FC2ブログ

仮面ライダー電王 第01話「俺、参上!」


うわッ、コイツ描くの楽ぅ!

そうですねぇ~。
まず、率直な感想としては… 面白かったッすよ、ええ。
まぁパイロットですから、大抵面白い筈ですけどね。「カブト」だってそうだったでしょ?(苦い事を…)

のび太並みに不幸な男・野上良太郎に、気持ちイイぐらいのバカ・モモタロス。
「今考えた必殺技」とか、ワザの名前が『俺の必殺技』だったりとか、イイ感じのバカっぽさなんですが、これじゃあ主役は野上良太郎じゃなくて関俊彦さんじゃないか!
(どうでもいいけど、関俊彦さんと関智一さん〔スネ夫〕の名前がちょっとゴッチャになってるのは、ボクだけ?)

久しぶりの巻き込まれ型展開だったり、変身アイテムを偶然拾うであるとか、怪人と契約して変身するとか、かなり「龍騎」に似ていますね。
てか、プロデューサー・脚本・演出が同じスタッフだから当然っちゃ当然ですが。
おや、こんなコト1年ぐらい前にも書いたような…
個人的には巻き込まれも弱い主人公も好きなのでありがたいです。出来ればこの弱さは成長させないで、大事にしてもらいたいです。

前シリーズである「カブト」では、オープニングにストーリーの伏線や重要な要素が潜んでいました。
今回の「電王」OPは映像から察するには、「カブト」のように謎で引っ張るような話ではないというコトは分かりますね。
「イージャン」が後々重要な要素になるとは思えんしね。
…という事は、毎エピソードのドラマであるとか、キャラクター性を重視したシリーズとかになってくれるのでしょうか?

とりあえず、「カブト」からの反動でしょうか、明朗快活さがありそうなのは頑張って欲しいポイントです。
ボクの求めるような少年漫画らしさがあればイイかなぁって思ってます。あと、微妙なラブコメ的雰囲気もあったらなぁ…なんて。
ま、これは平成ライダーの実績からいって期待出来ませんが。

思えば、何故そういう要素は平成ライダーには無いのでしょうか。
男の子がメインターゲットだから? でも、少年漫画では普通よ。
うむぅ~ まぁ理由があるとすれば、それを入れる事によってあまりに俗的な物語になる事を恐れてるのでしょうかね。そういうのは夜の連ドラで嫌というほどやってるから、住みわけとか?(いや、ターゲット全然違うけど)


今回の第1話を観て驚いた点が幾つかあります。

白倉ライダーなのにサブタイトルがある!
白倉ライダーなのに1話でOPがある!
鬼とか桃太郎とか、2年前とカブッてるし!

白倉さんのプロデュースした仮面ライダーは「アギト」「龍騎」「555」「響鬼(三〇話以降)」「カブト」ですが、企画に携わっていない「響鬼」以外は、サブタイトルは付いていません。
以前公式で、「サブタイトルを付けることによって、物語を見る時にそのサブタイトルを意識して見てしまうから付けていない」てなコトを書いていたような気がします。
つまり、物語の中の何が重要であるかのポイントは製作者側が提供するのではなく、視聴者が好きに見るべきだという意味かと思います。
パンフォーカスな考え方です。どこをどう見ようが、どう考えようかは視聴者の自由なのだと。

一理ありますよね。例えばドラマなどのサブタイに「キス」とか書かれていたら、物語は総てクライマックスのその事象に至る為の前座のように見えてしまいます。でも、その事象に至るための過程も、その事象同様に大事な筈なんです。意図せずに軽く誘導されてしまうという事です。

キスシーンが無いのに、サブタイに「キス」と入れて視聴率が上がったという、明らかに誘導したドラマもあったりするんですけどね。

この考え方は、正義とか悪をあえてハッキリと提示しない白倉ライダーらしい考え方ですよね。あくまで決めるのは視聴者なのです。

そんな白倉ライダーが何故かサブタイ… ちょっとした驚きです。


1話でOPが無いってのは… まぁ、これまでそうだったてだけで、別に確固たる意識があったわけじゃないんでしょうね。時間に余裕があったとか、それぐらいの理由だと思いますよ。


