FC2ブログ

フレッシュプリキュア! #40「せつなとラブ お母さんが危ない!」


今週のラブとせつなの変身、左右分割モンタージュ画面でしたね…。
最近どこかで観た演出なんだけど、よく思い出せない…。
■ミラーワールドは時間制限があるので注意されたし

今週のOPはパッションさんVer。
あの脅威の力をテレビで見せてしまうのではとドキドキしていましたが、美味しい所は映さない配慮が感じられました。ふぅー。
みんなも映画館でパッションさんの強さにゾクゾクしようぜ!

プリキュアと言えば販促。販促と言えばプリキュア(え)。
今日も元気にアクセ玩具を売りまくる…と思いきや、実際にアクセサリーを作っているのはあゆみお母さんでした。
どうも今期のプリキュアさんはコッチ系の販促に力を注ぎたがらない。入院中のチビッコに販促させたり、アパレルショップの棚の上に飾ったり、もう触れる事すらNG扱い。
夏木さんは偉大。でも同じ道は歩きたくない…。そういうコトか…(おい)。

インフィニティを奪わんと画策するノーザさん。
レーダーに頼らなくとも、大概の場合、桃園家においでなすってるコトは調査済みです。
だったらソレワターセを桃園家に潜入させてしまえばイイじゃない。ひゃー、怖い。
もう恐怖演出が容赦なさすぎて笑っちゃう(え)。

そんな潜入工作に気付いたせつなさん。
夜中襲ってきたところをバタバタしていたらラブさんに見つかってしまいました。
どう見ても母親を突き飛ばす反抗期の娘にしか見えません。
その上、「あなたはお母さんなんかじゃない!」だなんて暴言。

ひどい!お母さんはせつなの事を本当の娘のように思っていたのに…そんなひどい事を!
やっぱりせつなはイースだったんだ…。町をジュースの海にしたり、子どもを突き飛ばして悦に入る、あのイースさんでしかなかったのです。
ヤッタ、ボクらのイースさんが帰ってきたよ!(え)

またこの偽お母さんの悪党っぷりが堪らんですよ。先に「本当の娘のように思っている」という本物お母さんの言及があるだけに「お母さんなんかじゃない!」は強い勘違いを引き起こしてさもありなん。これは上手い展開だなぁ、うん。

せつなさんは本物のあゆみオバサマを探す為に捜査開始。
記憶の糸を辿って喫茶店のトイレにある鏡の中でオバサマを見つけ出します。
てゆか、せっさん鏡の中にまでいけるのかよ。
ディケイドとイイ勝負だな…ホント。


■せつなは辿り着いたのかもしれない…桃園家という桃源郷に…

今回のお話は管理国家ラビリンスで生まれ、ずっと孤独の中にいたイースさんが母親を手に入れるお話。

これまでせつなにとっての桃園あゆみとゆー存在は「あゆみオバサマ」というあくまで擬似母親でしかなかったんですけど、最後に「お母さん」と呼ぶに至る瞬間、遂に本当の母親を手に入れるコトが出来たとゆーワケですね。
それは偽物お母さんから本物お母さんを取り戻すという、今回のお話自体が如実にテーマを表していたりもしたのです。ほう。

「フレッシュ」はシフォンとプリキュアさんとの関係で擬似親子の絆を構築する描写が見受けられて来ましたが、せつなさんだけはシフォンとそういった関係性を築いてはいないんですよね。それはせつながラブ達のような母親サイドのキャラクターではなく、シフォンと同じ子どもサイドのキャラクターだから。
ラブ⇔シフォンという親子関係の構図と同様に、ラブ⇔せつな、あゆみ⇔せつなと、常にせつなは子ども側の位置に属する。

幸せを知らなかった、家族を知らなかった子どもが、幸せや家族やその他諸々を手に入れる物語。それが東せつなの物語なのです。

触手チケットしかくれなかったメビウス様に比べると、ブレスレットをくれたあゆみオバサマの優しさが身に染みる…。


■よもやこんなに母親絡みのお話が多いシリーズになるとは…

せつなさん大活躍の一編。
ラストエピソード(?)としてコレで余す事無く出し尽くした…んじゃあないでしょうか。
「お母さん」と呼ぶイベントは当然予期されていたコトだっただけに、「ついに来たか」という印象。
若干、感動よりも恐怖の方が前面に出るお話だった気もしますが、それでもとても面白かったです。

