇宙船をニセモノと思ったり、ニセモノの写真を撮ろうとしていたら本物の宇宙船を撮ったりという、日常側のオチ構成も凄い綺麗に出来ている。感心よなぁ。

そんなこんなで締めくくりでした。
良いお年を。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 12月 14日
本日放送は「ウラシマキャンデー」「シールで逃げきれ!」でした。

「ウラシマ~」は、浦島太郎宜しく人助けをすると相手から過剰な恩返しを返してもらえる道具。
道行くご婦人のカメ(壺)を助けて、御馳走と娘の舞い踊りを鑑賞することになる恩返し。しかして過剰な恩返しはのび太を自宅へ帰すまいと作用し始める。「帰れないように靴を隠してくるわ」が原作の時から怖いんだよなぁ。
人に親切をすると周り巡って自分へ還って来る。情けは人の為ならず。初めに助けてあげたゴキブリさんものび太を助けてくれて、因果の理を感じさせるお話です。
過剰な恩返しによる不自由さもありますが、人助けを推し進める学年誌連載らしいテーマでもある。
本家、カメ助けをした浦島太郎は最後にえらいモン持たされてしまったからなぁ…。

「シール~」は、別のモノを代用品として認識させるコトが出来る“代用シール”のお話。
スネ夫から借りていた漫画が消えてしまい電話帳を代用したり、トイレットペーパーの代用に古新聞を認識させたり。
外国人の見分けがつかないとか、アイドルの見分けがつかないとか、ウルトラマンの見分けがつかないとか、人間は見慣れていないモノに対しては見分けがつかない…という認識能力の話は「モジャ公」の漫画でも語られていました。
このお話は見慣れているかどうかではありませんが、「ぬいぐるみ」と「ティッシュの箱」は全然違うと言えば全然違うし、ほぼ同じと言えばほぼ同じだし、考え出すと両者を区別するモノは何なのか分からなくなる。ドラえもんもポストも金属の塊である点では同一ではないか…。
ちょっとした定義の変化で別物へと変わるのであれば、自分を自分たらしめるモノは自分しかいないのでしょうか…。
ポストはもっと「自分はのび太ではなくポストである」という強い自己認識をしっかり持つべきなのではないだろうか…。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 12月 08日
本日放送は「しあわせトランプの恐怖」「未来のクリスマスカード」でした。

「しあわせ~」は、願いを叶えてくれるトランプのお話。
願いが叶う度にカードが消えていき、最後にジョーカーが1枚残った時にこれまでの反動とばかりこの世の不幸が襲い掛かって来るアイテム。恐ろしい道具でありますが、52回も願いを叶えてくれるし51回までは安全に使用できるという側面もあり、子ども達の間で共有されるコトに。
最後にジョーカーを持っていた人間が負けというババ抜きをモチーフにしたアイテムで、宇宙における禍福の確率を操作してくれている様子。
残り2枚となったトランプをのび太が引き受け、そこから伏線を積み上げて最後のオチに自然に繋げさせるトコロが見どころです。何で手持ち金庫に…という謎も最後にちゃんと解消される。

「未来の~」は、クリスマスカードに書いたメッセージが具現化して楽しめるというアイテム。
来週もまだ放送があるのにクリスマス回というのは早いのでは…と思えますが、これは新しいクリスマスソングの販促のため。なるほどな。
かなりテンポよくトントン話が進んでいて、余計なモノが極限まで削ぎ取られているのが見て取れました。そのテンポの良さがすごく原作の落語っぽいテンポ感にも通じていて気持ち良かったです。アニオリではありますが。
短い時間の中で次々に場面転換を処理していき、最後はクリスマスパーティを開きつつ投げっぱなしぽいオチでじわりと笑えます。
投げっぱなしエンドは尺が少ないコトと親和性が高いので、一種必然であった。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 11月 30日
本日放送は「つづきをヨロシク」「もしもボックスで昼ふかし!?」でした。

「つづき~」は、自分が行う作業を手袋に代行してもらえる道具。
釣りや勉強、ピアノ、拍手などといった単純作業を覚えさせて実行させる。簡易なプログラミングならば作業を代行してもらえる。
しかして、命令を終了させるためのコード…ガスは別にある為、それまでは作業をループし続ける。オートメーション化された世界の便利さと不便さ融通の利かなさが濃縮されるお話。
てな視点で見ると、自動化自体も否定せず終わるオチは上手いし良く出来ているなぁと感じ入るのでした。