桃太郎は何故、鬼を退治出来たのか――それは、桃太郎自身も鬼だったから。

という逆桃太郎伝説。これは「響鬼」のモチーフの一つでもありました。
鬼という恐怖の対象が実は英雄であるという、アンチヒーローチックな設定です。
そして、何故かつい2年前に使われたこのモチーフが「電王」でも使われているのです。

普通に考えたら、つい2年前にやった同一シリーズの設定を使うなんてありえないですよ。

…そういえば白倉さんは、「電王」はライダー史上最も大きな改変です、とかなんとか会見で仰っていたような…
「響鬼」は「完全新生」だったよね…

「響鬼」のプロデューサーの高寺さんは、仮面ライダーの仕事を任されたものの、もうそろそろライダー以外のモノを作らなければならないという思いもあって、「響鬼」を作ったそうです。
同じモノばかり作り続けていては、いつか死んでしまうからです。
改革と原点回帰は交互に行なわれているのがバランスいいですからね。

とはいえ、「響鬼」は色々あって(以下略)
「カブト」では王道を目指したそうです。(出来たかどうかは別だが)

でも、白倉さんも同じコトを考えていたのかもしれません。
そろそろライダーでは無いものが必要だと。

「電王」は白倉流「響鬼」なのかもしれませんね。
だからあえて「響鬼」と同じモチーフを使ってきたのかも。
果たせなかった「響鬼」の魂を受け継いで、仮面ライダーを生かす為に新しい風を起こす――てのは、考えすぎぽいかしら。

ちょいと美談過ぎるし、そんな個人的想いが発動出来る現場とも思えん。
でも、そうだったら面白いですよ。
白倉流響鬼が如何なるモノか、見てみたいものですからね。


しかし…
新番組で一番気になるのがデザインでも主役でも無く、プロデューサーって…
いつからボクはこんな子になっちゃたんだろうねぇ。



ここからは全くどうでもイイ話なんですが。
新番組「電王」及び「ゲキレン」のレビューは、これまでよりもテキスト短めでお送り致したいかと思っております。「ドラえもん」とか「メビウス」ぐらいの量がイイかなって。

はあ?
つか、テメェのブログなんだからテメェの勝手にしてろよ、知らねえよンなこと。
というお考えはごもっともですね、はい。


ブログを書いている方はお分かりの通り、記事を書くのには結構な時間と労力が必要です。
ボクの場合、テキストについてはレビュー記事で1時間強かかってしまいます。
先週のカブト最終回なんて2時間だぜ!

録画を観直す+記事書き ――で、最低でも90分は必要なのです。(さらにイラストもあるがな!)

いや、もっとかかっている方も多いわけですが。
1年前のレビューなんか、すごくサラッと短いんですよねぇ。いつから長くなったのやら…
何より、最近は変に「ある程度のテキスト量を書かなければならない」とかいう強迫観念があって、無理矢理量を書いていたなどとゆー節もありまして。

それはどうなのかと。

別に長いからって中身がある訳ではないし、短いからって薄い訳じゃない。
要するに、そこに思いの丈がぶつけられているのかどうかなのです。

まぁ「ある程度書かなければイカン」というのも「短いの厳守!」というのも、結局はルールとして同じような気がするんですが、それはそれ、これはこれ。

今のままでは、無駄に同じコトを繰り返し書いて長くさせたりという暴挙が行なわれるかもしれませんし。第一、毎回毎回ちゃんと書くことがあるかどうか疑問だしな!(うわッ)

だので、基本的にこれまでより短く! と、宣言します。このようにあえて公にする事で守らなければならないような雰囲気を作るのです、俺の中に。

まぁ、重要だったり、頭働かせて考察するような事があった場合は長くなるかもしれんけどね。
え? 「プリキュア」には適応されないのかって?
いや、一応「プリキュア」は我がブログ推薦番組だので、書く事無くても頭を回転させるように頑張ろうかなって。(いきなりルール不問かよ)