ま、美希ブキは今週もアレでしたけどね…あははは…。

しかし次回は久しぶりのブッキー回です。
大輔と違って殆どフラグを立てていない御子柴と何かするコトあるのかしら…乞うご期待。

フレッシュプリキュア 各話レビュー
関連記事

コメント

お母さんと呼ぶイベント

確かにいつかある・・・そして、今回の話がそうなるということも薄々感じてましたが、やっぱり良いものです。
もし、せつなが「キュア」パッションという名でなければ、これが悲劇フラグでもあったハッピーエンドだと、満と薫を見てきただけにそう思ってしまうのは悪い癖です。
ゆえに残念でもあるんですがね。最終決戦に向けて、メビウス様の揺さぶりとかあるかも?と思っていましたが、もうそういうことにもなりそうもないですし。
さて、来週はようやくブッキーメインですね。確かに御子柴となんかあったっけ?と書いてる人もしますし・・・(汗)

親父にもぶたれた事無いのに!

せつなが偽あゆみを殴った時、どうしてもこの台詞を思い浮かべてしまいます。
普通なら美希や祈里からも信じられなくなりそうな話ですが、シンケン14話の「偽者本物大取者」のような本人の偽者じゃないから最悪の事態は免れています。しかしそんな技術があるなら26話のあの出来の悪い存在はなんだと思いました。
今回の話を見てせつなには本当の両親がいて20年位前の戦隊みたくせつなが敵組織にさらわれた子供だったら・・・と思ってしまいましたが話数的に難しいのでしょうな。
噂では次回が最後の日常回だと言われています。にしても次回の事件は社会問題になりそうな気がしなくも無いです。
最後にシフォンがまたインフィニティー化しましたね。それもソレワターセが正体を現したのと同時に・・・。このまま長引けば文字通りシフォンは戦いの中で悪魔に目覚めてしまいそうです。

「お母さん、おじ様」

うう・・・日曜の朝から涙腺が・・・目から汗がぁぁぁぁああ
せっちゃん好きにはたまらん話でした・・・
ホラー回かとおもいきや超温かい話でほっこりしました!ホントに今年は7:30から質が高い・・・!
終わりもちかいですのう・・・

◆コメントありがとうございます!◆

>nationwiseさん
たしかに、これがイースのままであったら年をまたがずに死んでしまう算段高かったですね。よかったなぁ、先に一回死んでおいて(え)。
あとは最終決戦の最中に「わたし、この戦いが終わったらお母さんと(ry」とか言い出さなかったらOK。

次回、なぜブッキーラスト回に御子柴なんでしょう…。むしろその前に美希たんが好きな沢クンの方を処理してあげるべきだと思うんですが…。


>Voicetersさん
美希たんやブッキーはまがりなりにもプリキュアですから、そう易々と偽物に取って代わられるなんて事態は考慮しなくてよいのでしょう。まぁ、美希たんはともかくブッキーはちょっと怪しいかもですが(え)。
あ、でもブッキーの場合は偽物になってもオリジナルが持久力しか脳の無い子なだけに、たいした問題にはならなそうだ。よかった。


>codackさん
個人的には意外と冷静な気持ちで観てしまったのが悔やまれます。
もっとガッツリ家族エピソードだったらイケたような気もするんですが、思い返すとホラー話としての記憶ばかり残っているんですよねぇ…。

「ありがとう…お母さん」

最後の一幕で涙ボドボドポロポロでございました…
せっちゃんがクローバータウンストリートに迎えられたあの日の回想と重ねて、今日の伊藤睦美さんの脚本に拍手を送りたいです。

最後に…ソレワターセのガイアメモリー…「ありそうで怖い」です(笑)

ただしmksb、てめーはダメだ!

どうも、せっかく温かくなった心が次回予告で丸潰れな小生です。
おのれmksb、この悪魔め!
さて、せつなが本当の意味で桃園家の一員になった今日の話。
30分前の番組の家族が腹黒姉妹だったり、妻からDV受ける尻婿なのとはむっちゃ対照的です。…もしかして、三条さんフレッシュの制作サイドとも繋がりあったりとか?

