2017年 08月 18日
本日放送は「がんばれ!おばけハウス」「ロビンソンクルーソーセット」でした。

「がんばれ!~」は、神成さんを怖がらせる為におばけを出してくれる“おばけハウス”を用いようというお話。
身に覚えのない冤罪をふっかけられ、その復讐に神成さんへおばけを差し向けようと考えたジャイアン達だったが、夜中だし各自の都合もあるのでドラえもんだけで行く羽目に。
最近の人間はおばけを怖がらないから嫌だと言い始めるおばけを煽て、いざ神成さんの元へ向かわせると神成さんに説教を食らうおばけたち。一応おばけとはいってもロボットか何かだと思いますが、アイデンティティを失いかけて疲弊している。おばけも辛いのであると。
そんなおばけ達が神成さんによる説教と特訓という自己啓発セミナーを体験し、最後はのび太を怖がらせてアイデンティティを取り戻す(ぇ)。ハードルを低く直してとりあえず成功体験を積むというのも大事なのだ…。

「ロビンソン~」は、しずちゃんと無人島漂流生活を体験するお話。
ロビンソンクルーソーセットによる、お手軽に遭難生活が出来てしまうというのが見ていて楽しいのです。木材を簡単に工作してしまうトコロなんか、原作を読んでいて「イイナー」と思ったもんです。原作ではのび太の割に家が綺麗すぎるのではと感じましたが、アニメでは組み立て用のマシンが登場して腑に落ちやすくなっている。
話は、のび太には出来ないというドラえもん言葉を受けながら、自力で(?)何とか無人島生活(日帰り)を乗り越えるという、自立・自活のテーマとなっている。なるほど、道具と話のテーマが噛み合っているのです。

どちらもコンテは寺本さん。怪盗ジョーカーより久しぶりの帰還。
何らかの映画作品をやる予定があるともいうので、しばらくはまたドラえもんに戻って来られないのかしら。
≪メッセージもどうぞ。
2017年 08月 14日
クロノスによってゲムデウスは倒されたものの、融合によって真のラスボス化を果たした檀正宗の登場により、再びゲムデウスウイルスのパンデミックが始まる。

仮面ライダークロニクルのルールにより、ラスボスへの挑戦権を持っているのはライドプレイヤーであるニコ。ニコが、ラスボスに唯一対抗しうるチカラであるクロノスの副作用に耐えることが出来れば挑戦出来るのである…と、ニコをさらっていった檀正宗。
それはニコが消えればクロニクルはまた初めからやり直しであるという意味でもある。

しかし、これまで何年もライダー医療の副作用に苦しんできた大我であれば、クロニクルの中でクロノスに耐える抗体を持っているのだと、変身。
クロノスに変身は出来たものの、クロノス+ゲムデウスの檀正宗には敵わない。
そこへ助けに入ってきた永夢と飛彩と共に、3人で檀正宗に挑むことに。
物凄く今更ながら、遂に大我が永夢と飛彩の仲間になりました。
そういえばちゃんと仲間になってはいなかったね…と思い出すぐらいに、ようやっとです。
これまで大我がどのような想いで戦って来たのか復習し、チーム医療の元で助け合う。命を大切に想う医者であれば、自分の命も大切にしなくてはと。
患者は、医者に自分の痛みを知ってもらいたいとは思っているけれど、医者に同じ病気になってほしいとは思っていないのであるからして。
だからこそチーム医療が重要になるという論拠でもある。

最近は毎回、クロノスやゲムデウスが「もうこんなん勝たれへんやんけ!」という能力を発揮して、それに対して壇黎斗が新機能で対抗するという感じですかね。
面白いんだけれど、何でもかんでも出来てしまう黎斗に頼り過ぎという気持ちも浮かび、残り話数も僅かとはいえ、そろそろ死んでくれた方がイイかもしれない(ぇ)。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 08月 14日
惑星トキにあるというトケイキュータマを手に入れる為やって来た一同。
12個のゼンマイを30分以内に回さなくてはならない為、人手がいるとの事。ちょうど12人いるキュウレンジャーで分担する事となるも、ゼンマイに近づくとその人の記憶に強く残っている人が実体化して現れる現象が起こる。
自分の過去を乗り越えなければいけないとのこと。

先にスパーダとラプターだけで来た時はその仕掛けが発動していないから、ふたりで来てもどうせ回されせんでと惑星から認識されているってコトなのかな。観測装置みたいのがあるのかも。

コタロウの元へは亡くなった母親が現れるが、ゼンマイを回せば母が消えてしまう為に躊躇してしまう。
コタロウが回さなくても誰かほかの人が回してあげたら…と当初思っていましたが、自分で回さなくては、止まった時計は動かないというお話に。

今回、マーダッコさんも復活されてまた新たなキャラになっていたのですが、有体に言えば、過去の事象が逐一リセットされるマーダッコさんと(フクショーグンにもツルギの記憶が無いので、ジャークマター全体の問題かもしれない)、過去の辛い出来事も受け入れつつ進んでいくキュウレンジャーという対比なのかなーとも見える。