てなわけでね、新番組からはスリムなレビューにお付き合い下さいませ。
今回のように… って、長ぁ!!
え~っと、だから… 来週から適応されるルールーてコトです、えへへへ…

仮面ライダー電王 各話レビュー
関連記事

コメント

新しすぎて困ったクチです

『俺、参上…!』は流行ると思います(笑)
ヘタレとバカのコンビっていうのは見てて楽しいです。今まで微妙にライダータイムは寝坊してたけど、これはなんか見続けちゃうかも。

あと、セキトシさん(関俊彦さん)は忍たま乱太郎の山田先生、セキトモさん(関智一さん)はメップルと覚えると良いですよ(笑)

タイムパラドックスを作らせるなって話??

モモタロス一人にかき回された感じの一回目。
私的にはOKなのですが、次回以降の話の中心になりそうな「時間を遡り過去で歴史を改変しようとする話」というカブトで思いついてそのままになったネタの再戦のような気がするのは私だけですか?
それにこの時間モノって厄介・・・失敗すると「ゴジラVSキングギドラ」みたいに笑いものに(いやいやあの映画は好きなんだけれど)なりそうで不安なのですが・・。
とりあえずは様子をみましょう・・・。

追伸
そうなんです。結構書くのは時間がね・・。
短くてOK・・・っていいながら内容が良かったら自然と長くなるんですけどね・・・・・・長くなるような展開になればいいんだけど・・・・。

あー分かる!

TJ-type1さんこんばんは!

レビュー書く時の強迫観念・・・って分かります!
TBとかが増えてきて、適当に書いてたら
ダメなのかな?とか思ったりして・・・

でも、今はもう辞めちゃったー
感想だけ短く書いた方がいいや!って。

イラストも描かなきゃ!と思うと、
しんどいんですよねー

だから来期スパヒロは元通り
レビューだけにしよーかな?なんて思ったりしてます。

描きたいから描く。っていうスタンスが保てないと・・・
とか思っちゃったりして。

その時思ったコトが凝縮されてれば、
いいんじゃないのかなぁ?
(と、自分にも言い聞かせてみる罠)

関俊彦さんと関智一さんね(笑)
聞き分けは出来るので、問題は無いですが、
やっぱ、見るとどっちだっけ?って思う時あります(笑)

・・・でも2人ともちゃんと顔も分かるし(笑)
妙なトコで声優スキーな私でした(ーー;)

◆コメントありがとうございます!!!◆

>藁原さん
ボクなんて寝坊どころか、この数年あの時間帯の番組をリアルタイムで見た事なんてありませんぜ!
便利な世の中ですよ、ビデオデッキがあるってのは(てビデオかよ)。

って、山田先生やなしに土井先生やがなー! …とツッコミ。
いえね、お二人とも上手いから、色んな声を巧みに使うので、名前どころかもっとさらに分からないんですよ。
ど、どっちがトシ… え? トモ…? みたいなプチパニック。とりあえず、「関さん」と無難な呼称を利用する事にしますが。


>大阪さん
あまり大河的なコトを考えず、2話完結に徹してくれたら面白そうかなぁ~と思うんですよ。
時間移動を利用した人間ドラマ、毎回ゲストの人間交差点的な話をやるのであれば! …ですがね。
白倉×小林では、「セラムン」でイイ話がちょくちょくあったので、そこに期待を寄せているので、頑張ってもらいたいです。

「vsキングギドラ」は、映画を見ている間はパラドックスに気付かせないので、映画としてはOKだと思うんですよ、ボクは。それに、記憶にある中で初めて劇場で見たゴジラですし。ゴジ消し懐かしぃ…

そうなんですよ。面白ければ脳が活性化して、勝手に指が動くんですよ。後で読み返して、よく自分でもこんだけ書いたなぁなんて。
逆はホントに動かないっすからねぇ…

◇コメントありがとうございます!!!!◇

>sorcererさん
なんか、コメント返しラッシュや!