しかし、「お母さん」とせつなが呼ぶシーンは本当に泣けます。
帰る場所と、そこで待っていてくれる人たち。その大切さ。血の繋がりでは測りきれない、親と子の絆の意味の重さ。

まったく、フレッシュはドラマチックすぎる!

最後に。ノーザさん、その年齢であゆみさんをお母さんと呼ぶのは無理かと…。
おや、誰かきたy(y

建人より御子柴の方が分かりやすいと思う

せつなの対人描写としては26話、33話、そして今回で一応の閉めなんでしょうかね。
ただ今後どうしてもラビリンスとの対立は避けられないからこれで見せ場終わりってのはなさそうですけどね。
フレッシュのテーマは「幸せ」だと思うんですが、幸せのプリキュアを名乗っているだけはあります。

まぁ予告が一番衝撃でしたけどね。
御子柴…嫌いではないんですが出番少なすぎな彼がサブタイ貰えるとは。
ウエスターさんとかあれだけ出てて1回もないのになぁw

やべぇ、8時55分頃に目から塩水が……

 どうも、D・Wです。

 今日の話は感動しました。こんなに感動したのは28話以来じゃないだろうか。
 ……友人が、28話と今日の話を寝過ごして見てないというとんでもない愚を犯してますが。
 私は日曜朝はスーパー戦隊シリーズからぶっ続けで見ているのですが、今週は三作品とも家族がらみの話でした。
 年を取ると涙腺が緩むのか、マジで感動してしまった……(まだ未成年だろ)

 でも、次回予告で思いっきりぶち壊しになったと思うのは、たぶん私だけじゃないと思うんだ……眼鏡、空気読め……

せつなの「お母さん」の台詞で泣きそうになりました(ノ∀`)

 戦闘に入るまでミステリアスとサスペンスの雰囲気が漂う展開でした。ラブも一方的に
せつなを責めるのではなく「あんなことを言わない」という疑惑から自身の解決に至る
までの工程が描かれていたのは良かったです。今回もアカルンのチート並の能力が活躍。
「鏡の世界=二次元世界までも侵略(苦笑)できるのか!?」と。
ソレワターセも木々を取り込むものの、38話同様に素体(核)のままの戦闘だったのは、
さすがに巨大化・変色あゆみサンのままではNGが入ったからでしょうね。残念(をい)。

来週は、一部の視聴者に大人気の祈里さんメインの話だそうですが、ファンの方々からは
鬼気迫るほどの殺意が溢れてイマス。
ナンデダロウネー?(棒読み)

りんちゃんの悪口を言うなー

 せつなが子供ポジションだっていう解釈には膝を叩きました。

 巨大お母さんが見られなかったのは返す返すも残念。誰も、地球をあげます、とか聞かれてないもんなぁ。え、メフィラス星人出てませんでしたっけ。

ソレワターセ万能過ぎ

てっきりノーザさんが変身して「お前のようなでかい (自粛)がいるか!」でばれると思っていたんですが、ソレワターセが変身するとは、しかもちゃんと会話していたし、報告までしていたし。
なかなか恐るべき能力です

「本当です!信じてください!!」

よかった…北斗隊員みたいな完全孤立パターンじゃなくて(え)。
自分は精神的に攻められる戦法が苦手でありまして(見てて自分まで辛くなったり…)、前半は非常にドキドキしてました。
まあ一番怖かったのはニセあゆみさんの「あの」表情だったわけですが。あれ、お子様にはトラウマモノだったんじゃないでしょうか?自分は軽くトラウマになりました(おい)。

ラストシーンにはホロリときてしまいました。ベタながらも、ああいうシーンは見てて心温まるものがありますね。

次回は御子柴がブッキーを船上パーティに誘う話だそうで。特訓に鉄球一つ用意できなかった彼が誘うパーティとやらは一体どんな感じなんでしょうねえ?(ちょ)

プリキュア版『悪魔と天使の間に…』は、ちょっと薄味?

