2018年 04月 24日
コレクションを奪う前にパトレンにギャングラー怪人のブレッツを爆散されてしまい、意気消沈の一同。これでもう願いは叶わないのかと。
この意気消沈ぶりからすると、コレクションを全て集めないと願いは叶えて貰えないらしいです。コレクションの総数も分からないのに…どうしても叶えたい願いとはいえ、かなりアンフェアな契約に手を出してしまったもんだ。

ところが、怪人はやられたら巨大化する法則が適用されていないからまだ生きているのではと、一種メタ的な推察によって再び怪人を追う。たまにはそういう日もあるのかなと温い事は思わず、スポンサーの意向の強さをしっかり汲み取るヒーローの鑑。

かたや魁利は全ての元凶たる氷の怪人ザミーゴを探す。
復讐か、あるいは失われた人を取り戻す手を探る為か。
いづれにせよ過去への呪縛はより強固になる。

ブレッツを追うルートとザミーゴを追うルート、どちらも警察からの情報によって道を開く。快盗を救えるのは警察なのではという風にまた見える。
また、ルパレンは約束が果たされなくても仲間が別のやり方でフォローするという話で、助け合いの精神を若干取り入れて来ているようにも見える。このまま王道的戦隊像に寄っていくのかしら。


打って変わって撮影所編。
パトレンジャーは広報の為に映画に出演することに。
前々回からの3話中澤組なので、撮りやすい撮影所編が入るのだなと思ったり。

撮影所編らしく、ひたすらドタバタと悪ふざけする回ですが、メインは咲也。
ただひとり映画に乗り気なのは先輩二人の格好いい所を世間に知ってほしいからだという。なおモテたいからという気持ちもそこそこある。

モテたいとか、性別逆転してもあっさりと受け入れてたりだとか、過去への執着が無く「今」を楽しむという姿が最も分かり易いのが咲也なのだなぁ。

スーパー戦隊 各話レビュー
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 24日
パンドラタワーに乗り込んだ3人。
万丈はローグから、恋人が死んだのは万丈の能力を覚醒させるためにスタークが計略したことだと教えられる。ホンマ、だいたい全部、劇場版以外、アイツのせい。悪いでぇ。

恋人も戦兎も、大切な人間を誰も守れないのだとスタークから煽られる。目の前で大切なモノが破壊されそうになる中、万丈はパンドラボックスの力を経てクローズマグマへ変わる。
破壊ではなく、今まで積み重ねてきたモノを守る為に覚醒する。

パンドラボックスを回収するや、万丈が地球人ではないのではという調査結果を聞かされる。
火星から帰還した探査船から火星人の遺伝子を埋め込まれたのではないかと考えられるとのこと。
あっさりと結果を万丈に伝える戦兎。ここ、アバンの寸劇が前振りになっている笑いで、またひとつアバンのあらすじ紹介の使い方がレベルアップしています。

自分が普通の人間でないと知って困惑の万丈。いつも通りの戦兎。
火星の力を持ち、破壊者となる運命だという万丈とスタークは似ている…と。
戦兎と幻徳、万丈とスタークが似た者同士の対になっているというコトですね。

どのような出生であっても、自分の信じた愛と平和の仮面ライダーで居続けると万丈。劇場版の話が効いてくる。
これまで信じてきた自分の存在が瓦解するも、積み重ねてきたモノを信じて守る。同様の状況に置かれた際、戦兎が今までそうして来たように、万丈もまた自分の理想のヒーロー像を守り抜く。
破壊されてもBuildする。万丈がもう完全に戦兎と同等、居並ぶヒーローになっている。

マグマは破壊にも創造にもなるモチーフなので、万丈の両面性を表しているのでしょうね。今後、それが破壊の方に向かうのかもという疑念を残しつつ。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ビルド
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 22日
2018年 04月 21日
本日分放送は「ぶんぶくドラ釜」「一生に一度は百点を…」でした。