学校なんかで、課題はレポート用紙で6000字以上で提出しなさいとか言う教師に、文字数と中身は比例しないぞ!と心の中で叫んだりしましたよね。

極端な話、一文字だけでレビューを表現できたら、それって最高にカッコイイと思ったりするんですよねぇ。
ま、無理ですが!
量より密度… 出来るかしら…ボク…

ボクも冷静になれば、聴き分けられますよ。関さんと関さん(無難)。
でも、名前がごっちゃになってるから、あのキャラはどっちの関さんだっけ?と結局分からなくなるんですよ…
しかし、いつの日か区別できるようにしますとも。
加護あいと辻のぞみも見分けがつくようになったのだから!(あんまり関係無い)

お久しぶりです♪

覚えてらっしゃるか分かりませんが(^_^;)
毎週お邪魔しながら、ケータイからコメント出来る様になったのを今知りました↓
電王に関しては…素直に期待している俺参上!……orz
確かにブログって体力いりますよね~ましてやイラストまで!
僕が言える事は一つ…イラストだけは毎回お願いします(笑

いいですね!

イラストで樹花ちゃんがかっこわるう・・・って言ってた電王ですが、
テレビで見てみたら、マジかっこいいです!
主人公も平成ライダーの中で今までにない性格ですね!
これから先、あの弱気な性格の良太郎が強くなっていくのかな・・・・・・とかおもってます。
声、関さんになっちゃうけど。

俺、参上

TJ-type1さん、こんばんわ♪
カブトが終わり電王が始まりましたね
モモタロスの声が関俊彦さんじゃないですか
視聴確定ですよ~(はじめから見るつもりでしたが)
俺、参上がどうしても忍たま乱太郎の土井先生の
声に聞こえてしまう
厄介ですよ(笑)

◆コメントありがとうございます!◆

>マサムネさん
お久しぶりです。相変わらず我がブログを携帯で閲覧しているというツワモノですな!
ブログは体力勝負ですよぉ。記事も勿論ですが、TB送信、コメント返しもかなりのパワーを使います。
でも、怠けると後で大変。そう、それが今のオレの状況!クライマックスだぜ!(意味不明)

ちょ、イラストだけって! いやまあ、分かってるんですけどね、テキストにさほどの期待は寄せられていないって。


>卓巳さん
残念ながら面白くはありましたが、やはり格好は悪いです!
でも、番組を観る上では多少のデザインの不安は関係ないので平気なんですがね。
「龍騎」も楽しんではいましたが、デザインがカッコイイとは最後まで思いませんでしたし…

弱気な良太郎が強くなっちゃたら、モモタロスの出番が無くなっちゃいますけどね。ん~だったらやはり弱いままでいてほしいです。


>アルさん
いやぁ、ボクもどうも土井先生だと気付いた為、次回から土井先生にしか聞こえないのではという不安があるんですよねぇ。
「きり丸ぅー!」とか言うんじゃないかとドキドキですね。(言わねーよ)
てか、他のブログさまでも関さんへの反応がめっちゃ高いんですよね。オレでも知ってるぐらいだから、やっぱ知名度は高いんですねぇ。
まさか主役が関さんだとは思わなかったですもんねぇ。

わかりますよ!

TJ-type1さん、こんばんは。

いつもに増して、面白いレビューでした。楽しかったです。
でも、無理しないでいいと思いますよ。
自分の書きたい形式で書けばいいんですよ~。
それはそれで、TJ-type1さんがこの作品にはこのくらいの感じで…と思っているんだ、と読み手も受け取るわけで、テーマによって記事の重さが違うのが、また楽しかったりすると思います。(何だかわかりにくいですが(笑))

つまり、ブログはその人の考え方なんかも楽しむ場所かな、なんて思っているので、好きに書くのが一番だと思ってるということです^^

でも、私なんかは無駄に文章が長くなってしまうので、シェイプシェイプ♪を心掛けないとなあ、なんて思っております。

電王…私も、あの主人公(良太郎の方)の弱さは貴重だと思うので、あまり簡単に成長とかさせないで欲しい…しばらくあの凸凹コンビを楽しませて欲しいなあ、なんて思っています。