せつな「信じてラブ、あのおば様はラビリンスなのよ!」
ラブ 「…私には、せつなの方がラビリンスに見えるよ」

親子話とかホラーはあれど、肝心の『せつなとラブ』最終章としては、誤解による「ふたりの溝」と、それを超える「家族の絆」が生まれるって部分が弱かったので、見終わってからあれ?っという感じだったのです。
プリキュアって、すれ違いから互いの距離が離れて、そこから更に強い絆を育む話にグッとくるじゃないですか? フレッシュ組は仲良し過ぎてその辺期待薄だったので、今回それが来るか!とワクワクしていたのですが…なぎさや咲に比べると、ラブはいい子過ぎるんですかね?

酷い事を言ってしまったせつなに対し、泣きながら「ごめんなさい」を連呼するラブ。せつなは、「ラブやおば様には、返しきれない恩がある」と笑顔で許す。それに対しラブが「恩とかじゃないよ。私たちは家族でしょ!」…といった所で盛り上げてほしかったんです。
で、その後に「ありがとう、お母さん」で締めれば、視聴者ボロ泣きですよ。
…などと、たまには真面目な意見も書いてみました。面白かったですよ。さすが11月。


ラブ 「じゃあ、今から私がせつなのお姉ちゃんね。私は旧1号ライダーの人形、せつなには新2号ライダーの人形をあげる!」
せつな「まあ、赤い方を私にくれるのね。嬉しい!」
世間知らずの天然ボケには、いじめも通じないのだ!

◆コメントありがとうございます!◆

>ヘリケルザムさん
最後にイイハナシで終わっているだけに浄化されたような気持ちになりますが、どうしても前半のホラー展開が脳内を離れません…。
イイ話に酔いたいと思いつつ、ケケケと笑うお母さんの姿が…。
演出が本気すぎる!


>弁慶さん
落ち着きたまえ。まだブッキーがどうなると決まったワケではなかろう。
今分かっているのは、御子柴がブッキーを船上パーティに呼んだという事実だけだ。そこにどんな意図があるのか…勘ぐって先走りしてはいけない。
もしかしたら御子柴に化けたドーパントの罠かもしれないじゃないか!(え)


>oimoさん
フレプリ全体のテーマはせつなに集約される部分が大きいですからね。最終的にせつなが幸せを掴むコトこそがラビリンスの牙城を崩すモデルケースとなるのですから。
これで最終決戦で空気だったら泣くわ(え)。
敵さんはサブタイに名前出ると死ぬという法則がありますから、むしろウエスターさんの名前が出たらヤバイ気が…。


>D・Wさん
みんな来週の話に反応しすぎ。どんだけブッ教徒多いのかと。
ブッキーが金に目が眩んで貞操の危機だなんて、そのぐらいの話で動揺しちゃイカンよ(え)。
そもそもブッキーはああ見えt おや、こんな時間に誰d


>ラビリタミンさん
個人的にはラブとせつなのすれ違いはもっとギクシャクしろ!とか思ってました。ごめんなさい。
あゆみソレワターセだとピーチ達が戦い辛い罠があるわけですよねぇ…でも新規でスーツを作らなくて済むから、予算的には助かるんじゃあないかなぁ…。
来週は何故か期待感が募らない…いえ、今更御子柴との話でブッキーラストエピソードとかどうなの?とか思って。


>makirayさん
りんちゃんの悪口なんて言ってない!みんな尊敬してるんですよ!販促の為に自分の夢をひん曲げるだなんて、誰にでもできる事じゃない!!(うわ)
メフィラスさんは出ていませんでしたが、30分前にはメトロンさんが出てましたね。え、違う?


>kenさん
いつになく知能派なソレワタさんでしたね。
てか、あんな作戦が出来るって事はもっとエゲツないコトも全然やれちゃうわけですね。
バカチカラだけの敵さんだから何とかなっていたのに、ちょっと賢くなるだなんて…アカンえ。


>銀河水晶さん
お子様向けだからこそトラウマ刷り込ませたろうかという意思が感じられるような演出でしたね。フツーに大人が見ても怖い…。
「お母さん」呼びイベントは予期されていた事でしたが、最終回辺りと思っていただけにちょっとタイミング的にはヤラれました。お父さんだけ置いてけぼりなのが可哀想だ…。


>オニギリさん
せつとラブの話として見ちゃダメなんですよ。ラブの要素少なかったし、あくまでイースから転生して家族を得てきたせつなさんの物語として見るお話だったのではと思います。サブタイも別に「ラブ」は付けなくても好かったとすら思うんですよ。
しかしま、個人的ももうちょっとホラー抜きのイイ話だったら涙腺アレだったんだろうなぁーとは思いますね。そりゃまあ泣けるからイイとかそういう問題でもないでしょうが。

グランドフィナーレ危うし!?