「ぶんぶく~」は、タイムマシンの修理中による事故で過去へやって来たドラえもんが、ぶんぶく茶釜のタヌキとなるお話。
過去へ飛ばされたドラえもんは古い茶釜にすっぽりはまってしまい、糸の上を歩けるようになる“クモノイトン”以外の道具が使えなくなってしまう。またあまりにマイナーな道具縛り。
クモノイトンによる大道芸でお金を稼ぐドラえもんはさながら「ぶんぶく茶釜」のタヌキのよう。あの有名なおとぎ話に描かれていたタヌキはドラえもんだったのだというお話。
オリジナルエピソードなのですが、ファンタジー的な原典をSF的解釈で再構築するというのはF漫画の常套手段で、これもそこにしっかり則している。
一個だけ言うとしたら、原典の「ぶんぶく茶釜」のストーリーを話の中で紹介してくれてもいいかなーというコトでしょうか。漠然とタヌキが茶釜になるというコトだけ覚えているけど、物語の流れが記憶に無くて…いや、これはボク個人の知識の問題でもあるが。

「一生に~」は、どんな問題も鉛筆が回答を勝手に書いてくれる“コンピューターペンシル”のお話。
誰もが一本は欲しいコンピューターペンシル。宿題に苦闘するのび太に手っ取り早くそれを渡すドラえもん。しかし、それをテストに使うのはカンニングと同じだぞ!と怒り心頭。
そもそも何故宿題にはOKだったのかという、その基準がどうしても気になります。ドラえもんの倫理観は難しいのだ…。
のび太は葛藤の中でコンピューターペンシルは使わない決断をする。この原作、てんコミ1巻に収録されているというコトは、先生的にも大事な話として位置づけられているのかもしれないなぁ(話選びの段階で2巻目が出るという保証もなかろうし)。
ドラえもんの謎倫理観はともかくとして、のび太を立派な大人にするという本来の目的に珍しく沿ったお話だけに(ぇ)、優先的に収録されていたとしても納得なのであると。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 18日
去る4月15日レインボーフレーバー18、お越し頂いた皆様ありがとうございました。
軽く体調不良でしたが、ひとまず無事帰還となりました。

新刊につきましては以下委託ショップ等でもお取り扱い頂いております。
当日行けなかった、買い逃しなどはそちらでどうぞ。






『真・南海大決戦』 - とらのあな



メロンブックス
『真・南海大決戦』 - メロンブックス


■BOOTH
BOOTHでは自家通販もやっております。


『真・南海』通信販売受付所 - BOOTH



■電子書籍 追記

Melonbooks DL
メロンブックスDL



DLsite



DMM
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 17日
2018年 04月 13日
本日放送は「動物変身ビスケット」「進化退化光線銃」でした。

「動物~」はその名の通り、食べるとそのカタチの動物に変身するビスケット。
お客さんにビスケットを食べさせてしまい、ママにばれないように何とかごまかそうと画策するのび太達。
動物になってその能力でどうこうする…ではなく、ママに怒られないように乗り切ろうというお茶の間スケールのみで展開する。
凄い道具を小さいスケールで使うというのは、とてもドラえもんらしい。動物に変身するアイテムは他にもあるけど、動物ビスケットという実在するお菓子モチーフなだけに、お茶の間スケールで繰り広げられるスラップスティックコメディとの統合性が取りやすくて、アイテムと話のスケール感が合っている。

「進化退化~」は、光線を当てるとモノや動物を進化・退化させた姿に変えることが出来る。
原作では光線銃ではなく放射線源でした。カタチはドライヤーだったけど。
ラジカセをMP3プレイヤーに進化させたり、ネズミを古代爬虫類にまで退化させたりと出来る。
原作で登場する腕時計型プレイヤー、原作読んだ際は未来感ありましたが、今となるとスマートウォッチでしかないだけに未来感が失われてしまったのではと危惧されましたが、3Dホログラムを付ける事で原作にはない未来感を付与させることが出来ました。よかった。なにせ40年以上前の原作だ…。
狙いなのかどうか分かりませんが、人がお猿になる話が連続している。
Aパートから変わって、こちらはより科学考証が明確でSFらしいお話。ネズミのご先祖はこういう生き物なのかと古代へのロマンと、学術的興味が掻き立てられるのが楽しいです。まぁ、単純に恐竜的な生き物が出るだけで楽しいという気持ちだったりもする。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 10日