あ、レビュー、イラストはやっぱり期待しちゃうなあ…。
長々とすみません。

雷王に期待してます

私の場合は響鬼の冒頭のミュージカルとやたらと白い戦闘シーン、カブトは死に過ぎるゼクトルーパーと人命を尊重しないZECTなどの部分で一話の時点で結構不安があったりしました。
それが今回の電王は基本が単純な筋ということもあるのでしょうが、それが感じられないので期待しています。

いつもの白倉ライダーと色々と違うところがあるのは非常に気になるところですよね。
プロデューサー陣は前作と同じ顔ぶれですし、一体どういう心境の変化でしょうか。


それにしても、文章ってなんであんなに長くなっちゃうんでしょうね。
私もカブトのレビューを書いている時は、とんでもなく長いものになってしまっていたので今回は出来るだけ短くしようと思っています。
まぁ、いつまで書き続けることが出来るかも分からない常態ですけど;

声の力

いつもいつも、TBありがとうございます。

このままだと、電王よりモモタロスに萌えそうなあわはぎです。(笑)
関俊彦さんの声は、男前ですから。

恐るべし、声の力。

こんばんは~

>「ある程度のテキスト量を書かなければならない」とかいう強迫観念
痛ァァァァァ<(゚□゚;)>
実は電王レビューやめとこと思ってたんですけどね、うっかり書きはじめると楽しいんですねこれがorz
イラストもやめとこかと思ってたんですけどね、連れから萌えな展開予想聞かされてつい萌えましてねorz
これってたぶん「強迫観念」から自由になってないんですね。不健康ですね。
ととにかく私も「できるだけ短く!」を心がけます。
てことでどっちか短いか勝負しましょう。

>パンフォーカス
そうかなるほど、それが白倉さん的だったのんか!またもや目からウロコ・・・

◇コメントありがとうございます!!◇

>けろりんさん
確かにブログの面白い所は(特にウチのようなレビューブログでいうと)、自分とは違う視点で解釈すると、番組が全然違って見えたりするコトですからね。
そういう見方もあるのか~とか、それは言い過ぎでは…とか、それはオレも思ったぜ!とか。
でも、好きに書いているつもりでも、上記のような強迫観念を自分で創り出して、自分を緊縛したりしてるんですよねぇ。そういう趣味は無いのに…(は?)

今の所、イラストは手を抜くスキルが備わっていないので、変わらずに…やるしかないですね。考えただけで絵になる道具が欲しいなぁ… ほら、ドラえもんが持っていた、夢のような原稿用紙のような…


>平坦坂さん
そういや確かに、「響鬼」の戦闘シーンはやけにキラキラしてましたね。スーツの美しさを表現する為なのか?とか思ってましたが。単に森の中が多くて、暗いからカメラの露出が高かったとゆーだけなのかもしれません…

ある程度文章を書き慣れた人間だと、思った事を文字に興し易いので、とりとめ無く書いてしまうんですよねぇ。
しかもブログだと、紙の枚数や文字数のような物理的規制が存在しないので、尚更ブレーキがかかりません。
だから、キーボードではなく手書き入力とかにすれば、腱鞘炎という物理的ブレーキがかかって、きっと長くならない筈です。
え? 実生活への影響はこの際あきらめましょう。


>あわはぎさん
も、萌える? ん、いや、そこはよく分からんですが…

声が声優さんってのは、斬新ですよねぇ。同時に、ベテラン声優さんだから演技についてはノーマターです。
新人俳優の芝居に頼る事無く、かっこいいヒーローが見れるというワケです。ナイスアイディア! …いや、でもイイのかなぁ? 新人、成長しなくない?

まぁ、でもとにかくあのバカっぷりは楽しいので、キャラクターの魅力は期待できますね。萌えそう(え?)。


>タロさん
また萌えですかいなッ。そんなに萌えキャラ出てたかしらね。

短く!を心がけたいとは思うんですが、実際どーすればイイのかが全然分からなかたっりします。
てか、この記事だって本当は短くするつもりで書いていたんだよお!!!
何でいつもより長いんだよおおお!!!