おひさです。今回のストーリーは少しゾッとしたが最後は感動的でよかったのですが、最後の必殺技はこのままだと見破れるのも時間の問題かも。私だったらクローバーボックスのジュエルを変えるかまたは今までのパターンを変えて「マックスフィナーレ(仮)」にしないと総統メビウスに勝たないと思います。
P・S フレッシュプリキュアの脚本を小林靖子さんや演出をドラマでの演出を手がけた田村直己さん(テレビ朝日)を加えればさらに面白くなると思いますがいかがでしょうか? あとキャラクターショーでの「ラッキークローバーグランドフィナーレ」もみたいですね。もちろんノーザとソレワターセも。

そういえば・・・

そういえば春日野うららのお母さんはうららが小さい頃に病気で亡くなったんですよね・・・
かわいそうなうらら・・・

 お父さんは、やっぱり「おじさま」のままなんでしょうか・・・。

 今回の偽ママ、本物同様の知識を得なかったのが敗因ですねー。まあ、あれでさらに本物っぽくなったらさらにこわいですが^^;
(あれこれ仮面ライダーカブトの連中?)

しかし、生きててよかった、お母さん。
どこぞの世界のワームだったらトイレの中で惨殺された(ry
ノーザさんにも仏ごころがあったのかな?

あゆみさんがソレワターセドーパントに…

今回はせつなが名実ともに桃園家の一員になった瞬間を描いたわけで、あゆみさんに抱きしめられたシーンにウルッとしましたよ。

ところで今回のイラストを見ると、ソレワターセのガイアメモリを誰から買ったのかすごく気になります。
おそらく(中の人が)プリキュア好きな霧彦さんが四つ葉町にやってきて、あゆみさんにガイアメモリを売ったのではないでしょうか?

特別待遇・・・

 今回のお話はとっても心温まるお話で、元愛天使さんの黒演技もベテランの域に達していましたし、ストーリーとしてのクオリティの高さはかなりの物だったのではないでしょうか。
 内容についてのコメントはほぼ出尽くした感があるので、細かいところでツッコミを一つ・・・

 今回はっきりと確認しましたが、
(前回の沖縄のお話でもちらっと見えてましたが。)
 せっちゃんのリンクルンには専用のストラップが・・・ 他の3人はクローバーキーがストラップ代わりに付いているというのに・・・
 正直・・・ 商品化して欲しいです。私買いますよ。買ってパッションさん仕様にしたリンクルンに装着します。
 せっちゃん。イタイ子時代は不遇だったので、その分プリキュアさんになってからは優遇されてますね。せっちゃんファンの私としてはとっても嬉しいです。

あなたは何か勘違いをしていらっしゃるようだ

 どうも、つい最近TSUTAYAでプリキュアの劇場版のDVDをレンタルしたら、店員から冷たい目で見られたD・Wです……
 いや、ちゃんと理由はあるんですよ……〝轟轟戦隊ボウケンジャー〟のラスト3巻を借りようとしたら、「今、五本レンタルで1本200円になるサービスを実施しています」とか言われて、急いでもう2本借りようとしたけど、目ぼしいのがなくて……
 はい、言い訳はしません。ただ単に見たかっただけです、ごめんなさい……

 閑話休題。

>みんな来週の話に反応しすぎ。どんだけブッ教徒多いのかと

 残念ながら、私はブッ教徒ではありません。
 赤派です。強いて宗教で表すなら、東方正教です。
 あの眼鏡に怒りを覚えた理由は、次回予告をあんな風にしたことに対する釈然としない何かです。
 あと、37話の「僕はパインさん……いや、パッションさんもいいなぁ」とかいうセリフです。あれ聞いたときに、私の眉間にきっちり縦じわが刻み込まれましたね。

