2017年 07月 24日
アルゴ船から復活した自称・伝説の救世主、鳳ツルギ。
やたらスケール感のある自分の伝説を語りだしますが、そんな歴史はキュウレンジャーの誰一人として知らない。
ツルギは、自分がコールドスリープしている300年の間にジャークマターが真の歴史を闇に葬ったのだろうと考える。
300年前の事を知っている人がいれば確認できたかもしれませんが…そう、たとえば…先日300歳になったという天秤座の機械生命体とか…。
偶然にも今回ツルギとは顔を合わせていないわけで…そうかぁ、この為の300歳設定だったのかな。

地球にはツルギに関する博物館があったコトが分かり、ラプターの基礎となったアンドロイドはツルギが開発したとも言う。ジャークマターの歴史教師はツルギの事を知っていて、大風呂敷を広げているだけかと思いきや、実しやかになっていく伝説。
そしてまた、ドン・アルマゲもツルギがかつて倒したはずだともいう。
では現在のドンさんは何なのか…と新たな疑問が。

伝説の救世主復活に伴い、もはやキュウレンジャーは不要であるとツルギ。
それに対して、本来は非戦闘員の秘書アンドロイドとシェフであるラプター283とスパーダが、キュータマに選ばれた自分たちの戦う姿を見せる事で納得させる。

戦いは戦える奴に任せておけというツルギの言い分も尤もであるけれど、本来非戦闘員である者が戦うという姿に“誰でも救世主になれる”というメッセージがあり、そこにこそ「戦隊」のテーマもある。
ツルギは一人で戦っていた救世主っぽいので、言ってみれば戦隊ではなくライダー的なヒーローなんですよね。
今回の意見対立は、個人ヒーローと戦隊ヒーローの対立であるとも言える。

そんな中で戦隊ヒーローの優位性を描くモノとして、個人ヒーローでは救えなかった宇宙が戦隊ヒーローによって救われる…という物語が紡がれるのかなぁと、現時点では推測されうる。

そしてエンディングはキュータマ音頭。
そうそう、これを待ってたんだよ。
戦隊はこういうのでいいンだよ(ぇ)。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ザイダベック URL at 2017-07-27 16:42 #- Edit
Title :
マーダッコさん、どうなったんでしょうかね?
歴史の闇にほうむりさられたのだしょうか?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2017-08-01 03:00 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ザイダベックさん
新たな幹部さんが出てきているので終わりなのかなーとは思いますが、東映は幾らでも命が蘇るので、ファンはマーダッコさんへのアピールを忘れてはいけないのだろうなと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-07-25 05:13
タイトル : 宇宙戦隊キュウレンジャー 第22話「伝説の救世主の正体」
宇宙戦隊キュウレンジャーの第22話を見ました。 第22話 伝説の救世主の正体 「アンタ、いったい何者なんだ!?」 「何でアルゴ船で眠ってたの?」 「アルゴ船にはどんな力があるんだ?」 「ねぇねぇ年はいくつ?」 「なんてこった、質問攻めだな。いいだろう、教えてやる。俺様が復活した、即ち俺様は伝説だ」 「どの質問にも答えてないぞ…?」 「俺様のことを知りたければ歴...
Tracked from blog mr at 2017-07-27 18:40
タイトル : キュウレンジャー「伝説の救世主の正体」
 鳳紹介編と思ったら、ちゃんとスパーダやラプターの方にもドラマがあって、充実したエピソード。  カジキの攻撃がホウオウに当たるっていうのを逆用した攻撃方法。いきなりホウオウに切りかかったのに、なんの説明もなしに意図を理解するホウオウ。ただのウザい兄ちゃんではない、と。  すると、俺の名前が知られてないのは歴史が修正されたからだ、というのがただの俺様発言ではなく、信ぴょう性が出てくるわけね。...