2006年 06月 24日



( ゜Д゜) (観終わったボク)



ん~~っと、なんて表現するのかなぁ、あの状態?
そうですねぇ、一番簡単な2文字で表現するのなら、



号泣
ですか。

♪七つの海というけど 泪の海 知ってる♪

あ、この歌詞は全然カンケーありませんが。
いや、でも泪の海状態であった事は間違いありませんでした。


ネオデスカルを皆の力で撃破し、闇から地球を守ったセイザーXと三将軍の面々。
正直、三将軍が一緒に戦っているのを見ているだけで、ヤバイの、涙腺が。
彼らにしてみれば、かつてアクアルが言っていたように、地球から退散すればイイわけであり、この星の行方は元来全く関係の余地なんて無い筈なんです。
それでも、運命の力(だっけ?)が作用して、やはりいつか地球に舞い戻るからダメなんだ!てブレアードは言っていたけど。だとしてもね、やっぱ地球という、たまたま流れ着いた星の行方はどーでもいいと割り切ってイイ筈だと思うんだよね。

そのカンケー無い星を守る為に、一緒に戦っているんだよあの人達は。
何故って、この星には拓人がいて、安藤家があって、納豆ご飯があるからなんだ。
これを燃えと呼ばずして何を呼ぶんだぁぁぁ!!!!


コスモカプセルが皆の手に渡った辺りからラストまで、ほぼ眼球裏にある蛇口が緩みっぱなしでした。
セイザーの名を持った4人の戦士だけではなく、あの場にいた全ての者、もちろん三将軍も含めて全員がセイザーXてコトなんだね!と、思い出してるだけで涙腺が…


皆が消えて行く後半。
「友情は時空を超えて」――そういう意味だったのか。
「金八先生」の最終回か! てぐらいマックスで泣いてしまうんですが。

やはり、初めの敵だった三将軍と、ここまで心を通わし信じ合える仲間になったというのは特撮ドラマ史上… 否、日本のテレビドラマ史上でも稀に見る見事さといっても過言ではない!! (…はずだ)


しかも、その全てが実はあの安藤家がなければ出来なかった、てのがスゴイよ。
拓人のおかげだ、とか言っていたけどホントは安藤家が地球を救ってるんだよなぁ、コレ。
当時、わりと普通に敵だったブレアードを庭に繋いで、そんな宇宙人に普通に家事の手伝いさせたり、ポチ呼ばわりする安藤家(特に春子と由衣)がいなければ、ブレアードはセイザーXらと心を通わす事は無かっただろうし、そーなると地球が闇に覆われていたのは間違い無いわけで。
同様に拓人が未来人と心通わしたのだって、全部あの家庭があってこそ。


「セイザーX」の「人は信じれば、必ず分かり合える」というテーマの根幹は「家族」ってコトなんだね。
人と人との関係は、最も近い他人=家族との関係を手本にしなさいと。

そしてまた一人、その安藤家の嫁(ッて言い切っちゃいますけど)としてレミーが加わるとゆーか。
皆が皆、自分のいるべき場所、帰る場所に帰る中、レミーは生まれた60年代にも、育った未来にも帰るわけではなかった。
コスモカプセルは、レミーがこの家に居る事こそが宇宙の平和に繋がると考えたからなのでしょうね。
レミーにとっては、やっと本当の家族になるわけで。(あ、完全に嫁扱いですが)
あんまり拓人・レミーのフラグは立ってはいなかった気ぃしていたけど、まいっか。

そういや、何で全くもって戦いにも関与していない、妹の由衣にカプセルが渡ったのか…
否、全く戦いに関与していない者だからこそ、ただ見守るコトしか出来なかった者だからこそ、未来を託す価値あり、と思ったのかもな。未来は普通の人の手の中にこそあるのだと。


ま、相変わらず、都合のイイ感じでテキトー(毒気はありませんよ)なタイムパラドックスとか、「X装着!」を一緒にやってツッコミ無しでボケているブレアードに、マジで最後までほったらかしのサイクリードとか、「セイザーX」らしさも忘れてねえんすよ!!


なんといいますか、こんな理想的な最終回を作られちまうだなんて。
しかも超星神シリーズで。(ま、ボクは「セイザーX」は他のシリーズとは完全に別個だと切り離してますが)
おかげで、放映当日にレビュー&イラスト上げちまったよ。自分でも驚きの仕事の早さだネ。

こんな、素敵なテレビ番組が観れるってのが、この上なく幸せなんだよね…


特撮の神様、ありがとう――
「セイザーX」を作ってくれた皆さん、ありがとう――

≪メッセージもどうぞ。
2006年 06月 17日
………


………


え…っと…



すいません、ボク30分間ずっと泣いてました。(脚色無し)


だぁぁぁぁぁぁ!!!!!
なんだよ、もう!
これはぁぁぁ!!!!



先週の「『超星艦隊セイザーX』の最終局面にあたり――」という記事で「セイザーX」という番組が実は(ココ重要)すげー番組だと微力ながらお伝えさせて頂いたのですが。


今週の話はナンですかい?


ビデオで鑑賞したし、横に家族いたから躊躇もあったというのに…
泣きのミラクルコンボであないか!!

観終わって十分間、ボク、放心状態――

――って、しかも、これまだ最終回じゃないのにぃッッ!!!
ヤバイって、来週ボクの涙腺破壊されるのは確定らしいですよ、お母さん。


いやぁ、なんでしょ。
全部キタ。
拓人がレミーに「ちょっと行って来る」「晩飯までに戻るから」とか言うのとか…
ザケンナ―――ッ!!!てーのッ。
そーゆーのボクかなり好きなんだよぉッ!!!

もう会えないかもしれない恐怖もあるのに、でも笑顔で普通を振舞う。
ごめん、思い出しただけで涙腺がヤバイ…

他にも、各々のキャラクターが頑張るところとか…さすがミラクルコンボ。

その先週の記事で書いた実はスゴイ「セイザーX」のテーマなんかも、今週熱く伝わりました。俺の目は間違っていなかったんだね、ありがとっす。
またさ、ネオデスカルの全てを一つにすれば争いがなくなるってのが、一理有る点にも注目です。ネオデスカルもまた、ベクトルこそ違えど自分なりの理想と平和を目指していたのです。


――でも、それは違う。拓人は言う。

たとえ、時々ケンカしても、オレはみんながいる世界のグ#$&ビG87(&'+`*L…

う、すいません。涙でキーボードが見えません。

とにかく、凄いんす。
この1ヶ月ぐらいで、今まで「そこそこ普通」だったセイザーX株が「なかなか」にステップアップ、「やる時はやる」になったかと思ったら、「神様ありがとう」にまで昇華。

なに、この右肩上がり? 先が見えません。
いや、来週終わるんだけどネ。

今回のビデオ、何度も観ます。てゆか、そうしないとダメって特撮の神様が言ってる。
TAGS : セイザーX
≪メッセージもどうぞ。
2006年 06月 10日
う~~む…

実は、とんでもない伏兵、それが「セイザーX」の印象なのだ。

[「超星艦隊セイザーX」の最終局面にあたり――]の続きを読む

TAGS : セイザーX
≪メッセージもどうぞ。