さらっとパンフォーカスとか言ってるけど、一般的用語じゃないですよねぇ。解り易く日本語で言うと、被写界深度が深い、てコトですね。具体例を上げると「市民ケーン」とかクロサワ映画とか。
これでグッと解り易くなりましたね(どこが)。
てゆーか、それが白倉さん的だと思っているのは、あくまでボクだけであって、白倉さんがそういうコトを言ったりなんてしたコトは全く確認されておりません。
あくまで白倉さんの作品を、例えば高寺さんの作品などと比べた時、そういう感じだなぁとボクが思っているだけであって。あまり、信じない方が身の為ですよ(なぬ?)。
非公開コメント

トラックバック

電王「俺、参上」

 いや、予想外に悪くない。予想外、って。 主人公を把握するまでに時間がかかるし。 これは、予告がまずい。「俺、参上」ってふりかたをするから、実はこいつ、表面だけ弱っちくて実は、って思うじゃん、やっぱ。 しかも木の上に自転車で乗ってたら、それはひょっとして

仮面ライダー電王: 第1話

仮面ライダー電王 第1話「俺、参上!」。マスコミを通じた前宣伝でさんざん「電車通勤」で煽っておきながら,仮面ライダーはやっぱりバイクに乗るんだとオープニングでひっくり返した技ありな一本(笑)

仮面ライダー電王1話 オレ参上!

始まりましたねー!電王!これ何っていう銀河鉄道999!?OPの歌までタケカワユキヒデ風かよ(ーー;)主人公、面白いけど、協賛の女の人の「仮面ライダー電王」の発音がヘンだった(笑)自転車で木の上にいるシチュっていうのもすごいよねぇ。どんだけ運が悪いんだ。主人公

仮面ライダー電王 1話「俺、参上!」

 29話を境とした仮面ライダー響鬼という作品そのものが変わってしまったあの日から、レビューを書く事に苦痛を感じて「仮面ライダーのレビューは二度とやるまい」と誓ったあの日。あのとき。 カブトはそのため一切

仮面ライダー電王、放映開始

 いや~、新機軸だねぇ。つーか、響鬼も相当「ライダー」っぽく無かったけど、これもかなりライダーの枠組みから外れてますなぁ。世間的にはどうなんですか、こういう方向性。てりぃとしては「アリ」です。「大アリ」で

俺に前振りはねぇ - 電王 #001 俺、参上!

仮面ーライダー電王 2007/1/28 第1話 「俺、参上!」.初回なのでとりあえず感想. 息子「(JRの)スイカかい!」,娘「桃太郎みたい」,妻「戦隊モノだね」,オレ「デスノートか?!」 今回の仮面ライダーは初心に戻って子供を対象にした感じ.JR がスポンサーかと思いまし

仮面ライダー電王 第1話「俺、参上!」

仮面ライダー電王 第1話「俺、参上!」 実は3回見ました。初回はリアルタイムで友

今週のメビウス&電王「あぼ、あぼぼぼぼぼ」

あれは…(゚Д゚ )!? ウルトラマン…(´∀`) 80!(゚∀゚) 乙たちの…(´Д`) ウルトラマンだ!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 矢的先生… 矢的先生ーーーーっ!!!。・゚・(ノд`)・゚・。 そんなこんなで80(エイティー)客演の回。メビ:教え子さんが会いた

仮面ライダー電王第1話「あいさつははじめが肝心」

こうやって描いてみると、意外とかわいかったり。最初は電王だけポンチに描いてお茶を濁すべぇと思っていたのですが、気がついたらネタになってました(笑)。目玉の角度やツノの鋭さを変えると表情が出るので意外と使いやすいです。個人的には目玉よりもツ...