そして久しぶりの全員集合。やはり多い。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 08月 13日
2017年 08月 07日
全てのガシャットロフィーが授けられ、遂に仮面ライダークロニクルのラスボス・ゲムデウスが降臨する。
ゲムデウスの出現によってゲーム病がパンデミックし、多くの人が苦しめられる。ゲムデウスを攻略しなければ、このゲーム病は治らない。

そこで九条が考えたのはゲムデウスウイルスの抗体作り。
グラファイトがゲムデウスウイスルに対応出来たことから、バグスターの身体であれば抗体が作れるはずだと推測し、コンテニュー出来る黎斗と自身の身体でにウイルスを感染させる。

九条は視聴者人気で復活したのだろうだけに、復活したはいいけど話にはあまり絡まず持て余してるなーと思っていたので、今回は使い方になるほどと膝を打ちました。
既に死んでいる黎斗と九条、その体を研究して生きている人間の治療に役立てる。まさしく監察医のお仕事です。

同時にそれは、クリスマスに殺されたリベンジ戦でもある。
九条本人は敵討ちは終わっているとは言いますが、やはり因縁ある相手だけに復讐という点はどうにも外せない。
抗体作りというストーリーに必要な要素、因縁の相手との決着というドラマ、監察医やコンテニューの設定活用…と、かなり色んな物がしっかり噛み合った展開で、レベルが高いなと感じさせてくれます。
しかも九条の復活は予定されたものではなかったわけですし、それを終盤で上手く活用したもんだなぁと感心。
レーザーがバイクに乗るという画も、色々おかしくて楽しい。

といったわけで、抗体によってゲムデウスウイルスは弱体化。
毎回「こんなん出されたら勝てないでしょ…」みたいな敵の攻撃を1話内で攻略していく。やはり天才…いや、神か…。
正直、クロノス登場から黎斗への依存度はかなり高いですよね。黎斗いなかったら、とっくに詰んでいたのでは…。
毒を持って毒を制する…というか、ウイルスを持ってウイルスを制するのは医学の常套手段か。

弱体化したゲムデウスはクロノスが爆散させる。クロノスは対ゲムデウス用のキャラクターなので、あっさり倒せるのかもしれない。
ゲムデウスのデータはクロノスが吸収し、檀正宗は人間からラスボスのバグスターへと変化。運営にして仮面ライダークロニクルの、そして「仮面ライダーエグゼイド」の真のラスボスとなる。

8月末で終わりですので、やはりそうですよね。
9月末までなら、クロノス倒して衛生省黒幕説まであるんちゃうかなーぐらいに思ってたんですが。
永夢が主役である事を考えると、衛生省の日向さんに期待してしまいますよね。仮面ライダー的な要素として。
クロノスがラスボスだと、その息子である黎斗が主人公みたいだもの。アイツ、ほんと美味しい役やなぁ…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 08月 07日
かつて88星座の戦士と共にドン・アルマゲと戦った鳳ツルギ。
キュウレンジャーに対し、どうしても仲間にしてほしいなら盾になれと言ってのける。
それは、かつて信用していた仲間が自分の盾となって死んだことに起因している様子。

仲間が盾になったら同じ悲劇を繰り返すのではと思いますが、その仲間の決断を間違いだとは思いたくないから、そのように言っているのかなとも思える。
口では傲慢にも聞こえるコトを言いながら、戦いの中ではラッキーを庇ったりして、冷淡な人というわけではないのです。

仲間を失う経験をしたくないから一人で戦おうとするツルギ。
ツルギが死ねば、死んだ仲間達まで無駄死にになっちまうとラッキー。
1人で戦おうとしたがるツルギは破滅的にも見えるのです。不死身の英雄が死に場所を探しているのかと(不死身ではないけど)。

ラッキーは「戦う盾になる」と、互いに戦い守る仲間になると言う。
1人の救世主によって救われるではなく、救世主は多い方がいいというキュウレンジャーの思想に合致している。リソースは分散した方が作業は楽になるのだ。

と協力体制が叶ったところで新たな巨人キュータマジン。
全てのボイジャーが合体…するのではなく、キュータマだけが合体する。なるほど…その手が。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 08月 06日
2017年 08月 04日
本日放送は「天井うらの宇宙戦争」でした。

ミニチュアの宇宙戦闘機に乗って楽しむ“スペースウォーズ・ゲームセット”で遊んでいたのび太は、ゲームに迷い込んだ本物の宇宙船と遭遇し、囚われの姫を助けてほしいとロボットに頼まれる。
スターウォーズを見た感動そのままに書いた話なんだろうなーというのがありありと溢れている原作からの一本です。
ぼく個人はこの原作を見てからSWを見ているので、改めて見返した時に「そのまんまやんけ!」と楽しく読めたのを覚えている。
砂漠やホログラムのお姫様といった原作通りのネタに始まり、敵の基地に潜入するために変装したり、ライトセーバー戦が中盤に置かれていたり、側溝でのチェイスシーンだったり、アニメオリジナルパートでもしっかり「スターウォーズ」EP4の流れに合わせているのでニヤニヤさせてくれます。シリーズお馴染みのスターデストロイヤーっぽいカットも嬉しい。
アーレ姫は原作よりも出番が増えたので、とぼけたキャラが強化された感じ。勲章をすぐ授けたがる。