てな感じです。

4/15(日)大田区産業プラザPiO、 F-22 『真・南海大決戦』。

よろしくお願いします。
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 09日
パトレンから快盗ではないかと目を付けられるルパレン組。
ほぼ勘だけで真犯人に行きついてしまうつかさ、刑事として有能過ぎるかもしれない。
とはいえ、いかに勘が鋭くとも証拠が無ければ起訴も出来ないし、公判は維持できない。国際警察は3人の監視を始めるコトに。

国際警察は誰の許可を受ける事も無くギャングラーを処分出来るという、かなり超法規的権限が与えられているものの、快盗の逮捕に関してはやはり証拠が必要であるとのコト。
ギャングラーに関してだけは超法規的なのだろうか。であれば、気に入らない者は全てギャングラーであったとしてしまえば何でも出来るなぁと、ここでも天下の悪法・対バイオロン法の穴が透けて見える。

犯行現場にルパンレンジャーが現れたのと同じ時間、レストランにも3人がいる事が判明してアリバイは証明され、嫌疑は晴れる。
3人に分身出来るアレ、何の意味があるのかとしれっと疑問だったんですが、こういう使い方が出来るのだなぁと。
怪盗モノの定番ネタとして楽しい。


フランスから来日した宝石デザイナーさんが持っているペンダントがコレクションではないかという情報から、本物ならばそれを頂こうと計画するルパレン。
かたやデストラもそのペンダントを突け狙う。デストラさんは、このバンダイから発売されるビークル系コレクションに大きな興味を抱いている様子です。もしかしたら小さいお子さんがいるのかもしれない…。

デザイナーさんはお姉さんと仲違いして以来、会えていないという身の上話をし、そこにシンパシーを感じる魁利。
会いに行けるうちに会っておいた方がイイのだと。

魁利のドラマに触れる話であるだけに、今までの「結果的に人助けもする」というのでもなく、ゲストを精神面から救うという割と王道的な人助けにもなっている。
という風に見ると、助けた代償というか署名的な意味で貰った今回のコレクションは、これまでよりも重みがあるとも感じる。

てなことをやっていると、今回はギャングラーごとコレクションを破壊されてしまって意気消沈のルパレン。
ルパvsパトとはいえ、ルパレンは最終回まで逮捕起訴される事はないだろうから、それまでは負け知らずやろうなーと思っていたのだけど、こういうカタチでの負けがあるのね。

スーパー戦隊 各話レビュー
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 09日
代表戦の結果を捻じ曲げて攻め込んでくる西都。さらにパンドラボックスの謎パワーによってスカイウォールは変形し、パンドラタワーが出来る。それは火星が滅びたイメージの中にもあった、あの建造物。

代表戦も終わって北都に戻りたい一海だが、この争いを最速で終わらせたいという戦兎の計略に乗ることに。死んだ三羽カラスからも背中を押される。
死んだ人間の想いを受け継ぐコトで、想いだけでも生き続けることが出来る。三羽ガラスや、万丈の恋人、葛城巧(死んではいないが)といった今は亡き者たちの想いと共にあろうとするライダーたち。

二つのボトルで変身するビルドは、自分と他人の出会いによって変化する変身を表してもいるかと思いますので、同じ仮面ライダーでも、この3人と自分の野望の為に戦うローグとの違いが鮮明化します。
破壊ではなく、絆を構築していく者としての仮面ライダーたち。

でもって再びみーたんの中から登場した火星の人。
曰く、火星の王妃ベルナージュさんとのこと。
火星を滅ぼしたのはエボルトさんで、もしかしたら万丈が勝利の希望になるやもと。

万丈、火星人なん…? と思われる中、石動マスターもスタークの人格とは別に残っていることが明かされる。
そういうテーマとはいえ、どいつもこいつも一人の肉体に2人格入っていやがるのですなぁ。気付くと普通の人間が全然いない。

東都首相から金を奪った罪で国家反逆罪として手配される戦兎。
そうすることで西都に入っても政府は関係ないと強弁するコトが出来る。また、その手配犯を追うということで万丈と一海も戦兎と合流できる。
戦争編が始まってからこっち、しばらく政府の意向の元に動いてばかりだったので、久しぶりに“自由”を手に入れたコトになる。
しばらくぶりの「自由の戦士 仮面ライダー」帰還。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ビルド
≪メッセージもどうぞ。