仮面ライダー電王 第1話「俺、参上」

ついに始まった新作仮面ライダー「仮面ライダー電王」でも、主題歌のノリがテンションを下げてしまう。なんなんだ、この主題歌のノリは。年々酷くなっていく・・・長年、特撮ヒーロー作品の主題歌シングルCDは欠かさず購入しているのですが、さすがに今回は見送ってしまい

仮面ライダー電王 「俺、参上!」

『言っとくが、俺は最初からクライマックスだぜっ!』

仮面ライダー電王 第1話

「俺、参上!」脚本:小林靖子監督:田竜太アクション監督:宮崎剛始まりました新番組。いーじゃん、いーじゃん、スゲーじゃん。 {/hiyoko_thunder/}オープニング。軽めなCGの電車に一抹の不安を感じつつ・・・。なんと新ライダーは憑依モノと来ましたか!最初は「敵が

電王#1

とりあえずl話ということで、全く期待していない中で見ました。が、予想を通り越した酷さで、「これ、何?」という酷さだけしか残っていない。(と言うことなので、BGMも選ばず、物語の筋にツッコミを入れる気力も失せてしまった。) まずは、これってコメディ作品なんです

『仮面ライダー電王』、第1話 「俺、参上!」の感想。

☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー電王』、第1話 「俺、参上!」の感想です!注目は、石丸謙二郎さんが何話目で「世界の車窓から・・。」という台詞でボケるかだっ(笑)!!

仮面ライダー電王第1話

 昨日,義母の誕生祝い用として,ケーキを市内のK成百貨店(伏せ字になってないなぁ)に買いに行ったとき,仮面ライダーカブトのロケ地の一つ(加賀美君の目の前で,坊ちゃまがワームになったときとかです。)として使われていた東水ビルが取り壊されているのが目に入りま

最弱主人公!でも優しさは最強だ!?

▼仮面ライダー電王    第1話 「俺、参上!」「最強ライダー」というテーマからスタートした前作カブトと打って変わり「最弱ライダー」なんて言われ始めの『仮面ライダー電王』スタート!不幸が茶飯事のとことんツイてない男・良太郎。彼が本作の主人公であり、初っ端

関俊彦さん目当てで。(仮面ライダー電王 第1話「俺、参上!」)

主人公はプリンセス・プリンセスDの亨か。亨はアニメの方が好きだったけど…。やっぱり関俊彦さんの声は格好良いな。第1話 俺、参上!運に見放されている少年・良太郎は割れたビール瓶を自転車のタイヤで踏んでしまい、パンクして言うことを聞かなくなった自転車で転んで...

仮面ライダー電王 『第1話』

#「俺、参上!」♪イイジャン! イイジャン! スゲージャン~!!!に笑った。今度のOP曲、軽っ!!!でも、毎年OPが始まると背中がゾクゾクするんだよね。←第1回目のみだって『仮面ライダー』好きなんだもん!!!つか、今回私にとっての重大問題が発...

【感想】仮面ライダー電王第1話

第1話「俺、参上!」さあ、元気出して(空元気)ストーリーに沿いながらがんがんツッコミしていきましょう!空から緑色の“何か”が降ってくる。なんでしょう。ワーム?(笑もう空から緑色のものが降ってくるのはこりごりです。これは全部、イマジンっ....

仮面ライダー電王 第1話 俺、参上!

とりあえず第1話見ました~。・・・また、佐橋さんが音楽なのね。むむ。でもってメインライターが小林さんなら見てもいいかも?つかモモタロス・・・結構・・・好きかも(笑)電王のデザインは私の好みじゃないですが「必殺!俺の必殺技!」と「俺!再び参上!」は妙にツボ

電王1話 俺、参上!

カブトが終わって新ライダーが始まった訳ですが大体の人がそうでしょうけど様子見な感じでとりあえず見てる、自分もそんな感じの一人です。今回もカブトに続き、白倉Pと言う事ですが相変わらず大半が以前に一緒にやっ

仮面ライダー電王 第1話 感想

いよいよ始まりました!新番組「仮面ライダー電王」。今週はボウケンジャーより先に感想UPしちゃいます。

仮面ライダー電王1

仮面ライダー電王 第1話 俺、参上!!今日からスタートなので感想を書こうと思う。最初からクライマックスだぜ!のイマジンとは違ってゆったりとね。毎週この時間に書くかどうかは分からないけど日曜日中に

仮面ライダー電王 第1話 「俺、参上!」

そんなわけで始まりましたブラジャー仮面 第1話!カブトの感想が途中で止まってるけど、もうそこら辺は気にしない方向で。電王の感想もいつまで続くは分かりませんが、カブトとは違って気が向いた時にだけ書くという方向で

第1話 俺、参上!