宇宙戦争と言いつつスケール感が小さいという、ドラえもんらしい日常とSFの融合したお話。もしかしたら我が家の屋根裏にも…と思わせてくれる設定なのである。
この話は後に大長編の「小宇宙戦争」にブラッシュアップされますが、大長編の方は小人の宇宙人であることは同じですがスケール感は大きくなっている。「大きな宇宙戦争だけど小さいスケール」「体は小さいけれど大きいスケールの宇宙戦争」、短編と大長編では似たモチーフを用いつつ、その視点は逆になっている。
「何を見せるのか」という点が短編と大長編では違うというコトなのだなぁ。

パ…リスペクト溢れるオマージュの楽しいお話でしたが、作画の方もまた気合が入っていました。
バトルシーンなんであんなにイイ動きで爆発しとるねん…。
≪メッセージもどうぞ。
2017年 07月 31日
クロノスのリセットで、ハイパームテキを始め、最近の諸々が無かったことにされてしまう。再びムテキガシャットを作っても同じ事が起きては意味が無いと、過労死を重ねながら対策を講じる永夢に黎斗。
ムテキが使えないのならばグラファイトに宿るゲムデウスの力を利用するしかないと考えるも、グラファイトだけは絶対殺すマンと化している大我と飛彩は反対し、グラファイト討伐に出向く。

スナイプ、ブレイブと決着を着けようと戦うグラファイトはとても楽しそう。それがグラファイトの、敵役として生まれた自身の矜持を全うする行為だから。だから、たとえそれで敗北したとしても本人に悔いは無いのであると。

グラファイトはパラドやポッピーが人間と協力したいというならすればいいと、意外と個人自由主義。自分自身がやりたい事をするからこそ、他のバグスターもまたそうであれと。
グラファイトは人間からしたら命を奪う敵には違いないながら、その心には嘘は無く、自由であったと言える。
「人間の自由の為に戦う」がテーマの仮面ライダーにおいては、敵ではあっても悪ではなかったと言えるのやもしれない。

人間の協力者となったバグスターが生き残り、最後まで敵である事を貫いたバグスターは消え去った。敵である事をプログラムされて生まれたバグスター、その「運命」を変えたモノと、「運命」に従ったモノとの分かれ道なのだろうか。

いや、でもグラファイトは最期に笑顔になったのだから不幸ではなかった。結局、大事なのは「生きるか死ぬか」でなく、「自由であるか否か」なのである。仮面ライダーという番組において。
グラファイト自らが選んだ運命が、たとえ元の運命の道筋と同じであったとしても、その意味は全く違うはずなのだから。

といったわけで新たなハイパームテキガシャットにはセーブ機能が加わり、もうリセットも怖くない。毎度毎度チートを1週で跳ね返しやがって…。なんかBLEACHの後出しじゃんけんのようでもあるが。

ゲムデウス本体が登場し、ここで劇場版とテレビでルートが分岐するとかしないとか…?
果たしてポーズやリセット以上の力をゲムデウスさんは持ちえるのだろうか…ハードル上げられまくっとるぞ。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 07月 31日
ツルギは倒したはずのドン・アルマゲが生きている謎を解明しようと、放送局をジャックしてジャークマターの幹部を誘い出す。
やって来たのはフクショーグンの一人テッチュウさん。
ツルギはフクショーグンの事も覚えているのですが、テッチュウさんは憶えていない。
惑星キールの妖精エリスはツルギの存在を知っているようだし、知っている者、知らない者がジャークマター内外に関連しているワケでもない。ジャークマターのブラックリストには載っているから、事実としてツルギが居たことは確かなわけで…はてさて。

ホウオウの力によって不死身の力を持っていたというツルギ。しかしドン・アルマゲを倒す際にその力と共に多くの仲間を失ったとの事。
仲間は自分の楯となって戦えとツルギ談。これに反発するラッキーだが、であるからこそ戦いの専門でない者は戦うなともツルギは言うのです。
しかし、結局そのやり方でドン・アルマゲを倒せなかったのであるから、犠牲を出さない戦いをするべきとラッキー。

ツルギの目的、それがアルマゲを倒す事か、はたまた別の事かは判然としないながら、それは仲間がいれば叶えられるコトであると証明するのがいつもの流れ。
ツルギは仲間を犠牲にするという方法で一度目的を達成している。それ事態を見れば「仲間がいれば目的が叶う」という番組テーマにも沿ってはいる。でもそれは「仲間を犠牲に目的を叶える」事も善であるとなってしまうので、「仲間を犠牲にせずに目的を叶える」という、今までより一歩進んだテーマを描かないといけないわけです。

その間を取り持とうとするのが、キュウレンジャーの常識人枠ふたり。常識人であるが故に埋没気味だったけど、ここで出番かぁ(ぉぃ)。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。