「もしも~」は、昼と夜を逆転させた世界で生活したら…という実験。
昼夜逆転生活なる言葉の通り、世界中の昼と夜の概念をひっくり返してしまう。人間は夜に起き、昼に休む。
昼夜逆転して遊ぶ時間が沢山あるぞーとはしゃぐのび太ですが、昼夜が逆転しただけで1日24時間が増えるわけではないので、もちろん遊ぶ時間が増えるわけでもない。
「サマータイムになれば遊び時間が増えますよ」とワケの分からない事を謳うコトへの大いなる皮肉に、今なら思えます。原作時点でサマータイムはまだ…いや、F先生は終戦後の学生時代に経験しているのかしらん。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 11月 23日
本日放送は「ドラえもんストーブ」「一晩でカキの実がなった」でした。

「ドラ~」は、人に(ロボにも)別の機械の能力を備えさせることが出来る道具“機械化機”のお話。
ママの手をアイロンに、ドラえもんをストーブに。体に家電の能力が備わるので便利な反面、人間としての尊厳を損なうというリスクも伴います。ラジコン飛行機にされて飛ばされたり、ラジカセにされたり、掃除機にされそうになったり。
機械はモノであるからこそ自由に扱えるけれど、これが人になった途端、その尊厳が脅かされる事になる。「人を物のように扱う」という比喩がありますがコレはそのまんま「人を物にしてしまう」道具。
家電には尊厳が無いけれど、人間とドラえもんには尊厳がある。その境界は何処にあるのか…。人間の体が機械の体に変化する際、どの段階から人は人であることを失うのか。
ご安心ください。これは、遠い遠い未来の話です。今の我々の世界は、人間にすら尊厳が認められてないのですから。

「一晩で~」は、チョークで囲った場所の過去と未来を交換してしまう“時空間とりかえ機”の一編。
うら山に買い物袋と財布を無くしてしまったのび太。とりかえ機によって無事に取り戻しますが…いや、これ、時空間とりかえ機で買い物袋が未来にタイムスリップしたから無くなったのでは…? という大いなる疑問が浮かんでくる。そうなると、そもそも無くなる必然性が…とドラえもんでよくある堂々巡りを考えてしまう。
パパと弟ののび郎おじさんの幼い日の苦い思い出。庭に生えた柿の実を友達に全て食べられてしまった食い物の恨み。
そんな苦い思い出を時空間とりかえ機によって不思議な思い出にとりかえる。道具の効果とドラマが同期された構造に。
これまたパラドックスを内包していて少し不思議。1日前の柿の木が現在にやって来るという事は、現在の木は1日前に行く。そうなると友達が柿の実を取るという行為そのものが消えてなくなって…。あるいは時空をとりかえた瞬間に柿の実が突如全て消えた並行世界が出来るのだろうか…。それとも、パパとおじさんが実をもいだらすぐに元へ戻したのか(濃厚)。
そんなパラドックスをほどいてみたり、ほどけないまま放置するのも楽しいのだ…。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 11月 16日
本日放送は「のび太の流れ星」「オーバーオーバー」でした。

「のび太の~」は、流れ星を人工的に作ることが出来る“流れ星の素”を使用して天体観測するお話。
流れ星は宇宙のちりが大気圏で燃え上がる現象なので、何でもいいから大気圏に異物を落とせば良いとのこと(意訳)。
電離層あたりまで気球で登り、流れ星の素を投げ入れる。実にアナログ。
0点の答案や気球の浮遊時間設定など、細かいが分かり易い伏線が多い。話には寄与しない説明的な部分も多いのですが。
0点の答案が粉々になって流れ星と化し、地上の人はそこに願いをかける。人の絶望も希望に変えるコトが出来るというテーマが垣間見えた(?)。

「オーバー~」は、どんなコトでも大げさに感じさせる上着。
ゴキブリはサソリに、仔犬はライオンに、空き地はジャングルに見える事で、いつもの町並が大いなる冒険の旅へと変わる。
視点によって世界が変化するというのがF作品らしいSF。また、「横断歩道の黒い部分は溶岩な!」といった子ども遊び的な視点の入ったアイテムにもなっていて、共感性が高まるのではなかろうか。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 11月 09日
本日放送は「あい棒」「アトカラホントスピーカー」でした。

「あい棒」は、二人で触れる事で共同作業に従事する道具。
職人やテレビドラマから相棒という存在に憧れ、自らも相棒が欲しいと言いだすのび太。
以前、映画で「特命係」という台詞もあったように、ドラ世界ではドラマ「相棒」が放送されているのです。
きっちりテーマソングも流れていて、贅沢な出演なのが分かります。再放送しにくそう(ぇ)。
ジャイアンと対決する為にスネ夫と協力し、熱い友情を育みながら目的を達成します。
相棒コラボありきなのか、この話が決まってからのオファーなのか…「相棒」と言わざるを得ない話になっているのを見る限り、前者かなと思っておりますが。