石丸謙二郎さんがデンライナーに乗っていると「世界の車窓から」(by富士通)とイメージがダブりますね。それと、砂の鬼(?)が居るって事は、仮面ライダー電王の目の部分が変身する時に割れるのは桃太郎をイメー

仮面ライダー電王 第1話 「俺、参上!」

■ 良太郎本編主人公。性格は弱気。得意技は「運が悪い事」と特別な存在「特異点」な事。よく不良に絡まれるらしくサイフを取られても戻ってくるように名前の書いたキーホルダーを付けている。そんなんだったらサイフ持ち歩かない方がいいんじゃないの?1000円だ

電王 第1話

へ?おもしろいやん、これ。 んと、まったく期待してなかったからとか、戦隊から列車

仮面ライダー電王 1

初回、なかなかよかったのではないでしょうか?ストーリーは1話だけではなんとも言えないですが、特に破綻なく全体的に好印象。1番何が好印象かと言うと、赤い鬼が敵じゃなく味方だったこと。赤い鬼は正義の味方じゃないとっ。響鬼ファン心の叫び(笑)主人公もなかなかか

仮面ライダー電王第1話

始まりましたね。率直な感想を一言で言うと…「なんだかアニメっぽい」でしょうか。。特撮技術も進歩したよな~と感心することしきりです。デンライナーが走ってるシーンとか、ひと昔前の特撮とはリアル感が全然違う。。技術の進歩はスゴイですね…などと、ちょっと「仮面..

仮面ライダー電王 第1話 「俺、参上!」

今週から始まった「仮面ライダー電王」装着変身 仮面ライダー電王 ソードフォームバンダイこのアイテムの詳細を見るなんか龍騎っぽいなって思ったのはきっとアタシだけじゃないはず。主人公がなんとなく頼りないところがあったり、あのブランク体みたいなフォーム(プラット

仮面ライダー電王 第1話 「俺、参上!」

脚本:小林靖子 監督:田竜太 アクション監督:宮崎剛スーツアクター 電王ソード/モモタロス 高岩成二 岡元次郎 押川善文 大岩永徳 斉藤英長 小島美穂 金田進一 伊藤教人 高橋玲 安田桃太郎 澤江晃史 佐野弥生 遂に始まった新ライダー。平成ライダーは何が起きてもおか

『仮面ライダー電王』第1話

CG丸出しなデンライナーが気になった第1話の感想です。

仮面ライダー電王#01 俺、参上!

「でんしゃや!」「バカや!」電車燃えのちびタロ(3歳6ヶ月)とおバカ燃えの私はのっけから画面に釘付けさ。時刻の列車・デンライナー。次の駅は、過去か、未来か。脚本:小林靖子監督:田崎竜太

仮面ライダー電王 #1 「俺、参上!」

『デスノート』なのか? コメディで最後まで行くのなら楽しめそうだ。 テレビ朝日公式/東映公式

電王・第1話 俺、参上!

先週のカブトの最終回の大きな感動の余韻が覚めやらぬ内に、電王ソーセージ買って、改札機を通りたくなる位の新たな感動。電車だけじゃなく、大好きな関俊彦までをももってくるとは…。テレビ朝日が、本当に自分の好みをよ

【ヒーロー】仮面ライダー電王 1

いきなりデンライナーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!成田エキスプレスみたいだな。主人公は良太郎。自転車に乗っていたら目にゴミが入って高台から木の上に着地。ありえねー主題歌はAAAか。さすがavex枠。その帰り、割れたビール瓶を踏んでパンク。怖いお兄さ

仮面ライダー電王スタート

かな~り遅れましたが、見ました。仮面ライダー電王。今回の仮面ライダーはゼンダマンなんですね。(また、今時の若者に分らんネタを……)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事