◆コメントありがとうございます!◆

>Fのオーラさん
メビウスに勝てるのはマックスだけ…。とりあえずネクサスフィナーレだと何か色々とヤバイことが起きそうなのでやめておこう。きっとマックスフィナーレなら分身・巨大化で一網打尽なんですね!
でも劇場版ではモブキャラ扱い…くそぅ…無駄にチートなのが裏目に出た。


>sasaさん
でも、優しいお父さんとおじいちゃんがいるから寂しくありません!
…と言いつつお母さんのカレーを作ろうと頑張るレモンさんにキュンと来たのは秘密です(え)。


>サンザイオー結城さん
でも普通にお料理とか出来るんですよね。これまでの怪人さんに比べるとレベルが違う…。
それともノーザさんが通信の傍らで調理を教えてあげたんでしょうか…嫁スキル高いな、ノーザさん。
結婚出来ないのはラビリンスの男たちに踏まれたい属性が少ないからかしら。


>オゴポゴさん
きっとあれは殺せなかったと解釈するべきなのです。
鏡に映ったソレワターセなだけに、オリジナルが消えるとコピーも消えてしまうんですよ。だから活かさず殺さず、トイレの中に閉まって置いたってコトなんですしょうね。
「ドラえもん」で影とのび太が入れ替わる話でも、入れ替わるだけでどっちかが消えたりはしないもんなぁー(え)。

>naitou-souさん
「いいかい? ボクはこよなくこの四ツ葉町を愛しているんだ」
四ツ葉町を愛する尻彦さんは、四ツ葉町を風都の如くステキな町にする為、出張営業をなさっていたんですね。
でも主婦のへそくりで買えてしまうのは問題があるなぁ。


>タカくんさん
ゴーオンジャーでも劇中ストラップが商品化されていたことを考えると、バンダイさんはまだまだ頑張れる余地がありそうですね(え)。
でも、せっちゃんはイタイ時代の方が輝いていた…これは宇宙の真理だと思うの!
もうあのビョーキ少女がいないと思うと切ない気持ちが胸に溢れる…。


>D・Wさん
どうやらお気づきではないようですね…。
たとえ自分自身の認識においてはそんな意識が無かったとしても、あの予告を見て「おのれ御子柴…」と思ってしまった人、それはもうブッ教徒なのです。
己の魂を偽ってはいけない。さあ、いますぐ預金通帳を教祖の元へ持っていきなさい。
非公開コメント

トラックバック

フレッシュプリキュア!/感想/第40話「せつなとラブ お母さんが危ない!」

 「お母さん」(東せつな)  フレッシュプリキュア!第40話「せつなとラブ お母さんが危ない!」の感想です。

今週のフレッシュプリキュア!#40

もう40回かぁ~~~ まぁ、次回作のタイトルとか出ている昨今・・・寂しさもありますが、だからといって2年連続だとそれもどうかと思いますし・・・。 予告から南さんのターンかと思いきや、北さんでしたか。 来週のWがホラーテイストに先駆けてのホラーテ

フレッシュプリキュア 第40話

「せつなとラブ お母さんが危ない!」 脚本:伊藤睦美 演出:座古明史、黒田成美 作画:伊藤智子 美術:飯島由樹子 「せっちゃん、ラブ、お母さんこそ、ありがとう」 フレッシュプリキュア! ハートリンクメーカーバンダイこのアイテムの詳細を見る お母さんと夕飯の買

フレッシュプリキュア! #40

ついにノーザがインフィニティを求めて動き出しました。そんなノーザの狙いは、なんとラブとせつなのお母さん、あゆみさんだったのでした!桃園家にいきなり転がり込んできたせつなで...

フレッシュプリキュア! 第40話「せつなとラブ お母さんが危ない...

フレッシュプリキュア!の第40話を見ました。第40話 せつなとラブ お母さんが危ない!夕食のお買い物の帰りに入ったカフェのトイレでノーザの手にかかり、あゆみは鏡の世界に閉じ込められ、ラブとせつなの前にソレワターセの実によって作り出された偽者が現われる。イン...