「アトカラ~」は、どんなウソでも本当になってしまうという道具をスネ夫が使う事で起こる騒動。
"うそつ機"や"ソノウソホント"によく似た道具。普段からウソばかり吐いているスネ夫が、そのウソの所為で苦しみだしたため、同情から道具を貸す事に。しかし、ウソで何でも叶うと分かるや都合よく利用し始めるコトに。
嘘をごまかす為に本当の事にして、嘘を嘘で塗り重ねて自分の首を絞める。万能めいた道具ではありますが、扱う人間は不完全でしかないため、最終的にツケを払う事になる。
なんで加速装置みたいに歯の奥に入れるんだと疑問も氷解する風刺と教訓のオチ。

オオカミ少年の話と、オオカミ少年(バンパイヤの水谷豊)という高度なコラボ回でしたね(ぇ
≪メッセージもどうぞ。
2018年 11月 02日
本日放送は「いろいろソーダセット」「マジックボックス」でした。

「いろいろ~」は、飲むだけで特殊効果を得られるソーダ水。
「カテソーダ」「マケソーダ」「スカレソーダ」「キラワレソーダ」etc..バフ、デバフ効果を飲んだ者に与えるコトが出来ます。
ただし効果はトイレで用を足すまでの間となる。アンキパンもそーだけど、生理的分かり易さがあります。
出木杉を落としめんとキラワレソーダを飲ませようとするも、炭酸の暴発でのび太が飲んでしまい、みんなに嫌われてしまう。因果は巡る。ちゃんとソーダ水でなければ成立しないオチになっているのがきれいです。
また、出木杉が道具の効果ですが「のび太くんの事が嫌い」と言うのが、意外な見どころかもしれない。しずちゃんやドラえもんとも違い、全く感情的でなく「嫌い」だと言っている。嫌いだけど感情的にはならない人格者の一面なのか、あるいはここまで来ると感情が欠落しているのかと心配になるレベル。出木杉くんの深層は見えない…。

「マジック~」は、箱を通じて筒を動かし、目や手や足で行動が可能になるというアイテム。
遠隔操作で行動が出来るという道具なのですが、それだけなら色んな方向性がある中で、なんでこんなスタイルにしたのかが不思議です。目的からではなく、ビジュアルとしての発想から出来上がった話なのかしら。
そんな道具を使ってのび太が行うのは、奪われた漫画の奪還と復讐。漫画だけ奪って帰ればいいものを、ここぞとばかりジャイアンとスネ夫にリベンジを果たす。暴力の連鎖…人間の愚かしさが詰まっているなぁ。
どんな最新技術があっても人間のやる事は変わらないのだろうかと一石を投じるような投じていないような…。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 10月 26日
本日放送は「合体ノリ」「行け!ノビタマン」でした。

「合体~」は、動物や人と合体してその体と能力を身につけられるノリ。
合体とはいえ乗っ取る側の頭部だけが首の上に乗っかるわけで、その光景はなかなかに恐ろしい。
ヘビや犬、鳥や魚と合体して、それぞれの能力を駆使して失われたヘリコプターの玩具を探します。
動物の特殊能力の面白さを見せると同時に、顔だけはのびドラという絵面のインパクトで魅せてくれます。
サイエンスと漫画としての面白さの両立。

「行け!~」は、地球とよく似た別の星へやって来たのび太達がヒーローになってしまうお話。
地球によく似てはいるが、重力が小さいために建物も脆く、のび太達はその星の人々と比較すれば強大なパワーを持つスーパーヒーローと同じであると描かれる。
「宇宙開拓史」のベースのお話ですが、「『スーパーマン』はどうしてスーパーパワーを持っているのか」という疑問をSF的解釈で、しかもとても分かり易く見せてくれる。また、道具によって強化されるという「パーマン」とは別の解釈になっていますね。
SFとして「なるほど」という面白さはありつつ、シンプルに誰もがヒーローに慣れるかもと思わせる痛快なヒーロー譚として出来ていて、非常に楽しい話です。
別の星なのにどう見ても地球にしか見えない設定なのは、どちらかというと並行宇宙設定の活用にも感じられますが、とにもかくにも「スーパーマンをやりたいんだよ!」という作者の想いが溢れている。
今風に言う「俺TUEEE」系にも連なるのですが、別にのび太自身は強くなっていないコトに対しての説明がシンプルで分かり易い。そしてまた、あくまで一時の夢でしかないと描かれる。長く居ると「迷惑ガリバー」の話みたいに「出てけ!」って言われそうだし、その方がF作品ぽいかなとも思えますが。
≪メッセージもどうぞ。