フレッシュプリキュア! 第40話 「せつなとラブ お母さんが危ない!」

OPの映画宣伝も一段落したようで。これ以上は、 「見せられないよ!」 映画か…まだまだ、もっと空いてから。 今週は熟女対決。    桃園あゆみVS北さん。 イカさないなぁ、ノーザさん。同じ熟女なのに。 北さん:「なんですってッ!!」    桃園母のコピーをソ

フレッシュプリキュア! 第40話 『せつなとラブ お母さんが危ない!』

やっべ、今週のプリキュアさんはすっげぇ面白いでやんの。 もう定期レビュー辞めるつもりだったのに、もうちょっとだけ続けたくなっちゃったじゃないか(え) 『なさぬ仲であろうとも・・』 ラビリンスに生まれイースさんとしてどす黒く育て上げられた東せつなさん。最...

【フレッシュプリキュア】 第40話  ~ せつなとラブ お母さんが危ない! ~

鏡がキーになるのはHPでわかっていましたがどんなかんじで話が進むのか疑問でした。 ラブの母親がトイレにいるとノーザがやってきて鏡にソ...

フレッシュプリキュア! 第40話「せつなとラブ お母さんが危ない!」

【今日の販売開始】 TEUCHIの愛称でお馴染みの「SplashStar」チームによるライブチケットが、本日から発売開始。 “Magical☆Voice☆Party -silent&noisy night-”  日時:12月10日(木) 開場18:00/開演19:00  出演:榎本温子、樹元オリエ、五條真由美、うちやえ

フレッシュプリキュア! 第40話「せつなとラブ お母さんが危ない!」

せつな回&神回でした!! ミニスカせつなかわええ(≧▽≦) フレプリはほんとおしゃれに気を配ってくれてうれしい。 ラブとせつなはもう完全にツーカーですね~ ラブママン、あゆみさんも負けじとおしゃれ♪ あゆみママン乙女ですо(ж>▽<)y ☆ 氷上

日曜日色々感想

最近色々とごたごたしてるので頑張らないとなぁ・仮面ライダーW 10話今回は色々と要素が多くて面白かった犯人についてはそっちかって感じだったけどねしかしやっぱWのことは冴子の独断でお父様にばれる前に何とかしたいんだろうなテラードーパントの恐怖感は出てて良...

フレッシュプリキュア!#40

あゆみと親子になれたせつなついにノーザが動き出したよー頼りないから???狙いは、な…なんとあゆみのママンシフォンを狙ってる偽あゆみさっすがせつな本物のあゆみ探しだーーーーー鏡の中に閉じこめられていたあゆみママン偽あゆみがソレワターセとしての本性を現した...

フレプリ40話感想&考察

オイッス!で、もいっちょオイーッス!! さかいですよ!! 来ましたよ! フレプリ40話「せつなとラブ お母さんがあぶない!」の 感想で...

フレッシュプリキュア! 第40話せつなとラブ お母さんが危ない!

(プリキュアシリーズ通算 282話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/200911/article_19.html 注意事...

フレッシュプリキュア!(第40話)

怖ぇええーっ。 なんで夏にやらないんすかっ! っていう感じでした。 と思ったら、いつものテンプレートに従って、早々にばらしましたね。 探偵せつな、かっこいいです。 お母さんではないからこそ、というところを非常にうまく使った物語だったと思います。 お母さんと...

フレッシュプリキュア! 第40話

今回はソレワターセがラブの母親と入れ替わる話。 ノーザもサウラー並みかそれ以上にえげつない方法を使ってきますねぇ。 もっとも入れ替わり自体は結構杜撰な感じもありましたけど、締めには思わず涙でした。 せつなもすっかり桃園家に馴染んで、ラブ母もせつなを本...

フレッシュプリキュア!感想:第40話「せつなとラブ お母さんが危ない!」

お手洗いから帰ってきた叔母様の様子がおかしい・・・・・。怖さと感動が同居してましたねー。面白かったです。ラブ母こと、あゆみに化けた...

◎フレッシュプリキュア!第40話「せつなと...

ノーザおばさまが、悪巧み。ラブのお母さんは、ラブとセツナにブレスレットをつくる。そして、ラブにセッチャンのことをきく。今は、私がお母さんだもんねというのをセッチャンがき...

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事